TOP > 研究報告検索 > 単一分子・原子レベルの反応制御 X線解析による分子の励起構造の解明

単一分子・原子レベルの反応制御 X線解析による分子の励起構造の解明

研究報告コード R990004259
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 大橋 裕二
研究者所属機関
  • 東京工業大学大学院理工学研究科
研究機関
  • 東京工業大学大学院理工学研究科
報告名称 単一分子・原子レベルの反応制御 X線解析による分子の励起構造の解明
報告概要 本研究では励起状態にある分子の構造を解析する手段を新たに開発し,その構造からその分子の示す物理的性質や化学的反応性を解明する。新たな解析手段としては,迅速に回折データを集められる二次元検出器(MSGC)を搭載したX線回折装置を開発し,放射光をX線源としてミリ秒からマイクロ秒での構造解析をした。また比較的長寿命の励起状態をもつ分子結晶を探索して,上記装置によりその励起構造と性質の解明をした。主な成果を次に示した。
1)MSGCでは,キャピラリー電極を導入することで低電圧に下げることができ,しかも増幅率を上げることに成功した。
2)長寿命の励起状態をもつ物質の探索で,光照射により色の変化を可逆的に示すフォトクロミズムを取り上げ,その準安定相の構造解析に成功した。
3)光照射によりラジカル対が生ずる物質について,ラジカル対の構造解析を行い,この構造とESRスペクトルから生じたラジカルの分子内分布を明らかにした。
研究分野
  • 放射線検出・検出器
  • 分子の電子構造
  • X線回折法
  • 遷移金属元素(鉄族元素を除く)の錯体の結晶構造
関連発表論文 (1)Crystal Structure of Acrylonitrile Yoshihiro Yokoyama and Yuji Ohashi Bull. Chem. Soc. Jpn., 71, 345-348 (1998)
(2)A Unique Crystalline-State Reaction of an Overcrowded Distibene with Molecular Oxygen: The First Example of a Single Crystal to a Single Crystal Reaction with an Extemal Reagent Norihiro Tokitoh, Yoshimitsu Arai, Takahiro Sasamori, Renji Okazaki, Shigeru Nagase, Hidehiro Uekusa and Yuji Ohashi J. Am. Chem. Soc., 120, 433-434 (1998)
(3)Direct Observation of Correlation between Crystalline-State Deuterium Transfer and Racemization of 1-Cyanoethylcobaloxime Complex by Neutron Diffraction Takashi Ohhara, Hidehiro Uekusa, Yuji Ohashi, Ichiro Tanaka, Shintaro Kumazawa and Nobuo Niimura Chem. Lett., 1998, 365-366
(4)Photoisomerization of Cobaloxime Complexes in Isostructural Host-Guest Complexes Yuji Ohashi and Daisuke Hashizume Mol. Cryst. Liq. Cryst., 313, 95-104 (1998).
(5)X-ray Analysis of Successive Reaction in Crystalline State Photoisomerization of Cobaloxime Complexes Akiko Sekine, Mizuho Yoshiike, Yuji Ohashi, Kanako Ishida, Yoshifusa Arai and Yoshiaki Ohgo Mol, Cryst. Liq. Cryst., 313, 321-326 (1998).
(6)Bis (dimethylglyoximato-N,N′) [methyl-(R)-ethano-C2] [tris (2-cyanoethyl) phosphine-P] cobalt (III) Yoshifusa Arai, Daisuke Hashizume, Hidenori Kogo, Yuji Ohashi and Yoshiaki Ohgo Acta Cryst., C34, 739-741 (1998).
(7)Crystalline-State Racemization of Cobaloxime Complex. XX. Cooperarive Motion of Solvent Molecule Akiko Sekine, Masaru Saitoh, Daisuke Hashizume, Hidehiro Uekusa, Yuji Ohashi, Yoshifusa Arai and Yosshiaki Ohgo Enantiomer, 3, 159-168 (1998).
(8)Solid State Photoisomerization of But-3-en-1-yl Group in Cobalt Complexes Taro Yamada and Yuji Ohashi Bull. Chem. Soc. Jpn., 71, 2527-2537 (1998)
(9)X-ray triplet refraction and triple absorption in a cobalt-complex crystal Kouhei Okitsu, Yoshinori Ueji, Takuyo Oguchi, Yuji Hasegawa, Yuji Ohashi and Yoshiyuki Amemiya J. Synchrotron Rad., 5, 1055-1057 (1998)
(10)Variation of the reaction rate in the solid-state photoisomerization of cobaloxime complexes by forming host-guest complexes Daisuke Hashizume and Yuji Ohashi J. Chem Soc. Perkin Trans. 2, 1931-1935 (1998).
(11)Real-Time in situ Observation of Chemical reactions Yuji Ohashi Acta Cryst. A54, 842-849 (1998).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 大橋 裕二(東京工業大学大学院理工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 大橋 裕二. 単一分子・原子レベルの反応制御 X線解析による分子の励起構造の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.306 - 308.

PAGE TOP