TOP > 研究報告検索 > 生体防御のメカニズム 免疫系のフレームワーク決定及び免疫制御の分子機構

生体防御のメカニズム 免疫系のフレームワーク決定及び免疫制御の分子機構

研究報告コード R990004238
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 笹月 健彦
研究者所属機関
  • 九州大学生体防御医学研究所/国立国際医療センター
研究機関
  • 九州大学生体防御医学研究所
報告名称 生体防御のメカニズム 免疫系のフレームワーク決定及び免疫制御の分子機構
報告概要 免疫システムは多様な感染源との相互作用を通して進化してきた生体にとって必須な防御機構である。このため、T細胞受容体(TCR)は理論上10の15乗を越す高度の多様性を獲得しうるが、実際にはTCRは胸腺において自己の主要組織適合抗原(MHC)およびそれと結合した自己ペプチドを同時に認識することによって、この多様性の中から自己MHCによる拘束性の獲得(正の選択)、および自己反応性TCRの除去(負の選択)という二大選択を受け、免疫システムのフレームワークが決定されている。本研究は、
1)胸腺における正および負の選択機構、
2)末梢におけるMHC多重遺伝子族による免疫応答の制御機構、をそれぞれ分子レベルで解明し、その理解に立脚し、感染症、自己免疫疾患、アレルギー、GVH病、癌など現代医学が抱える難治性疾患の真の治療法、予防法の確立に資することを目的としている。
これまで、種々の遺伝子改変マウスを樹立し、胸腺において「自己」と「非自己」がいかにして識別され、その破綻がいかにして自己免疫に向かうかに関して、新しい知見を得た。また、MHC結合ペプチドライブラリーや、マルチバレント可溶性MHCおよびマルチバレント可溶性TCRの開発を通じて、未知抗原ペプチドの同定や抗原特異性免疫制御法の確立に向けた研究を進めている。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 遺伝子の構造と化学
  • 遺伝子操作
  • 生体防御と免疫系一般
関連発表論文 (1)Savoie CJ, Kamikawaji N, Sasazuki T: The peptide binding motif of HLA-A*0217. Immunogenetics, in press, 1999
(2)Sano T, Yamamoto K, Fukui Y, Sasazuki T: Spontaneous clustering of Thy-1 antigens on CD4+ CD8+ thymocytes lacking TCR engagement by MHC/peptide complexes. Eur. J. Immunol., 29:403-412, 1999
(3)Nishimura H, Washizu J, Naiki Y, Hara T, Fukui Y, Sasazuki T, Yoshikai Y: MHC class II-dependent NK1.1+γδ T cells are induced in mice by Salmonella infection. J. Immunol., 162:1573-1581, 1999
(4)Fukui Y, Hashimoto O, Inayoshi A, Gyotoku T, Sano T, Koga T, Gushima T, Sasazuki T: Highly restricted T cell repertoire shaped by a single major histocompatibility complex-peptide ligand in the presence of a single rearranged T cell receptor b chain. J. Exp. Med., 188:897-907, 1998
(5)Gapin L, Fukui Y, Kanellopoulos J, Sano T, Casrouge A, Malier V, Beaudoing E, Gautheret D, Claverie JM, Sasazuki T, Kourilsky P: Quantitative analysis of the T-cell repertoire by a single peptide/MHC complex. J. Exp. Med., 187: 1871-1883,1998
(6)Gyotoku T, Fukui Y, Sasazuki T: An endogenously processed self peptide and the corresponding exogenous peptide bound to the same MHC class II molecule could be distinct ligands for TCR with different kinetic stability. Eur. J. Immunol., 28:4050-4061, 1998
(7)Ono T, Zambenedetti MR, Yamasaki K, Kawano Y, Kamikawaji N, Ito H, Sakurai M, Nishimura Y, Kira J, Kanazawa I, Sasazuki T: Molecular analysis of HLA class I(HLA-A and -B) and HLA class II(HLA-DRB1) genes in Japanese patients with multiple sclerosis (Western type and Asian type). Tissue Antigens, 52:539-542, 1998
(8)Kawamura K, Yamamura T, Yokoyama K, Chui DH, Fukui Y, Sasazuki T, Inoko H, David CD, Tabira T.: Induction of autoimmune encephalitis by proteolipid protein 95-116-specific Tcells from HLA-DR2 (DRB1*1502) transgenic mice. J. Clin. Invest., in press, 2000.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 笹月 健彦(九州大学生体防御医学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 笹月 健彦. 生体防御のメカニズム 免疫系のフレームワーク決定及び免疫制御の分子機構. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.202 - 205.

PAGE TOP