TOP > 研究報告検索 > 量子効果等の物理現象 サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用

量子効果等の物理現象 サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用

研究報告コード R990004257
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 山下 幹雄
  • 重川 秀実
研究者所属機関
  • 北海道大学大学院工学研究科
  • 筑波大学大学院物質工学系
研究機関
  • 筑波大学大学院物質工学系
  • 北海道大学大学院工学研究科
報告名称 量子効果等の物理現象 サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用
報告概要 本研究の目標は,
1)光サイクル時間域の極限的な光波機能(光パルスのモノサイクル化,多波長同期整形ビーム発生)を開拓し,
2)その新光波機能とSTM(走査型トンネル顕微鏡)とを融合させた時空間域極限技術(整形極限光波STM融合技術)を開発すること,およびそれらを用いて時間的疎視化・空間的平均化・集団的統計化のために隠れている量子現象(時空間極限量子現象)を明らかにし,かつ制御することである。平成10年度の主な成果として,
前項1)については,シングルモード希ガス充填キャピラリーファイバー中の誘起位相変調およびシングルモード石英ファイバー中の誘起位相変調を利用して,全周波数域で位相が確定した,近赤外から可視全域・近紫外域にわたる超広帯域コヒーレント光波の発生に初めて成功したこと,および
前項2)については,光STM装置の開発に着手し,光励起によりSTM信号の増大が確認され,原子スケールの空間分解能下で光応答特性を解析できる新しい手法の創出を明らかにしたことである。今後,光STMを用いた解析を推進する。
研究分野
  • 電子顕微鏡,イオン顕微鏡
  • 量子光学一般
  • 半導体レーザ
  • 非線形光学
  • 光デバイス一般
関連発表論文 (1)唐沢直樹、山下幹雄、「チャープ補償用多層膜」、オプトロニクス7月号、195-201(1998).
(2)曽根宏靖、山下幹雄、「光パルスのモノサイクル化—一手法の定量的提案」、光技術コンサルタント、36、317-327(1998).
(3)M. Yamashita, H. Sone, R. Morita, H. Shigekawa “Generation of Monocycle-Like Optical Pulses Using Induced-Phase Modulation Between Two-Color Femtosecond Pulses with Carrier-Phase Locking”, IEEE J. Quantum Electron., QE-34, 2145-2149(1998).
(4)N. Karasawa, R. Morita, L. Xu, H. Shigekawa, M. Yamashita “Theory of Ultra-Broadband Optical Pulse Generation by Induced-Phase Modulation in a Gas-Filled Hollow Waveguide”, J. Opt. Soc. Am. B-16, 662-668(1999).
(5)L. Xu, N. Karasawa, N. Nakagawa, R. Morita, H. Shigekawa, M. Yamashita “Experimental Generation of an Ultra-Broad Spectrum Based on Induced-Phase Modulation in a Single-Mode Glass Fiber”, Opt. Commun. 162, 256-260(1999).
(6)M. Yamashita, S. Kikuma, Y. Yamaoka, H. Murakami, R. Morita, H. Shigekawa “Nonresonant Femtosecond Second Hyperpolarizabilities of Intramolecular Charge-Transfer Molecules with Great Excited- and Ground-State Dipole-Moment Differences”, Appl. Phys. Lett. 75, 28-30(1999).
(7)K. Miyake, K. Akutsu, T. Yamada, K. Hata, R. Morita, M. Yamashita, H. Shigekawa “Giant Superstructures Formed on Graphite Surface Treated with NaOH Solutions Studied by Scanning Tunneling Microscopy”, Ultramicroscopy, 73, 185-189(1998).
(8)K. Hata, H. Shigekawa, R. Morita, M. Yamashita “Structure Transformation of the C Defects Observed at Low Temperature (80K)”, Jpn. J. Appl. Phys. 38, 3837(1999).
(9)K. Miyake, H. Oigawa, K. Hata, R. Morita, M. Yamashita, H. Shigekawa “Stability and Nuclear Formation of Si(111)-7×7 Structure as Determined From Charge Redistribution in Surface Layers”, Surface Science 429, 260-273(1999).
(10)K. Miyake, T. Kaikoh, K. Hata, R. Morita, M. Yamashita, H. Shigekawa “Intermediate Structures Appearing in the Phase Transition of Si(111)-7×7 to (√3×√3)R30° Induced by HBO2 Molecular Irradiation”, Journal of Vacuum Science and Technology A17, 1596-1601(1999).
(11)T. Yamada, K. Miyake, M. Ishida, K. Hata, R. Morita, M. Yamashita, H. Shigekawa “Long Range Ordering in the Graphite Intercalation Compounds”, Synthetic Metals 103, 2653-2654(1999).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「量子効果等の物理現象」研究代表者 山下 幹雄(北海道大学大学院工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 山下 幹雄. 量子効果等の物理現象 サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.290 - 294.

PAGE TOP