TOP > 研究報告検索 > 単一分子・原子レベルの反応制御 完全フォトクロミック反応系の構築

単一分子・原子レベルの反応制御 完全フォトクロミック反応系の構築

研究報告コード R990004267
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 入江 正浩
研究者所属機関
  • 九州大学大学院工学研究科
研究機関
  • 九州大学大学院工学研究院
報告名称 単一分子・原子レベルの反応制御 完全フォトクロミック反応系の構築
報告概要 本研究の目的は,熱安定フォトクロミックジアリールエテン分子系について,その極限性能(高効率性:主光反応量子収率=1,高選択性:副反応量子収率=0)の達成である。すなわちジアリールエテン分子系で,閉環反応量子収率が1に限りなく近い分子の設計・合成,また光劣化機構の解明によるその防止策の提案である。前者では,嵩高い置換基の導入又は反応空間の規制による反応効率の向上,後者では,光劣化機構の劣化分子の単離・同定による解明をした。これらの主な研究成果を次に示した。
1)嵩高い置換基を持つジアリールエテンの合成による反応量子収率の向上,
2)結晶フォトクロミズムの量子収率測定法の確立,
3)ビスベンゾチエニルエテン誘導体の単結晶フォトクロミズム,
4)ジチエニルエテンの光劣化機構,
5)光学活性置換基を持つジアリールエテンの合成結晶のジアステレオ選択的光反応,
6)分子内磁性相互作用の光制御,
7)スイッチ機能を持つポルフィリン超分子,
8)高速分光法による可逆反応解析。
研究分野
  • 高分子固体の物理的性質
  • 光化学反応,ラジカル反応
  • 分光法と分光計一般
  • 光学的効果
  • 光化学反応
関連発表論文 (1)M. Irie, K. Uchida. Synthesis and Properties of Photochromic Diarylethenes with Heterocyclic Aryl Groups. Bull. Chem. Soc. Jpn. 71, 985-996 (1998)
(2)K. Uchida, Y. Kido, T. Yamaguchi, M. Irie. Thermally Irreversible Photochromic Systems. Reversible Photocyclization of 2-(1-Benzothiophen-3-yl)-3-(2 or 3-thienyl)maleimide Derivatives. Bull. Chem. Soc. Jpn. 71, 1101-1108 (1998)
(3)K. Uchida, T. Ishikawa, M. Takeshita, M. Irie. Thermally Irreversible Photochromic Systems. Reversible Photocyclization of 1,2-Bis(thiazolyl)perfluorocyclopentene. Tetrahedron, 54, 6627-6638 (1998)
(4)M. Takeshita, M. Irie. Photoresponsive Tweezers for Alkali Metal Ions. Photochromic Diarylethenes Having Two Crown Ether Moieties. J. Org. Chem. 63, 6643-6649 (1998)
(5)M. Takeshita, N. Kato, S. Kawauchi, T. Imase, J. Watanabe, M. Irie. Photochromism of Dithienylethenes Included in Cyclodextrins. J. Org. Chem. 63, 9306-9313 (1998)
(6)M. Takeshita, M. Irie. Photoresponsive Cesium Ion Tweezers with a Photochromic Dithienylethene. Tertahedron Lett. 39, 613-616 (1998)
(7)M. Takeshita, M. Irie. Reversible Fluorescence Intensity Change of a Diarylethene. Chem. Lett., 1123-1124 (1998)
(8)H. Nakashima, M. Irie. Synthesis of Polystyrene and Poly(alkyl methacrylate)s Having Photochromic Dithienylethene Pendant Groups. Polymer J. 30, 985-989 (1998)
(9)K. Uchida, M. Irie. Photochromic Reactions of Bis(2-thienyl)perfluorocyclopentenes. J. Inf. Recording. 24, 101-104 (1998)
(10)J. Hellmann, M. Hamano, O. Karthaus. K. Ijiro, M. Shimomura, M. Irie. Aggregation of Dendrimers with a Photochromic Dithienylethene Core Group on the Mica Surface - Atomic Force Microscopic Imaging. Jpn. J. Appl. Phys. 37, L816-L819 (1998)
(11)H. Nakashima, M. Irie. Synthesis of Silsesquioxanes Having Photochromic Dithienylethene Pendant Groups. Macromol. Chem. Phys. 200, 683-692 (1999)
(12)K. Uchida, E. Tsuchida, Y. Aoi, S. Nakamura, M. Irie. Substituent Effect on the Coloration Quantum Yield of a Photochromic Bisbenzothienylethene. Chem. Lett. 63-64 (1999)
(13)M. Irie, T. Lifka, K. Uchida, S. Kobatake, Y. Shindo. Fatigue Resistant Properties of Photochromic Dithienylethenes: By-product Formation. Chem. Commun. 747-750 (1999)
(14)S. Kobatake, T. Yamada, K. Uchida, N. Kato, M. Irie. Photochromism of 1,2-Bis(2,5-dimethyl-3-thienyl)perfluorocyclopentene in a Single Crystalline Phase. J. Am. Chem. Soc. 121, 2380-2386 (1999)
(15)内田欣吾、入江正浩 クロミズムの化学 科学と工業、72、274-282(1998)
(16)入江正浩 フォトクロミック分子材料‐光メモリへの応用 高分子、47、449-452(1998)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 入江 正浩(九州大学大学院工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 入江 正浩. 単一分子・原子レベルの反応制御 完全フォトクロミック反応系の構築. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.358 - 364.

PAGE TOP