TOP > 研究報告検索 > ゲノムの構造と機能 アポトーシスにおけるゲノム構造変化の分子機構

ゲノムの構造と機能 アポトーシスにおけるゲノム構造変化の分子機構

研究報告コード R990004303
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 長田 重一
研究者所属機関
  • 大阪大学大学院医学系研究科
研究機関
  • 大阪大学大学院医学系研究科
報告名称 ゲノムの構造と機能 アポトーシスにおけるゲノム構造変化の分子機構
報告概要 動物細胞は絶えず下界からの刺激(ウィルス感染や紫外線や諸化学物質など)に曝され、これら刺激はゲノムを損傷する。アポトーシスは、生体の恒常性を維持する上で、これら損傷細胞、有害細胞や無用細胞を除去する細胞死の機構である。アポトーシスではガスパーゼと呼ばれるプロテアーゼが活性化され、種々の細胞内分子を切断する。そしてその最終段階で、ガスパーゼは特異的なDNase(CAD)を活性化し、染色体DNAを切断する。本研究ではアポトーシスのシグナル伝達機構、特に、CADの活性化機構、反応機構および、アポトーシスにおける染色体DNA切断の役割解明を目指した。また更には、アポトーシスの初期の段階,すなわち、ゲノムの損傷がいかなる分子あるいは機構によって認識され、アポトーシスの実行へと導かれるかの解明も目指した。
研究分野
  • 遺伝的変異
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子操作
  • 動物学研究法
  • 生物科学研究法一般
関連発表論文 (1)Hashimoto, H., Nishino, A., Shintani, N., Hagihara, N., Copeland, N., Jenkins, N., Yamamoto, K., Matsuda, T., Ishihara, T., Nagata, S. and Baba, A. (1999). Genomic organization and chromosomal location of the mouse vasoactive intestinal polypeptide 1 (VAPC1) receptor. Genomics 58, 90-93.
(2)Hashimoto, W., Osaki, T., Okamura, H., Robbins, P. D., Kurimoto, M., Nagata, S., Lotze, M. T. and Tahara, H. (1999). Differential antitumor effects of administration of rIL-18 or rIL-12 are mediated primarily by Fas-FasL and perforin induced tumor apoptosis respectively. J. Immunol. 163, 583-589.
(3)Kuwano, K., Hagimoto, N., Kawasaki, M., Yatomi, T., Nakamura, N., Nagata, S., Suda, T., Kunitake, R., Maeyama, T., Miyazaki, H. and Hara, N. (1999). Essential roles of the Fas-Fas ligand pathway in the development of pulmonary fibrosis. J. Clin. Invest. 104, 13-19.
(4)Miwa, K., Hahimoto, H., Yatomi, T., Nakamura, N., Nagata, S. and Suda, T. (1999). Therapeutic effect of an anti-Fas ligand monoclonal antibody on lethal graft-versus-host disease. Int. Immunol. 11, 925-931.
(5)Sakahira, H., Enari, M. and Nagata, S. (1999). Functional differences of two forms of the inhibitor of caspase-activated DNase, ICAD-L and ICAD-S. J. Biol. Chem. 274, 15740-15744.
(6)Sakahira, H., Enari, M., Ohsawa, Y., Uchiyama, Y. and Nagata, S. (1999). Apoptotic nuclear morphological change without DNA fragmentation. Curr. Biol. 9, 543-546.
(7)Samali, A., hivotovsky, B., Jones, D., Nagata, S. and Orrenius, S. (1999). Apoptosis: Cell death defined by caspase activation. Cell Death & Diff. 6, 495-496.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「ゲノムの構造と機能」研究代表者 長田 重一(大阪大学大学院医学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 長田 重一. ゲノムの構造と機能 アポトーシスにおけるゲノム構造変化の分子機構. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.589 - 590.

PAGE TOP