TOP > 研究報告検索 > 生体防御のメカニズム 炎症反応分子機構のIL8,接着因子を中心とした解析

生体防御のメカニズム 炎症反応分子機構のIL8,接着因子を中心とした解析

研究報告コード R990004233
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 松島 綱治
研究者所属機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
研究機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
報告名称 生体防御のメカニズム 炎症反応分子機構のIL8,接着因子を中心とした解析
報告概要 本研究においては、
1)インターロイキン8(IL8)を始めとしたケモカインの様々な炎症・免疫疾患モデルでの病態生理作用の確立とそれに基づく抗炎症・免疫抑制剤のための新たな分子標的の提供、
2)ケモカイン受容体シグナル伝達機構の解析ならびにケモカイン・ケモカイン受容体アンタゴニストの開発、
3)白血病細胞接着因子を介した細胞シグナルの解析、
4)エンドトキシンショックの分子機序の解析、
5)マクロファージ、樹状細胞の起源、分化、活性化分子機序の解析と新規炎症関連遺伝子のクローニングとそれらの生物活性の確立、ヒト疾患の診断・治療・予防への応用を柱として研究を実施している。
ケモカインの病態生理作用を検索する実験を通して抗炎症・免疫抑制剤開発の有用な物質の候補を得ることができた。またケモカイン受容体やLPS受容体シグナル伝達機構、エンドトキシンショックの分子機構、マクロファージ、樹状細胞の分化機構の解析を進めている。
研究分野
  • サイトカイン
  • 生理活性ペプチド
  • 生体防御と免疫系一般
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1)Serial analysis of gene expression in human monocyte-derived dendritic cells. Blood 1999 94: 845-852 Hashimoto S, Suzuki T, Dong H, Nagai S, Yamazaki N, Matsushima K.
(2)Serial analysis of gene expression in human Monocytes and Macrophages. Blood 1999 94: 837-844 Hashimoto S, Suzuki T, Dong H, Yamazaki N, Matshushima K.
(3)Active paticipation of CCR5+CD8+ T lymphocytes in the pathogenesis of liver injury in GVHD. J.Clin.Invest. 1999 104: 49-57 Murai M, Yoneyama H, Harada A, Zhang Y, Vestergaard C, Guo B, Suzuki K, Asakura H, Matsushima K.
(4)Transforming Growth Factor-β1, polarizes Murine Hematopoietic Progenitor Cells to Generate Langerhans Cell-Like Dendritic Cells Through a Monocyte/Macrophage Differentiation Pathway. Blood 1999 93:1208-1220 Zhang Yi, Zhang Yan-yun, Ogata M, Chen P, Harada A, Hashimoto S, Matsushima K.
(5)Chemotactic response toward chemokines and its regulation by transforming growth factor-β 1 of murine bone marrow hematopoietic progenitor cell-derived different subset of dendritic cells. Blood 1999 93: 3225-3232 Ogata M, Zhang Yi, Wang Y, Itakura M, Zhang Yan-yun, Harada A, Hashimoto S, Kawasaki K, Matsushima K.
(6)Alleviation of Lipopolysaccharide-Induced Acute Liver Injury in Propionibacterium acnes-Primed IFN-γ-Deficient Mice by a Concomitant Reduction of TNF-α, IL-12, and IL-18 Producion 1. J. Immunol. 1999 162:1049-1055 Tshuji H, Mukaida N, Harada A, Kaneko S, Matsushita E, Nakamura Y, Tshutshui H, Okamura H, Nakanishi K, Tagawa Y, Iwakura Y, Kobayashi K, Matsushima K.
(7)Pivotal role of TARC, a CC chemokine, in bacteria-induced fulminant hepatic failure in mice. J Clin Invest 1998 Dec 1;102(11):1933-41 Yoneyama H, Harada A, Imai T, Baba M, Yoshie O, Zhang Y, Higashi H, Murai M, Asakura H, Matsushima K.
(8)IL-4 and a glucocorticoid up-regulate CXCR4 expression on human CD4+ T lymphocytes and enhance HIV-1 replication. J Leukoc Biol 1998 Nov;64(5):642-9 Wang J, Harada A, Matsushita S, Matsumi S, Zhang Y, Shioda T, Nagai Y, Matsushima K.
(9)Bifurcated dendritic cell differentiation in vitro from murine lineage phenotype-negative c-kit+ bone marrow hematopoietic progenitor cells. Blood 1998 Jul 1;92(1):118-28 Zhang Y, Harada A, Wang JB, Zhang YY, Hashimoto S, Naito M, Matsushima K.
(10)ADAMTS-1 protein anchors at the extracellular matrix through the thrombospondin type I motifs and its spacing region. J Biol Chem 1998 May 29;273(22):13912-7 Kuno K, Matsushima K.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 松島 綱治(東京大学大学院医学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 松島 綱治. 生体防御のメカニズム 炎症反応分子機構のIL8,接着因子を中心とした解析. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.183 - 186.

PAGE TOP