TOP > 研究報告検索 > 脳を守る 老化脳における神経の可塑性制御の分子基盤

脳を守る 老化脳における神経の可塑性制御の分子基盤

研究報告コード R990004331
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 森 望
研究者所属機関
  • 国立長寿医療研究センター
研究機関
  • 厚生労働省 国立療養所中部病院長寿医療研究センター
報告名称 脳を守る 老化脳における神経の可塑性制御の分子基盤
報告概要 脳は、老化するに伴い、様々なレベルで応答性が欠如する。その原因は、神経細胞の外界刺激に即応した反応性(可塑性)の低下にあると考えられる。神経可塑性の主体は、神経の連結部であるシナプス直下から神経骨格と神経小胞のダイナミックス制御にある。我々は、神経の突起進展に関する制御因子nGAPsと、その神経細胞に特異的な遺伝子発現を統括制御する転写因子NRSF/RESTと、更に、神経栄養因子によるnGAPs誘導に関わる神経特異的なシグナル伝達分子N-Shcに関する研究とを総合して、神経可塑性の分子基盤の解明と、老化に伴うその減退の主因探索、減退を補う手法の探求を目指している。これまでの研究で、nGAPsを制御する微少管関連蛋白質の存在と、転写因子NRSF/RESTによる転写抑制の基本的なメカニズムと、Shc類似のシグナル分子で脳内で機能するN-SckとSckの構造的・機能的差異を明らかにしている。
研究分野
  • 生物科学研究法一般
  • 分子遺伝学一般
  • 細胞構成体の機能
  • 中枢神経系
関連発表論文 (1)T. Nakamura, S. Muraoka, R. Sanokawa and N. Mori N-Shc and Sck, two neuronally expressed Shc adaptor homologs: Their differential regional expression in the brain and roles in neurotrophin and Src signaling. J. Biol. Chem. 273, 6960-6967 (1998)
(2)K. Tanabe, S. Kiryu-Seo, T. Nakamura, N. Mori, H. Tsujino, T. Ochi and H. Kiyama Alternative expression of Shc family members in nerve-injured motoneurons. Mol. Brain Res. 53, 291-296 (1998)
(3)E. Nishihara, T. Furuyama, S. Yamashita and N. Mori Expression of copper trafficking genes in the mouse brain. NeuroReport 9, 3259-3263 (1998)
(4)T.H. McNeill, N. Mori and H.-W. Cheng Differential regulation of the growth-associated proteins, GAP-43 and SCG10, in response to unilateral cortical ablation in adult rats. Neuroscience 90, 1349-1360 (1999)
(5)T. Nakamura, K. Takeuchi, S. Muraoka, H. Takezoe, N. Takahashi and N. Mori A neurally-enriched coronin-like protein, ClipinC, is a novel candidate for an actin cytoskeleton-cortical membrane linking protein. J. Biol. Chem. 274, 13322-13327 (1999)
(6)Miyaguchi K, Maeda Y, Kojima T, Setoguchi Y, Mori N Neuron-targeted gene transfer by adenovirus carrying neural-restrictive silencer element. NeuroReport; 10(11): 2349-2353 (1999)
(7)Tabuchi A, Nakatani C, Nakaoka R, Naruse Y, Kojima T, Mori N, Tsuda M Silencer-mediated repression and non-mediated activation of BDNF and c-fos gene promoters in primary glial or neuronal cells. Biochem Biophys Res Commun; 261(2): 233-237 (1999)
(8)Naruse Y. Aoki, T. Kojima T. and Mori N: Neural restrictive silencer factor recrults mSin3 and histone deacetylase complex to repress neuron-specific target genes.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 96, 13691-13696(1999)
(9)Nakazawa T, Nakano I, Furuyama T, Mori H, Tamai M and Mori N (分子遺伝学研究部) The SCG10-related gene famly in the developing rat retina:Persistent expression of SCLIP and stathmin in mature ganglion cell layer. Brain Res. 861 (2) 399-407 (2000).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を守る」研究代表者 森 望(国立長寿医療研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 森 望. 脳を守る 老化脳における神経の可塑性制御の分子基盤. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.725 - 728.

PAGE TOP