TOP > 研究報告検索 > 単一分子・原子レベルの反応制御 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発

単一分子・原子レベルの反応制御 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発

研究報告コード R990004269
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 鈴木 寛治
研究者所属機関
  • 東京工業大学大学院理工学研究科
研究機関
  • 東京工業大学大学院理工学研究科
報告名称 単一分子・原子レベルの反応制御 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発
報告概要 本研究は,
1)高い反応活性を示す金属クラスターの分子設計・合成と従来の合成化学では達成できなかった新しい反応の開発,および
2)高効率的クラスター触媒反応の開発を目的とする。1998年度では,三核ルテニウムクラスターによるアルカンの活性化と異種金属クラスターの合成研究に重点的に取り組むと共に,平面型四核クラスター合成のための基礎研究をした。
また超臨界流体を反応媒体とする高速錯体触媒反応の開発と金属クラスターを活性種とする触媒反応の開発をした。主な研究成果を次に示した。
1)三核ルテニウムペンタヒドリド錯体による分岐アルカン・環状アルカンの選択的活性化,
2)異種金属からなる二核および三核ヒドリドクラスターの合成,
3)架橋ホスフィド配位子導入による二核クラスター反応場の電子密度制御,
4)正四面体型四核ルテニウムポリヒドリドクラスターの合成,
5)ぎ酸を用いる水素移動型不斉還元によるジケトン類から光学活性ジオール類の不斉合成。
研究分野
  • 不均一系触媒反応
  • 分子の電子構造
  • 白金族元素の錯体
関連発表論文 (1)Cleavage of Carbon-Sulfer Bonds of Benzothiophene and Dibenzothiophene Mediated by Trinuclear Pentahydride Complex of Ruthenium {(η5-C5Me5)Ru}3(μ-H)3(μ3-H)2, Kouki Matsubara, Rei Okamura, Masako Tanaka, and Hiroharu Suzuki, J. Am. Chem. Soc., 120, 1108 (1998).
(2)”Regioselective C-H Bond Activation of Alkanes by a Trinuclear Ruthenium Trihydride Complex Having a μ3-Sulfido Ligand”, Kouki Matsubara, Akiko Inagaki, Masako Tanaka, and Hiroharu Suzuki, J. Am. Chem. Soc,. 121, 7421 (1999).
(3)”Activation of Acyclic and Cyclic Conjugated Dienes in Cooperation with the Three Metal Centers”, Hiroharu Suzuki, Toshifumi Takemori, and Akiko Inagaki, J. Synth. Org. Chem. Jpn., 57, 935 (1999).
(4)”Structure-Reactivity Relationship in Allyl and Propargyl Complexes of Group 10 Metal Relevant to Homogeneous Catalysis.”, Hideo Kurosawa and Sensuke Ogoshi, Bull. Chem. Soc. Jpn., 71, 973 (1998).
(5)”Carbon-Carbon Bond Forming Reactions of μ-Vinylcarbenedipalladium Complexes.”, Sensuke Ogoshi, Ken Tsutsumi, Tsutomu Shinagawa, Kiyomi Kakiuchi and Hideo Kurosawa, Chem. Lett., 123 (1999).
(6)”Remarkably Wide Range of Bond Distance Adjustment of d9-d9 Pd-Pd Interactions to Change in Coodination Environment.”, Tetsuro Murahashi, Toshiaki Otani, Eiko Mochizuki, Yasushi Kai, Hideo Kurosawa and Shigeyoshi Sakaki, J. Am. Chem. Soc., 120, 4536 (1998).
(7) “Synthesis and Structure of 1,3-Dienolate (CH2C(O)CH=CH2) Complex of Di-palladium(I) Moiety: Contribution of π-Olefin Coordination of Enolate to Transition Metal.”, Tetsuro Murahashi and Hideo Kurosawa, J. Organomet. Chem., 574, 142 (1999).
(8)”Homogeneous Catalysis in Supercritical Fluids.”, Philip. G. Jessop, Takao Ikariya, and Ryoji Noyori, Chem. Rev. 99, 475-493 (1999).
(9)”New Chiral Phodium and Iridium Complexes with Chiral Diamine Ligands for Asymmetric Transfer Hydrogenation of Aromatic Ketones.”, Kunihiko Murata, Takao Ikariya, and Ryoji Noyori, J. Org. Chem. 64, 2186-2187 (1999).
(10)”An efficient carbonylation of aryl halides catalysed by palladium complexes with phosphite ligands in supercritical carbon dioxide.” Yoshihito Kayaki, Yushi Noguchi, Seiji Iwasa, Takao, and Ryoji Noyori. Chem. Commun. 1235 (1999).
(11)”A Practical Stereoselective Synthesis of Chiral Hydrobenzoins via Asymmetric Transfer Hydrogenation of Benzils.”, Kunihiko Murata, Kazuya Okano, Miwa Miyagi, Hirosi Iwane,
Ryoji Noyori, and Takao Ikariya, Org. Lett. 1, 1119 (1999).
(12)”Multimetallic Activation of Molecular Hydrogen Leading to Hydrogenation of the Coordinated Azulenes in Di-, Tri-, and Tetranuclear Ruthenium Carbonyl Complexes.” Hideo Nagashima, Akihiro Suzuki, and Katsuyuki Aoki, Kenji Itoh, Bull. Chem. Soc. Jpn., 71, 2441 (1998).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 鈴木 寛治(東京工業大学工学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 鈴木 寛治. 単一分子・原子レベルの反応制御 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.369 - 373.

PAGE TOP