TOP > 研究報告検索 > 単一分子・原子レベルの反応制御 ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓

単一分子・原子レベルの反応制御 ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓

研究報告コード R990004265
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 田中 正人
研究者所属機関
  • 経済産業省 産業技術総合研究所(旧物質工学工業技術研究所)
研究機関
  • 経済産業省 産業技術総合研究所(旧物質工学工業技術研究所)
報告名称 単一分子・原子レベルの反応制御 ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓
報告概要 本研究の目的は,機能材料や機能物質としての有用性が認識されていながら,分子レベルでの金属錯体との反応性の研究が比較的少ないヘテロ原子(周期律表13族から17族に属する原子)を含む物質群について,結合開裂・生成挙動を検討し,それを応用して新規な触媒的合成反応,生理活性物質,重合反応,高分子化合物などを開拓することである。主な研究項目と成果を次に示した。
1)13-14族原子間結合の活性化(アルキン,共役ジエンに続き,B-Si結合の付加反応がアレンでも選択的に進行することを発見)。
2)異種ヘテロ原子の協同作用に基づく反応の開拓。
3)高配位オリゴシランの合成。
4)ヒドロシランの重合反応性。
5)けい素を含む反応活性前駆体。
6)錯体触媒を用いるカルコゲン化合物の高効率変換法の開発(白金触媒によるシリルスルフィドのアルキンへの付加反応の発見)。
7)5価りん化合物の合成。
8)ビスマス化合物の反応性。
9)クロロエステル化反応。
研究分野
  • 不均一系触媒反応
  • 有機けい素化合物
  • 重合反応一般
  • 分子の電子構造
関連発表論文 (1)Chem. Lett., 1998, 431. Ruthenium-catalyzed regioselective addition of phosphinic acids with alkynes forming alkenyl phosphinates. Rui-mao Hua, M. Tanaka
(2)Organometallics, 17, 2926 (1998). Synthesis of Carbodiimidotitanium Complexes by the Reaction of (Trimethylstannyl)carbodiimides with Titanium Chlorides. G. Veneziani, S. Shimada, M. Tanaka.
(3)J. Organomet. Chem., 564, 81 (1998). Synthesis of partially network polyphenylgermanes by dehydrogenative coupling of phenylgermane. N. Choi, M. Tanaka.
(4)Chem. Lett., 1998, 763. Synthesis of highly thermally heat-resistant soluble polymers through hydrosilylation polymerization between octakis(hydrosilsesquioxane) and diynes. T.-a. Kobayashi, T. Hayashi, M. Tanaka.
(5)J. Am. Chem. Soc., 120, 8249 (1998). The first platinum(0)-catalyzed regio- and stereoselective thiosilylation of alkynes using disulfides and disilanes: A new strategy for in- roducing two different hetero-atoms into carbon-carbon unsaturated bonds. L.-B. Han, M. Tanaka.
(6)Tetrahedron Lett., 39, 9043 (1998). Regio- and stereoselective 1,4-borylstannation of 1,3-dienes promoted by palladium catalysts. S-y. Onozawa, Y. Hatanaka, M. Tanaka.
(7)J. Am. Chem. Soc., 120, 12365(1998). The first example of rhodium(I)-catalyzed regio- and stereoselective chloroesterification of alkyneswith chloroforate Esters. R. Hua, S. Shimada, M. Tanaka.
(8)Chem. Lett., 1999, 159. Synthesis and spectral properties of novel Si-Ru-Ru-Si-C6H4 polymers. P. Nombel, Y. Hatanaka, S. Shimada, M. Tanaka.
(9)Chem. Commun., 1999, 395. Transition metal-catalysed addition reactions of H-heteroatom and inter-heteroatom bonds to carbon-carbon unsaturated linkages via oxidative additions. L.-B. Han, M. Tanaka.
(10)Organometallics, 18, 291, (1999). Reaction of 1,2-disilylbenzene with bis[1,2-bis(di-methylphosphino)ethane]nickel(0). Isolation and characterization of the first silylnickel(IV) complex. S. Shimada, M.L.N. Rao, M. Tanaka.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 田中 正人(物質工学工業技術研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 田中 正人. 単一分子・原子レベルの反応制御 ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.350 - 352.

PAGE TOP