TOP > 研究報告検索 > ゲノムの構造と機能 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析

ゲノムの構造と機能 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析

研究報告コード R990004305
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 森 浩禎
研究者所属機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学・遺伝子教育研究センター
研究機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター
報告名称 ゲノムの構造と機能 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析
報告概要 ゲノムの構造と機能に関連して、大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析、を扱った。前作業としての大腸菌の全ゲノム配列の決定は、1997年1月に終えた。本研究は、そのゲノム配列を基に、全遺伝子による大腸菌の統合像の解明を目指すものである。そのためのアプローチとして、
1)ゲノム配列情報解析、
2)ゲノムデータベース構築およびWWWによる情報公開、
3)実験的機能解析、を進めている。
1)では、全ゲノム配列決定が完了した微生物を利用した比較を中心に、微生物の持つ多様性解析やクラスタ解析による遺伝子の構造や機能単位の抽出や遺伝子の機能予測や、遺伝子相互作用解明に向けた開発を進めている。
2)では既にWWWによる検索システムの開発を終え、情報公開中である。
3)では、配列情報解析結果を活用しつつ、全遺伝子の機能解明と、全遺伝子のネットワーク解明に向けた網羅的な遺伝子転写解析を柱とした研究・開発を進めている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990004305_01SUM.gif R990004305_02SUM.gif
研究分野
  • 微生物学(ウイルス以外)一般
  • 分子・遺伝情報処理
  • 遺伝学研究法
  • 生物科学研究法一般
  • 分子遺伝学一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「ゲノムの構造と機能」研究代表者 森 浩禎(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 森 浩禎. ゲノムの構造と機能 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.594 - 598.

PAGE TOP