TOP > 研究報告検索 > 生体防御のメカニズム 環境発がん物質の低濃度発がんリスクの解明

生体防御のメカニズム 環境発がん物質の低濃度発がんリスクの解明

研究報告コード R990004232
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 福島 昭治
研究者所属機関
  • 大阪市立大学医学部
研究機関
  • 大阪市立大学医学部
報告名称 生体防御のメカニズム 環境発がん物質の低濃度発がんリスクの解明
報告概要 ラット発癌において、遺伝毒性ならびに非遺伝性毒性発癌物質の低用量発癌性には実際上、無作用量があることをMeIQxおよびdieldrinをラットに投与して実証した。さらに、発癌中期検索法の開発とマーカーの検討を行い、p53遺伝子ノックアウトマウスの有用性、ラット肝を標的とするイニシエーション活性中期検索法、ヒト正常型H-ras遺伝子導入トランスジェニックラットによる乳腺発癌および食道癌スクリーニング、細胞レベルでの付加体の分布および経時的変化を検討するための抗PhIP-DNA付加体抗体など、有用性に関する知見を得た。また、癌関連遺伝子の変異の高感度検出法として、DNA塩基配列決定法を応用し新規の微小遺伝子変異定量法の開発を行った。さらに、発癌物質の複合作用と代謝活性化、酵素の検討を実施し、ラットにおいて3種の発癌性ヘテロサイクリックアミンのIQ、MeIQx、PhIPを混合投与した結果、組み合わせによって発癌性の強度が増強、減弱の両方に発現され、必ずしも発癌リスクを増強させるとは限らないことが分かった。一方、PhIPによるラット大腸発癌の発癌強度には、CYP1A2の強い誘導作用の関与が示された。
研究分野
  • 化学物質の毒性一般
  • 発癌機序・因子
  • 分子遺伝学一般
  • バイオアッセイ
  • 遺伝子発現
関連発表論文 (1)福島昭治 環境因子の発がんリスク—評価と予防への実験病理学的アプローチ—(宿題報告III)、日病会誌(Proc.Jpn.Soc.Pathol.),87,55‐77,1998.
(2)Fukushima S. Low dose carcinogenicity of a heterocyclic amine, 2-amino-3,8-dimethylimidazo-[4,5-f] quinoxaline: relevance to risk assessment. Cancer Letters, 143, 157-159, 1999.
(3)Lee C.C.R., Ichihara, T., Yamamoto, S., Wanibuchi, H., Sugimura, K., Wada S., Kishimoto, T. and Fukushima, S.:Reduced expression of the CDK inhibitor p27KIP1 in rat two-stage bladder carcinogenesis and its association with expression profiles of p21WAF1/Cip1 and p53. Carcinogenesis, 20, 1697-1708, 1999.
(4)Wei M., Wanibuchi, H., Yamamoto, S., Li, W. and Fukushima, S Urinary bladder carcinogenicity of dimethylarsinic acid in male F344 rats. Carcinogenesis, 20, 1873-1876, 1999.
(5)Yamamoto, S., Min, W., Lee, C.C.R., Salim, E.I., Wanibuchi, H., Sukata, T. and Fukushima, S.: Enhancement of urinary bladder carcinogenesis in nullizygous p53-deficient mice by N-butyl-N-(4-hydroxybutyl)nitrosamine. Caner Letters 135, 137-144, 1999.
(6)Morimura, K., Salim, E.I., Yamamoto, S., Wanibuchi, H. and Fukushima, S. Dose-dependent induction of aberrant crypt foci in the colons but no neoplastic lesions in the livers of heterozygous p53-deficient mice treated with low dose 2-amino-3-methylimidazo[4,5-f]quinoline. Cancer Letters 138, 81-85, 1999.
(7)Ozaki K., Sukata, T., Yamamoto, S., Uwagawa, S., Seki, T., Kawasaki, H., Yoshitake, A., Wanibuchi, H., Koide, A., Mori, Y. and Fukushima, S. High susceptibility of p53 (+/-) knockout mice in N-butyl-N- (4-hydroxybutyl) nitrosamine urinary bladder carcinogenesis and lack of frequent mutation in residual allele. Cancer Res., 58, 3806-3811, 1998.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 福島 昭治(大阪市立大学医学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 福島 昭治. 生体防御のメカニズム 環境発がん物質の低濃度発がんリスクの解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.180 - 182.

PAGE TOP