TOP > 研究報告検索 > 生体防御のメカニズム 自己免疫制御の分子基盤

生体防御のメカニズム 自己免疫制御の分子基盤

研究報告コード R990004231
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 谷口 克
研究者所属機関
  • 千葉大学大学院医学研究院
研究機関
  • 千葉大学大学院医学研究院
報告名称 生体防御のメカニズム 自己免疫制御の分子基盤
報告概要 NKT細胞のリガンドがスフィンゴ糖脂質であり、NKT細胞を活性化し、極めて強力な抗腫瘍活性を出すことができる。今年度は樹状細胞にリガンドをパルスし、担癌動物に投与すると既に成長した癌塊にも効果を発揮し、治療法開発への期待ができた。さらに種属に一種類しかないモノモルフィックなCD1d分子によって提示を受けることから、1つのリガンドを全て共通に投与できる点でも治療開発研究の可能性を示した。また、Vα14NKT細胞前駆細胞を同定した。この前駆細胞から成熟型NKT細胞へ分化させる最終段階にはGM-CSF受容体からのシグナルによってアルファ鎖遺伝子再構成が起こることを証明した。
研究分野
  • 遺伝子の複製
  • 生体防御と免疫系一般
  • 細胞生理一般
  • 腫ようの実験的治療
関連発表論文 (1)Kawano, T., Cui, J., Koezuka, Y., Toura, I., Kaneko, Y., Sato, H., Kondo, E., Harada, M., Koseki, H., Nakayama, T., Tanaka, Y., and Taniguchi, M. NK-like nonspecific tumor cell lysis mediated by specific ligand-activated Vα14 NKT cells. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 95:5690-5693, 1998.
(2)Burdin, N., Brossay, L., Koezuka, Y., Smiley, S.T., Grusby, M.J., Gui, M., Taniguchi, M., Hayakawa, K., and Kronenberg, M. Selective ability of mouse CD1 to present glycolipids: α-galactosylceramide specifically stimulates Vα14+NK T lymphocytes. J. Immunol. 161:3271-3281, 1998.
(3)Tetsu, O., Ishihara, H., Kannno, R., Kamiyasu, M., Inoue, H., Tokuhisa, T., Taniguchi, M., and Kanno, M. mel-18, a plycomb group gene, negatively regulates cell cycle progression upon B cell antigen receptor stimulation through a cascade leading to c-myc/cdc25. Immunity, 9: 439-448, 1998.
(4)Sumida, T., Maeda, T., Taniguchi, M., Nishioka, K., and Stohl, W. TCR AV24 gene expression in double negtive T cells in systemic lupus erythematosus. LUPUS, 7: 565-568, 1998.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 谷口 克(千葉大学大学院医学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 谷口 克. 生体防御のメカニズム 自己免疫制御の分子基盤. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.178 - 179.

PAGE TOP