TOP > 研究報告検索 > 脳を知る 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構

脳を知る 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構

研究報告コード R990004308
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 篠田 義一
研究者所属機関
  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科システム神経機能学
研究機関
  • 東京医科歯科大学医歯学総合大学院
報告名称 脳を知る 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構
報告概要 脳は、主要な感覚情報である視覚入力を適切に取込むため、種々の眼球運動サブシステムを使い分けている。例えば、眼前に興味ある対象物が現れた時には急速なサッケードを、ゆっくり動く対象物を目で追う時には滑動性や輻輳性の眼球運動を、静止対象物を頭部が動く状況下で見る時は前庭動眼反射を使う。この時、脳は視覚と前庭の2種類の感覚情報を取込み、網膜で検出された視覚速度情報を、空間内の視標速度情報と視線情報(前記を追跡する運動情報)に変換し、更に眼窩内の水平と垂直・旋回運動に変換させている。これら過程で果たす、前頭眼野,上丘、小脳、大脳基底核の役割分担を調べた。サッケード発現に主要な役割を担う上丘から水平・垂直眼運動細胞への脳幹における神経回路の同定や、滑動性眼球運動に関わる前頭眼野の同定とその入出力の解析や、小脳単一苔上線維と登上線維の軸策形態の全貌解明や、上丘スライス標本による上丘局所神経回路と眼球サッケード運動開始の解析などを実施した。
研究分野
  • 動物学研究法
  • 視覚モデル
  • 生物科学研究法一般
  • 脳・神経系モデル
  • 視覚
関連発表論文 (1)Izawa, Y., Sugiuchi, Y., and Shinoda. Y. Neural organization from the superior collikulus to motoneurons in the horizontal oculomotor system of the cat. J. Neurophysiology 81: 2597-2611, 1999
(2)H. S. Wu, I. Sugihara, and Y. Shinoda. Projection patterns of single mossy fibers originating from the lateral reticular nucleus in the rat cerebellar cortex and nuclei. J. Comp. Neurol. 411: 97-118, 1999
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を知る」研究代表者 篠田 義一(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 篠田 義一. 脳を知る 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.616 - 618.

PAGE TOP