TOP > 研究報告検索 > 生体防御のメカニズム Fc受容体を介する生体防御システムの解析

生体防御のメカニズム Fc受容体を介する生体防御システムの解析

研究報告コード R990004226
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 高井 俊行
研究者所属機関
  • 東北大学加齢医学研究所
研究機関
  • 東北大学加齢医学研究所
報告名称 生体防御のメカニズム Fc受容体を介する生体防御システムの解析
報告概要 Fcレセプターγ(FcRγ)鎖欠損、Fcγレセプター(FcγR)IIB欠損、およびFcγRIII欠損マウス作製を完了し、この3種のミュータントを駆使して生体防御システムにおけるFcRの役割および疾患との関係の解析を進めた。FcRIIBおよびFcγRIIIがIgG1を介する応答にそれぞれ負および生の機能を発揮すること、そしてこれらがIgEを介する反応にも同様に機能することを示した。そして特にFcγRIIBはリウマチのモデルであるコラーゲン関節炎の誘導およびアルサス反応に抑制的に機能することを証明した。また、FcR近縁分子群として我々の発見したPaired Immunoglobulin-like Receptor(PIR)分子群(かってp91と呼んでいたもの)およびこの近縁分子gp49についても生化学的解析を進めた。これら広い意味でのFcR関連分子ファミリーの解析によりアレルギー、自己免疫疾患、癌の制圧に向けた基礎研究の土台が構築され、今後の展開が期待できる。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 生体防御と免疫系一般
  • 抗原・抗体・補体の生化学
  • 遺伝子の構造と化学
  • 遺伝子操作
関連発表論文 (1)Kuroiwa, A., Yamashita, Y., Inui, M., Yuasa, T., Ono, M., Nagabukuro, A., Matsuda, Y., and Takai, T. (1998) Association of tyrosine phosphatases SHP-1 and SHP-2, and inositol 5-phosphatase SHIP with gp49B1, and chromosomal assignment of the gene. J. Biol. Chem. 273: 1070-1074.
(2)Yamashita, Y., Fukuta, D., Tsuji, A., Nagabukuro, A., Matsuda, Y., Nishikawa, Y., Ohyama, Y., Ohmori, H., Ono, M., and Takai, T. (1998) Genomic structures and chromosomal location of p91, a novel murine regulatory receptor family J. Biochem. 123: 358-368.
(3)Watanabe, N., Nomura, T., Takai, T., Chiba, T., Honjo, T., and Tsubata, T. (1998) Antigen receptor cross-linking by anti-immunoglobulin antibodies coupled to cell surface membrane induces rapid apoptosis of normal spleen B cells. Scand. J. Immunol. 47: 541-547.
(4)Maeda, A., Kurosaki, M., Ono, M., Takai, T., and Kurosaki, T. (1998) Requirement of SH2-containing protein tyrosine phosphatases SHP-1 and SHP-2 for paired immunoglobulin-like receptor B(PIR-B)-mediated inhibitory signal. J. Exp. Med. 187: 1355-1360.
(5)Suzuki, Y., Shirato, I., Tomino, Y., Okumura, K., Ravetch, J.V., Takai, T., and Ra, C. (1998) FcR and angiotensin II-dependent pathways distinctively contribute to the pathogenesis of anti-GBM antibody induced glomerulonephritis: Study in FcR γ and Fc γ RII deficient mice. Kidney Intern. 54: 1166-1174.
(6)Yamashita, Y., Ono, M., and Takai, T. (1998) Inhibitory and stimulatory functions of the paired immunoglobulin-like receptor(PIR) family in RBL-2H3 Cells J. Immunol. 161: 4042-4047.
(7)Clynes, R., Maizes, J.S., Guinamard, R., Ono, M., Takai, T., and Ravetch, J.V. (1999) Modulation of immune complex induced inflammation in vivo by the coordinate expression of activation and inhibitory Fc receptors. J. Exp. Med. 189: 179-186.
(8)Yuasa, T., Kubo, S., Yoshino, T., Ujike, A., Matsumura, K., Ono, M., Ravetch, J.V., and Takai, T. (1999) Deletion of Fc γ RIIB renders H-2b mice susceptible to collagen-induced arthritis. J. Exp. Med. 189: 187-194.
(9)Ujike, A., Ishikawa, Y., Ono, M., Yuasa, T., Yoshino, T., Fukumoto, M., Ravetch, J.V., and Takai, T. (1999) Modulation of IgE-mediated systemic anaphylaxis by low affinity Fc receptors for IgG. J. Exp. Med. 189: 1573-1579.
(10)T. Takai, M. Ono, A. Ujike, and T. Yuasa (1998) Regulation of murinehypersensitive responses by Fc receptors. Allergol. Intern. 47: 75-83.
(11)T. Takai and J.V. Ravetch: Fc receptor genetics and the manipulation of genes in the study of FcR biology. In: Immunoglobulin Receptors and their Physiological and Pathological Roles in Immunity, Eds J.G.J. van de Winkel and P. Mark Hogarth, Kluwer Academic Publishers, Netherland, pp. 37-48 (1998).
(12)高井俊行,小野栄夫,氏家あづさ: Fc γ受容体.現代医療 30,290‐293(1998).
(13)高井俊行:Fcレセプター分子群による免疫制御.加齢医学研究所雑誌 49: 107‐118(1998).
(14)高井俊行:Fcレセプター分子群による免疫制御と疾患.東北医学雑誌 110: 189‐192(1998).
(15)山下由美,高井俊行,大森斉: Killer‐cell inhibitory receptor(KIR)によるNK細胞の制御.Annunal Review免疫1999 pp.192‐202(1998).
(16)高井俊行,小野栄夫,乾匡範: NK活性とキラー抑制レセプター.臨床免疫31:40‐46(1999).
(17)高井俊行: ゼロのシステムとDAP12 JSI Newsletter 6:17(1998).
(18)高井俊行: アレルギーとFc γレセプター:免疫・Immunology Frontier 8:305‐309(1998).
(19)高井俊行: Fc受容体の機能.組織培養工学 24:332‐335(1998).
(20)高井俊行(分担執筆):Fcレセプターγノックアウトマウス:「分子アレルギー学」徳久剛史,羅 智靖 編,pp.327‐331,メディカルレビュー社,東京(1998).
(21)高井俊行:肥満細胞とFcレセプター.「第15回免疫薬物療法研究会記録集」日本アクセル・シュプリンガー出版,東京(1998).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 高井 俊行(東北大学加齢医学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 高井 俊行. 生体防御のメカニズム Fc受容体を介する生体防御システムの解析. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.154 - 157.

PAGE TOP