TOP > 研究報告検索 > 環境低負荷型の社会システム 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電

環境低負荷型の社会システム 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電

研究報告コード R990004354
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 吉川 邦夫
研究者所属機関
  • 東京工業大学大学院総合理工学研究科
研究機関
  • 東京工業大学大学院総合理工学研究科
報告名称 環境低負荷型の社会システム 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電
報告概要 高温空気燃焼技術を用いて廃棄物や石炭などの環境負荷の高い燃料に適用可能な、高効率、低環境負荷、低コストな分散型発電システムの開発を行った。このシステムでは1000℃に加熱した高温空気で固体燃料を灰溶融ガス化し、生成ガス中の汚染物質を除去した後にガスを低NOx燃焼させてボイラでの蒸気発生とタービン駆動を行う。本法は廃棄物や残さ油など低質な固体燃料にも対応可能で、安価かつコンパクトで信頼性の高いシステムであり、燃料の持つ熱エネルギーを多段階で抽出し利用することができる。このプロジェクトはMEETと呼ばれ、既に、主要なペブル床灰溶融ガス化炉、高温空気加熱器、および高温空気燃焼ボイラ性能は実証した。今後、横浜市共同研究センターで実用機規模のMEET-II装置(燃料処理量2~4トン/日)の実証運転に入る。廃棄物処理と省エネルギーが同時に達成できる設備として実用化が待たれる。図1、2にMEETシステムの構成を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990004354_01SUM.gif R990004354_02SUM.gif
研究分野
  • 火力発電
  • 燃焼装置一般
  • ボイラ
  • ごみ処理
  • 燃焼一般
関連発表論文 (1)Kunio YOSHIKAWA: R&D on Solid Combustion/Gasification Using High Temperature Air: 2nd International Symposium on Advanced Energy Conversion Systems and Related Technologies (RAN 98): 16~17 (1998)
(2)小林宏充、吉川邦夫、塩田進:高温空気を用いた石炭・RDFガス化発電システムの研究開発(その1:発電システムの検討):第6回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集:98巻[17]225~230(1998)
(3)小坂仁、岩橋崇、吉田延弘、辻潔、吉川邦夫、氣駕尚志、玉蟲文彦、牧野啓二、小林宏充:高温空気を用いた石炭・RDFガス化発電システムの研究開発(その2:高温空気吹きガス化炉の開発):第6回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集:98巻[17]231~235(1998)
(4)岩橋崇、小坂仁、吉田延弘、辻潔、吉川邦夫、持田晋、松尾護、保田力、坂井勝、村松清貴、小林宏充:高温空気を用いた石炭・RDFガス化発電システムの研究開発(その3:高温空気予熱器・高温空気燃焼ボイラの開発):第6回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集:98巻[17]236~240(1998)
(5)吉田延弘、岩橋崇、小坂仁、辻潔、吉川邦夫、山下慶次郎、村田圭治、中田裕二:溶融炭酸塩を用いた高温脱硫:第6回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集:98巻[17]254~258(1998)
(6)Kunio YOSHIKAWA: Combustion and Gasification Using High Temperature Air: POWER-GEN ASIA 1998 CONFERENCE PAPERS: 555~562 (1998)
(7)Hitoshi KOSAKA, Takashi IWAHASHI, Nobuhiro YOSHIDA, Kiyoshi TSUJI, Kunio YOSHIKAWA, Takashi KIGA, Fumihiko Tamamushi, Keiji MAKINO and Hiroshi OONISHI: High Efficiency Power Generation from Coal and Wastes Utilizing High Temperature Air Combustion Technolgoy (Part I: Performance of Pebble Bed Gasifier for Coal and Wastes): 1998 International Joint Power Generation Conference: (1) 483~488, (1998)
(8)Takashi IWAHASHI, Hitoshi KOSAKA, Nobuhiro YOSHIDA, Kiyoshi TSUJI, Kunio YOSHIKAWA, Susumu MOCHIDA, Mamoru MATSUO, Tsutomu YASUDA, Masaru SAKAI and Kiyotaka MURAMATSU: High Efficiency Power Generation from Coal and Wastes Utilizing High Temperature Air Combustion Technology (Part II: Thermal Performance of Compact High Temperature Air Preheater and MEET Boiler): 1998 International Joint Power Generation Conference: (1) 489~494, (1998)
(9)R. HANAOKA, M. NAKAMURA, T. KIGA, H. KOSAKA, T. IWAHASHI, K. YOSHIKAWA, M. SAKAI, K. MURAMATSU and S. MOCHIDA: Combustion and Gasification Characteristics of Pulverized Coal Using High-Temperature Air: 1998 International Joint Power Generation Conference: (1) 495~500, (1998)
(10)吉川邦夫:高温空気を用いた廃棄物の燃焼/ガス化(その1:廃棄物燃焼/ガス化システム):第35回日本伝熱シンポジウム講演論文集:(1)65~66(1998)
(11)小坂仁、岩橋崇、吉川邦夫、持田普、坂井勝、村松清貴:高温空気を用いた廃棄物の燃焼/ガス化(その2:コンパクト高温空気予熱器の開発):第35回日本伝熱シンポジウム講演論文集:(1)67~68(1998)
(12)岩橋崇、小坂仁、吉川邦夫、松尾護:高温空気を用いた廃棄物の燃焼/ガス化(その3:高温空気燃焼炉の伝熱特性):第35回日本伝熱シンポジウム講演論文集:(1)69~70(1998)
(13)吉川邦夫:高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電:平成10年電気学会全国大会講演論文集:(7)S.31-13 S.31-16(1998)
(14)Kunio YOSHIKAWA: High Efficiency Power Generation from Coal and Wastes Utilizing High Temperature Air Combustion Technology (Part I: System and Overview of the 5 Years Demonstration Project): The 1998 International Symposium on Advanced Energy Technology Proceedings: 439~446 (1998)
(15)H. KOSAKA, T. IWAHASHI, N. YOSHIDA, K. TSUJI, K. YOSHIKAWA, T. KIGA, F. Tamamushi, K. MAKINO and H. OONISHI: High Efficiency Power Generation from Coal and Wastes Utilizing High Temperature Air Combustion Technology (Part II: Performance of Pebble Bed Gasifier for Coal and Wastes): The 1998 International Symposium on Advanced Energy Technology Proceedings: 447~454 (1998)
(16)T. IWAHASHI, N. YOSHIDA, H. KOSAKA, K. TSUJI, K. YOSHIKAWA, S. MOCHIDA, M. MATSO, T. YASUDA, M. SAKAI and K, MURAMATSU: High Efficiency Power Generation from Coal and Wastes Utilizing High Temperature Air Combustion Technology (Part III: Performance of Pebble Bed Gasifier for Coal and Wastes): The 1998 International Symposium on Advanced Energy Technology Proceedings: 455~462 (1998)
(17)N. YOSHIDA, T. IWAHASHI, H. KOSAKA, K. TSUJI, K. YOSHIKAWA, K. YAMASHITA, K. MURATA and M. HORI: High Efficiency Power Generation from Coal and Wastes Utilizing High Temperature Air Combustion Technology (Part IV: Desulfurization Using Molten Salt Carbonate): The 1998 International Symposium on Advanced Energy Technology Proceedings: 463~470 (1998)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「環境低負荷型の社会システム」研究代表者 吉川 邦夫(東京工業大学大学院総合理工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 吉川 邦夫. 環境低負荷型の社会システム 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.862 - 869.

PAGE TOP