TOP > 研究報告検索 > 環境低負荷型の社会システム 森林衰退に係わる大気汚染物質の計測、動態、制御

環境低負荷型の社会システム 森林衰退に係わる大気汚染物質の計測、動態、制御

研究報告コード R990004343
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 佐久川 弘
研究者所属機関
  • 広島大学総合科学部
研究機関
  • 広島大学総合科学部
報告名称 環境低負荷型の社会システム 森林衰退に係わる大気汚染物質の計測、動態、制御
報告概要 全国各地で森林衰退と大気汚染との関連を調査している気象学、大気化学、植物生態学、植物生理学、微生物学の研究成果を組織化し、共通の視点・手法で原因究明を試みた。樹木の衰退が見られる全国4地点(丹沢・大山、乗鞍岳、瀬戸内海沿岸山林、九州山岳地域)において、大気汚染、酸性雨の状況を3年間にわたって観測調査し、気象要素との関連性について検討した。ランドサットデータや航空写真により樹林観測を行い、大気汚染物質の計測値との関連を調べた。全ての地点で酸性降下物、光化学オキシダントが森林衰退と何らかの関連性があると推察できた。また、人工環境下における汚染物質の樹木曝露実験を行い、単独または複数の汚染物質(オゾン、有機酸、活性酸素種など)の直接影響を評価した。現在まだ最終結果は得ていないが、汚染物質の影響により、新芽の抑制、気孔の開閉度や光合成能力の変化などが現れることが分かった。
研究分野
  • 気象学一般
  • 植物生態学
  • 植物に対する影響
  • 森林保育
  • 写真測量,空中写真
  • 気圏環境汚染
関連発表論文 (1)雨水・露水中に光化学的に生成するヒドロキシルラジカル量の計測 新垣雄光・三宅隆之・柴田美智恵・佐久川弘 日本化学会誌No.9 p619~625
(2)雨水・露水中におけるOHラジカルの生成および消失反応機構 新垣雄光・三宅隆之・柴田美智恵・佐久川弘 日本化学会誌 1999,No.5 p335~340
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「環境低負荷型の社会システム」研究代表者 佐久川 弘(広島大学総合科学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 佐久川 弘. 環境低負荷型の社会システム 森林衰退に係わる大気汚染物質の計測、動態、制御. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.793 - 796.

PAGE TOP