TOP > 研究報告検索 > 極限環境状態における現象 新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明

極限環境状態における現象 新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明

研究報告コード R990004288
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 遠藤 康夫
研究者所属機関
  • 東北大学金属材料研究所
研究機関
  • 東北大学金属材料研究所
報告名称 極限環境状態における現象 新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明
報告概要 本研究は電子の軌道の動的構造解析から、高温超伝導をはじめとする物性現象の発現機構を理解することを目指している。以下に主な成果を報告する。La2-xSrxCuO4+y単結晶の中性子磁気散乱によって、Srの注入量と磁性の変化を調べた。スピングラス領域で新たに反強磁性的に揃ったスピンが結晶全体に縞状構造を造る「ストライプ」オーダーを見出し、超伝導発現との関連を吟味した。また、コロサル磁気抵抗物質のLa1-xSrxMnO3のx=0.11付近で現れる複雑な相転移を解析した。軌道整列によって電荷がオーダーした結果、3次元的な超交換相互作用が強くなり、より安定な磁気相へと転移することを見出した。また、SPring-8に設置する新しい放射光X線散乱装置の設計を行い、入札を行った。この間、高エネ研放射光施設(PF)で、Mn電子の軌道整列を初めて検出した。また、中間状態の理論的解析から共鳴X線散乱の2次摂動計算を行って、実験で得られた共鳴異常散乱の機構を世界で初めて理論的に解明した。
研究分野
  • 波動方程式の解法,散乱理論
  • 分子の電子構造
  • 結晶中の局在電子構造
  • 金属系超伝導体の物性
  • 酸化物結晶の磁性
関連発表論文 (1)Growth of large single crystals using the improved lamp-image floating-zone furnace: application to La2-xSrxCuO4 C-H. Lee, N. Kaneko, S. Hosoya, K. Kurahashi, S. Wakimoto, K. Yamada and Y. Endoh, Supercond. Sci. Technol. 11(1998)891-897.
(2)Neutron-Diffraction Studies on the Magnetic Ordering Process in the Layered Mn Perovskite La2-2xSr1+2xMn2O7 (x=0.40, 0.45 and 0.48) K. Hirota, Y. Moritomo, H. Fujioka, M. Kubota, H. Yoshizawa and Y. Endoh J. Phys. Soc. Jpn. B67(1998)3380-3383.
(3)Neutron-scattering study of static antiferromagnetic correlations in La2-xSrxCu1-yZnyO4 H. Kimura, K. Hirota, H. Matsushita, K.Yamada, Y. Endoh, S-H. Lee, C.F. Majkrzak, R. Erwin, G. Shirane, M. Greven, Y.S. Lee, M.A. Kastner and R.J. Birgeneau, Phys. Rev. B 59(1999)6517-6522.
(4)Instantaneous spin correlations in La2CuO4 R.J. Birgeneau, M. Greven, M.A. Kastner, Y.S. Lee, B.O. Wells, Y. Endoh, K.Yamada and G. Shirane, Phys. Rev. B 59(1999)13788-13794.
(5)Transition between two ferromagnetic states driven by orbital ordering in La0.88Sr0.12MnO3 Y. Endoh, K. Hirota, S. Ishihara, S. Okamoto, Y. Murakami, A. Nishizawa, T. Fukuda, H. Nojiri, K. Kaneko and S. Maekawa, Phys. Rev. Lett. 82(1999)4328-4331.
(6)Two ferromagnetic phases in La1-xSrxMnO3(x~1/8) H. Nojiri, K. Kaneko, M. Motokawa, K. Hirota and Y. Endoh, Phys. Rev. B 60(1999) 4142-4148.
(7)Field Dependence of Magnetic Phase Transition in Metallic Ferromagnet CoS2 -Specific Heat Measurements- H. Hiraka and Y. Endoh, J. Phys. Soc.Jpn. 68(1999)36-38.
(8)Reply to Comment by Battle, Rosseinsky and Radaelli K. Hirota, Y. Moritomo, H. Fujioka, M. Kubota, H. Yoshizawa and Y. Endoh, J. Phys. Soc. Jpn. 68(1999)1463-1463.
(9)X-ray Polarization Analysis of Orbital Ordered State in La0.88Sr0.12MnO3 T. Fukuda, K. Hirota, H. Kimura, Y. Murakami, A. Nishizawa and Y. Endoh Jpn. J. Appl. Phys. Suppl. 38(1999)425
(10)Field induced transition from metal to insulator in the colossal magnetoresistance maganites Y. Endoh, H. Nojiri, K. Kaneko, K. Hirota, T. Fukuda, H. Kimura, Y. Murakami ,S. Ishihara, S. Maekawa, S. Okamoto and M. Motokawa, Mat. Sci.Eng. 56(1999) 151-158.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「極限環境状態における現象」研究代表者 遠藤 康夫(東北大学金属材料研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 遠藤 康夫. 極限環境状態における現象 新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.510 - 513.

PAGE TOP