TOP > 研究報告検索 > 生体分子解析用金属錯体プローブの開発

生体分子解析用金属錯体プローブの開発

研究報告コード R990004272
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 松本 和子
研究者所属機関
  • 早稲田大学理工学部
研究機関
  • 早稲田大学理工学部
報告名称 生体分子解析用金属錯体プローブの開発
報告概要 金属錯体は中心金属の種類と酸化状態,および配位子の構造と電子的性質により,多様な物理的,化学的性質を示す。本研究では,特殊な配位子や異常酸化状態の金属を含む金属錯体を合成し,金属-配位子,又は金属-金属間の協同的相互作用を発現させることにより,
1)生体分子のプローブとしての蛍光性希土類錯体,Zn,NO検出用バイオプローブ,
2)オレフィンの酸化触媒としての白金(III)二核錯体,
3)小分子活性反応のための硫黄架橋ルテニウム二核錯体を合成する。
主な研究実施内容を次に示した。
1)水溶性希土類錯体ラベル剤の合成,
2)BHHCTユウロビウム錯体ラベルのDNAハイブリダイゼーションおよびイムノアッセイへの応用,
3)希土類ラベル剤を用いる高速液体クロマトグラフィー,
4)白金(III)二核錯体とアルケン,アルキン,ケトンとの反応,
5)硫黄架橋ルテニウム二核錯体の硫黄上でのC-H活性化反応,
6)DNA分析,生細胞蛍光プローブ開発応用など。
研究分野
  • 分析機器
  • 白金族元素の錯体
  • 生化学的分析法
  • 生体物質一般
  • 分子構造
関連発表論文 (1)J. Yuan, K. Matsumoto, and H. Kimura A New Tetradentate β -Diketonate-Europium Chelate That Can Be Covalently Bound to Proteins for Time-Resolved Fluoroimmunoassay Anal. Chem., 70, 596-601, (1998).
(2)J. Yuan, G. Wang, H. Kimura, and K. Matsumoto, Sensitive Time-Resolved Fluoroimmunoassay of Human Thyroid-Stimulating Hormone by Using a New Europium Fluorescent Chelate as a Label Anal. Sci., 14, 421-423, (1998).
(3)K. Matsumoto, Y. Nagai, J. Matsunami, K. Mizuno, T. Abe, R. Somazawa, J. Kinoshita, and H. Shimura A Synthetic Route to Alkyl-Pt(III) Dinuclear Complexes from Olefins and Its Implication on the Olefin Oxidation Catalyzed by Amidate-Bridged Pt(III) Dinuclear Complexes J. Am. Chem. Soc., 120, 2900-2907, (1998).
(4)K. Matsumoto, Y. Noguchi, and N. Yoshida Synthesis and Antitumor activity of Platinum(II) Complexes of Amino-Cyclodexitrin Inorg. Chim. Acta, 272, 162-167, (1998).
(5)I. Miyashita, K. Matsumoto, M. Kobayashi, A. Nagasawa and J. Nakayama Synthesis and Crystal Structure of a Dinuclear Platinum (II) bis(N, N-diethylamino) carbeniumdithio-carboxylate Complex Pt2{m-(Et2N)2C2S2}2Cl4 ・0.5CH2Cl2: Structural Study of the Coordinated Inner Salt Inorg. Chim. Acta, 283, 256-259 (1998).
(6)T. Furuhashi, M. Kawano, Y. Koide, R. Somazawa, and K. Matsumoto Structural Studies of the Hydrazine and Ammine Complexes of the Dinuclear Ruthenium Polysulfide Complexes Inorg. Chem., 38, 109-114, (1999).
(7)H. Kimura, J. Yuan, G. Wang, K. Matsumoto, and M. Mukaida Highly Sensitive Quantitation of methamphetamine by Time-Resolved Fluoroimmunoassay Using a New Europium Chelate as a Label J. Anal. Toxicol., 23, 11-16 (1999).
(8)K. Yoshikawa, J. Yuan, K. Matsumoto, and H. Kimura Time-Resolved Fluorometric Detection of DNA Using a Tetradentate β-Diketonate Europium Chelate as a Label Anal. Sci., 15, 121-124 (1999).
(9)J. Yuan, G. Wang, H. Kimura, and K. Matsumoto Highly Sensitive Detection of Bensulfuron-methyl by Time-Resolved Fluoroimmunoassay Using a Tetradentate b-Diketonate Europium Chelate as a Label Anal. Sci., 15, 125-128 (1999).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 松本 和子(早稲田大学理工学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 松本 和子. 単一分子・原子レベルの反応制御 生体分子解析用金属錯体プローブの開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.381 - 388.

PAGE TOP