TOP > 研究報告検索 > 生体防御のメカニズム 仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明

生体防御のメカニズム 仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明

研究報告コード R990004234
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 石井 俊輔
研究者所属機関
  • 理化学研究所
研究機関
  • 理化学研究所
報告名称 生体防御のメカニズム 仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明
報告概要 転写抑制に関与する仲介因子コリプレッサーとヒストンデアセチラーゼとの複合体の構成因子としてski/sno遺伝子産物を同定した。ski/sno遺伝子は癌遺伝子として見つかっていたものだが、これまではその機能は不明であった。我々の結果から、ski/snoによる癌化のメカニズムが見えてきた。そして、snoの変異マウスを作製し、解析した。また、転写活性化に関与する仲介因子であるコアクチベーターCBPが発癌遺伝子産物GLI3に結合してShhシグナル伝達経路において重要な役割を果たすことを明らかにしてきた。そして、転写因子ATF-2(CRE-BP1)がTGF-βシグナルを伝達するのに重要であることを示すと共に、ATF-2欠損マウスの作製・解析を行った。2つの経路によるATF-2の活性化メカニズムは協調的に作用してATF-2を活性化されることが示され、ATF-2がTGF-βシグナル伝達経路において重要な役割を果たすことが示唆された。
研究分野
  • 細胞生理一般
  • 発癌機序・因子
  • 酵素一般
  • 生物学的機能
  • 遺伝子発現
関連発表論文 (1)Tavner, F.J., Simpson, R., Tashiro, S., Favier, D., Jenkins, N.A., Gilbert, D.J., Copelend, N.G., Macmillan, E.M., Lutwyche, J., Keough, R.A., Ishii, S. & Gonda, T.J.: Molecular cloning reveals that the p160 Myb-binding protein is a novel, predominantly nucleolar protein which may play a role in transactivation by Myb. Mol. Cell. Biol. 18, 989-1002 (1998).
(2)Sano, Y., Tokitou, F., Dai, P., Maekawa, T., Yamamoto, T. & Ishii, S.:CBP alleviates the intramolecular inhibition of ATF-2 function. J. Biol. Chem. 273, 29098-29105 (1998).
(3)Tokitou, F., Nomura, T., Khan, M.M., Kaul, S.C., Wadhwa, R., Yasukawa, T., Kohno, I. & Ishii, S.: Viral-Ski inhibits retinoblastoma protein (Rb)-mediated transcriptional repression in a dominant negative fashion. J. Biol. Chem. 274, 4485-4488 (1999).
(4)Nomura, T., Khan, M.M., Kaul, S.C., Dong, H.-D., Wadhwa, R., Colmenare, C., Khono, I. & Ishii, S. (1999). Ski is a component of the histone deacetylase complex required for transcriptional repression by Mad and thyroid hormone receptor. Genes & Dev. 13, 412-423 (1999).
(5)Dai, P., Akimaru, H., Tanaka, Y., Maekawa, T., Nakafuku, M. & Ishii, S.: Sonic hedgehog-induced activation of the Gli1 promoter is mediated by GLI3. J. Biol. Chem. 274, 8143-8152 (1999).
(6)Sano, Y., Harada, J., Tashiro, S., Gotoh-Mandeville, R., Maekawa, T. & Ishii, S.: ATF-2 is a common nuclear target of Smad and TAK1 pathways in TGF-b signaling. J. Biol. Chem. 274, 8949-8957 (1999).
(7)Nagadoi, A., Nakazawa, K., Uda, H., Okuno, K., Maekawa, T., Ishii, S. & Nishimura, Y. Solution structure of the transactivation domain of ATF-2 comprising a zinc finger-like subdomain and a flexible subdomain. J. Mol. Biol. 287, 593-607 (1999).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 石井 俊輔(理化学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 石井 俊輔. 生体防御のメカニズム 仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.187 - 190.

PAGE TOP