TOP > 研究報告検索 > 脳を知る フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析

脳を知る フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析

研究報告コード R990004316
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 市川 眞澄
研究者所属機関
  • (財)東京都医学研究機構神経科学総合研究所
研究機関
  • (財)東京都医学研究機構東京都神経科学総合研究所
報告名称 脳を知る フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析
報告概要 フェロモンは動物の社会生活に重要な因子であり,鋤鼻系が、受容および情報処理に関与している。雌マウスは交尾妊娠後、交尾相手と異なる系統の雄の匂いに曝露されると妊娠阻止が生ずる。これは、雌が交尾相手のフェロモンを記憶し、記憶と異なるフェロモンに曝露されることに起因するとされている。現在迄に、この記憶形成に伴って、鋤鼻系における第一次中枢の副嗅球に存在する相反シナプスのなかで、興奮性シナプスが可塑的変化を示すことを解明し、現在は相反シナプスとフェロモンの記憶との関わりにつき総合的に解析中である。特に、シナプスの可塑性を培養系で明らかにする目的で、現在までに副嗅球の培養系を確立した。今後は、培養系における相反シナプスの可塑性を対象に、薬理学的実験を中心に研究を進める。また、鋤鼻系でシナプスの可塑性を調べる上では、刺激源であるフェロモンの解析も必要であり、フェロモンやフェロモンレセプタに関する研究も行っている。
研究分野
  • 生物科学研究法一般
  • 生物学的機能
  • 動物生理一般
  • 感覚
  • 生殖生理一般
関連発表論文 (1)Matsuoka M, Mori Y, Ichikawa M.: Morphological changes of synapses induced by urinary stimulation in the hamster accessory olfactory bulb. Synapse, 28, 160-166 (1998)
(2)Osada T, Arakawa H, Ichikawa M, and Ikai A.: Atomic force microscopy of histological sections using a new electron beam etching method. J. Microscope., 189, 43-49 (1998)
(3)Ichikawa M, Osada T, and Costanzo RM.: Replacement of receptor cells in the hamster vomeronasal epithelium after nerve transection. Chem Senses, 23, 171-179 (1998)
(4)Osada T, Takezawa S, Itoh A, Arakawa H, Ichikawa M, Ikai A.: The distribution of sugar chains on the vomeronasal epithelium observed with the atomic force microscope. Chemical. Senses, 24, 1-6 (1999)
(5)Ichikawa M, Shin T, Kang MS.: Fine structure of the vomeronasal sensory epithelium of Korean goats (Capra hircus). Reprod Develop., 45, 81-89 (1999)
(6)Yoshida-Matsuoka J, Osada T, Mori Y, Ichikawa M.: A developmental study using three antibodies (VOBM1, VOBM2, and VOM2): Immunocytochemical and electron microscopical analysis of the luminal surface of the vomeronasal sensory epithelium. Anatomy Embryol, 199, 215-224 (1999)
(7)Hagino-Yamagishi H, Minamikawa-Tachino R, Ichikawa M, Yazaki K.: Expression of Brain-2 in the developing olfactory bulb. Develop. Brain Res., 113, 133-137 (1999)
(8)Osada T, Ikai A, Costanzo RM, Matsuoka M, Ichikawa M.: Continual neurogenesis of vomeronasal neurons in vitro. J. Neurobiol., 40, 226-233 (1999)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を知る」研究代表者 市川 眞澄((財)東京都医学研究機構神経科学総合研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 市川 眞澄. 脳を知る フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.661 - 665.

PAGE TOP