TOP > 研究報告検索 > 生体防御のメカニズム 細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御

生体防御のメカニズム 細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御

研究報告コード R990004236
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 岡田 泰伸
研究者所属機関
  • 文部科学省 岡崎国立共同研究機構生理学研究所
研究機関
  • 文部科学省 岡崎国立共同研究機構生理学研究所
報告名称 生体防御のメカニズム 細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御
報告概要 全ての動物細胞の容積は固有の正常値に調節されており、例え異常浸透圧環境下において収縮・膨張が強いられたとしても、その後速やかに正常容積へと復帰する能力を持っている。ところが虚血などの病的条件下ではそのメカニズムが破綻を来たし、細胞膨張の持続から細胞死へと至る。本研究は、浸透圧性膨張直後の容積調節(RVD)の分子メカニズムを解明し、それを制御するための分子戦略を確立することを目的としている。そのために、RVDに関与するチャネル、トランスポーター、レセプター分子を同定し、その活性化メカニズムを明らかにすること、さらには、虚血性細胞死およびプログラム細胞死とRVD異常の関係を明らかにすることに取り組んでいる。二光子レーザー蛍光顕微鏡を用いた三次元的細胞容積計測法を確立することに成功した。これを用いることによって神経のように複雑で不規則な形態の細胞の容積を定量的・経時的に測定することが可能となった。心筋細胞においては、細胞容積測定に加えて筋節長の計測システムを開発し、細胞容積変化時における心筋収縮能変化の定量化を可能とした。ヒト上皮細胞のRVD過程における水チャネルの関与を、すべてのクライテリアを満たす形で証明した。
研究分野
  • 細胞膜の輸送
  • 細胞生理一般
  • 生物科学研究法一般
  • 生体防御と免疫系一般
関連発表論文 (1)R.Z. Sabirov, S. Morishima & Y. Okada. (1998) Probing the water permeability of ROMK1 and amphoteric in B channels using Xenopus oocytes. Biochim. Biophys. Acta 1368, 19-26
(2)T. Nakamura, S. Arii, K. Monden, M. Furutani, Y. Takeda, M. Imamura, M. Tominaga & Y. Okada. (1998) Expression of the Na/Ca exchanger emerges in hepatic stellate cells after activation in association with liver fibrosis. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 95, 5389-5394
(3)Y. Liu, S. Oiki, T. Tsumura, T. Shimizu & Y. Okada. (1998) Glibenclamide blocks volume-sensitive Cl-channels by dual mechanisms. Am. J. Physiol. 275, C343-C351
(4)Y. Okada, S. Oiki, A. Hazama & S. Morishima. (1998) Criteria for the molecular identification of the volume-sensitive outwardly rectifying Cl-channel. J. Gen. Physiol. 112, 1-3
(5)T. Higuchi, S. Suga, T. Tsuchiya, H. Hisada, S. Morishima, Y. Okada & M. Maeshima. (1998) Molecular cloning, water channel activity and tissue specific expression of two isomers of radish vacuolar aquaporin. Plant Cell Physiol. 39, 905-913
(6)T. Tsumura, A. Hazama, T. Miyoshi, S. Ueda & Y. Okada. (1998) Activation of cAMP-dependent Cl- currents in guinea-pig Paneth cells without relevant evidence for CFTR expression. J. Physiol. (London) 512, 765-777
(7)A. Hazama, S. Hayashi & Y. Okada. (1998) Cell surface measurements of ATP release from single pancreatic b cells using a novel biosensor technique. Pflugers Arch. Eur. J. Physiol. 437, 31-35
(8)S.-S. Zhou, A. Hazama & Y. Okada (1998) Tyrosine kinase-independent extracellular action of genistein on the CFTR Cl- channel in guinea pig ventricular myocytes and CFTR-transfected mouse fibroblasts. Jpn. J. Physiol. 48, 389-396
(9)Y. Okada. (ed.)(1998) “Cell Volume Regulation: The Molecular Mechanism and Volume Sensing Machinery” Elsevier, Amsterdam
(10)Y. Okada, M. Tominaga, T. Tominaga, A. Hazama, T. Tsumura, S. Morishima, S. Oiki, K. Ueda, T. Miyoshi & A. Miwa. (1998) Volume sensor anion channel. In, “Cell Volume Regulation: The Molecular Mechanism and Volume Sensing Machinery” (ed. Y. Okada) pp 15-22, Elsevier, Amsterdam
(11)A. Hazama, A. Miwa, T. Miyoshi, T. Shimizu & Y. Okada. (1998) ATP release from swollen or CFTR-expressing epithelial cells. In, “Cell Volume Regulation: The Molecular Mechanism and Volume Sensing Machinery” (ed. Y. Okada) pp 93-98, Elsevier, Amsterdam
(12)S. Oiki, M. Kubo & Y. Okada. (1998) Electrophysiological properties of volume-regulated Cl- channels in intestinal epithelial cells. In, “Cell Volume Regulation: The Molecular Mechanism and Volume Sensing Machinery” (ed. Y. Okada) pp 125-129, Elsevier, Amsterdam
(13)S. Morishima, H. Kida, S. Ueda, T. Chiba & Y. Okada. (1998) Water movement during cell volume regulation. In, “Cell Volume Regulation: The Molecular Mechanism and Volume Sensing Machinery” (ed. Y. Okada) pp 209-212, Elsevier, Amsterdam
(14)Y. Okada. (1998) Cell volume-sensitive chloride channel. In, “Cell Volume Regulation” (ed.F.Lang)(Contrib.Nephrol. vol. 123) pp 21-33, Karger, Basel
(15)岡田泰伸、小島 至(1998)チャネルとトランスポータの構造と疾患.Molecular Medicine 35,4‐17
(16)岡田泰伸(1998)チャネル/トランスポータの構造・機能と疾病.内分泌学の進歩 16,33‐35
(17)森島 繁、岡田泰伸(1998)イオンチャネルの構造と機能.Mebio 15,12‐24
(18)岡田泰伸(1998)Clチャネルと細胞容積調節および細胞死.Mebio 15,61‐68
(19)岡田泰伸(1998)Cl‐チャネルの機能・構造と疾患.神経研究の進歩 42,263‐278
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 岡田 泰伸(岡崎国立共同研究機構生理学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 岡田 泰伸. 生体防御のメカニズム 細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.194 - 197.

PAGE TOP