TOP > 研究報告検索 > 極限環境状態における現象 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス

極限環境状態における現象 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス

研究報告コード R990004277
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 近藤 建一
研究者所属機関
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
研究機関
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
報告名称 極限環境状態における現象 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス
報告概要 本研究は衝撃波の持つ極限環境を発生・計測し,そこでの特異な化学反応性に基づく新材料の創製を目指す研究である。研究開始からこれまでに,赤外線からX線域にわたる新しい実時間衝撃波診断技術と新しい衝撃波の発生方法の開発を行った。さらに,炭素をセンサ物質としてその物質応答を凍結・評価している。特に,フェムト秒ハイパワーレーザを用いて強力なX線パルスの発生を行うことができるようになった。そのパルスと同期した衝撃圧縮状態を実現し,ピコ秒時間分解型のX線回折実験やプラズマ生成過程のピコ秒時間分解型の影絵撮影を行うことができるようになった。今後,衝撃圧縮状態だけでなく,一般の光,熱,電場,磁場などの急激な環境変化に対する原子レベルでの物質応答測定への応用ができるようにシステムの改良を進める予定である。平成10年度は,大阪大学の巨大レーザによる6週間の照射実験や机上型レーザによるパルスの発生・計測実験,スーパー計算機による実験予測などを行った。
研究分野
  • 流体の実験・試験・測定方法及び装置
  • 高速空気力学
  • レーザの応用
  • 化学一般その他
  • 相平衡・状態図一般
  • 応用物理化学的操作・装置
関連発表論文 (1)H.HIRAI and K.KONDO: New Materials of Carbon, Amorphous Diamond and Nanocrystalline-Diamond Ceramics, from C60 Fullerene, 5th NIRIM Int. Symp. on Advanced Materials (ISAM' 98), (1998)pp193-196.
(2)M.YOSHIDA, Y.FUJIMOTO, Y.HIRONAKA, K.G.NAKAMURA, K.KONDO, M.OHTANI and H.TSUNEMI: Generation of picosecond hard x-rays by tera watt lasar focusing on a copper target, Appl. Phys. Lett., 73[17], 2393-2395 (1998).
(3)K.KONDO, M.YOSHIDA and K.A.TANAKA: Shock-Wave Dynamics and Stimulated New Chemical Processes, Proc. 3rd Japan-China High Pressure Seminar (1998) pp.su1-su4.
(4)M.YOSHIDA, K.WAKABAYASHI, N.KOZU, M.HARA, K.A.TANAKA and K.KONDO: Flyer Acceleration by Laser Plasma, Proc. 3rd Japan-China High Pressure Seminar (1998) pp.su5-su8.
(5)Y.FUJIMOTO, Y.HIRONAKA, K.NAKAMURA, M.YOSHIDA, M.OHTANI, H.TSUNEMI and K.KONDO: Target material dependence of hard x-ray generation by femtosecond laser irradiation, Proc. Int. Conf. On Optical Technology and Image Processing in Fluid, Thermal, and Combustion Flow (VSJ-SPIE98), (1998) pp.AB115-1-8.
(6)Y.HIRONAKA, Y.FUJIMOTO, K.NAKAMURA, K.KONDO and M.YOSHIDA: Intensity Enhancement of Pulsed X-Rays Generated from Metal Target Irradiated by Femtosecond Laser, Proc. Int. Conf. On Optical Technology and Image Processing in Fluid, Thermal, and Combustion Flow (VSJ-SPIE98), (1998) pp.AB116-1-4
(7)M.YOSHIDA, Y.FUJIMOTO, Y.HIRONAKA, K.G.NAKAMURA, K.KONDO, M.OHTANI, K.HAYASHIDA and H.TSUNEMI, Derivation of an x-ray spectrum from charge-coupled-device (CCD) image data, Proc. Int. Conf. On Optical Technology and Image Processing in Fluid, Thermal, and Combustion Flow (VSJ-SPIE98), (1998) pp.AB119-1-5.
(8)小倉俊幸,O.V.ファティアノフ,M.F.ニコル,近藤建一:赤外放射温度計の製作と衝撃温度測定への応用,火薬学会誌,59[6],310-315(1998).
(9)Y.HIRONAKA, Y.FUJIMOTO, K.G.NAKAMURA, K.KONDO and M.YOSHIDA: Enhancement of hard x-ray emission from a copper target by multiple shots of femtosecond laser, Appl. Phys.Lett., 74[12], 1-3 (1999).
(10)Y.HIRONAKA, T.INOUE, Y.FUJIMOTO, K.G.NAKAMURA, K.KONDO and M.YOSHIDA: Time-resolved x-ray shadowgraph experiment of laser ablation of aluminum using laser-induced picosecond pulsed x-rays, Jpn. J. Appl. Phys., 38[3], L242-244 (1999).
(11)K.KONDO, H.HIRAI and M.YOSHIDA: Amorphous and Nanocrystalline Diamond Synthesized by SCARQ: Shock Compression and Rapid Quenching, Ceramic Engineering and Science Proceedings: 22nd Annual Conference on Composites, Advanced Ceramics, Materials and Structures, 19 [4], 433-444 (1998).
(12)平井寿子,近藤建一:フラーレンから透明ナノ結晶ダイヤモントプレートの合成、NEW DIAMOND、14[2]、24-25(1998).
(13)近藤建一,中村一隆,吉田正典,田中和夫:衝撃波研究の新展開、生産と技術、109-112(1999).
(14)中村一隆,弘中陽一郎,藤本靖,丹下知之,井上智春,近藤建一,吉田正典:フェムト秒レーザー誘起プラズマによるパルス硬X線発生とピコ秒時間分割X線回折、表面科学、20[3]、48-51(1999).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「極限環境状態における現象」研究代表者 近藤 建一(東京工業大学応用セラミックス研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 近藤 建一. 極限環境状態における現象 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.436 - 440.

PAGE TOP