TOP > 研究報告検索 > 内分泌かく乱物質 ヒトを含む哺乳類の生殖機能への内分泌かく乱物質の影響

内分泌かく乱物質 ヒトを含む哺乳類の生殖機能への内分泌かく乱物質の影響

研究報告コード R990004364
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 堤 治
研究者所属機関
  • 東京大学医学部
研究機関
  • 東京大学医学部産科婦人科学教室
報告名称 内分泌かく乱物質 ヒトを含む哺乳類の生殖機能への内分泌かく乱物質の影響
報告概要 内分泌撹乱化学物質(EDC)による人体汚染と不妊症や生殖機能に及ぼす影響は明らかになっていない。各種EDCによるヒトの生殖器官の汚染程度を疾患との関連で評価する。卵胞液中濃度と受精や妊娠率等の各種生殖パラメータ、健常人と子宮内膜症患者におけるダイオキシン(DX)濃度などの量-反応関係を明らかにする。既に、ヒト卵胞液中に1pg/mlのDXが存在することを明らかにした。マウス胚の体外培養系においてEDCを添加して発育への影響を検討し、最終的にはヒト胚での環境安全限界を設定する。既に、1~5pMの低濃度DXが初期胚の発育を抑制または促進することが分かった。また、EDCのエストロゲン受容体α、βそれぞれを介したエストロゲン作用の発現様式の解析や遺伝子発現への影響を分析する。マウス2細胞期胚の発育に及ぼすTCDDの影響を図1に、TCDDが胚盤胞の細胞数に及ぼす影響を図2に示した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990004364_01SUM.gif R990004364_02SUM.gif
研究分野
  • 汚染原因物質
  • 内分泌系の生理と解剖学
  • 遺伝子発現
  • 性ホルモン
  • 有機化合物の毒性
関連発表論文 論文発表
1. Tsutsumi O, Uechi H, Sone H, Yonemoto J, Takai Y, Momoeda M, Tohyama C, Hashimoto S, Morita M, Taketani Y: Presence of dioxins in human follicular fluid: their possible stage-specific action on the development of preimplantation mouse embryos. Biochemical and Biophysical Research Communications. 250: 498-501, 1998
2. Takai Y, Tsutsumi O, Harada I, Fujii T, Kashima T, Kobayashi K, Toda T, Taketani Y: Prenatal diagnosis of Fukuyama-type congenital muscular dystrophy by microsatellite analysis. Human Reproduction 13: 320-323, 1998
3. Matsumi H, Yano T, Koji T, Ogura T, Tsutsumi O, Taketani Y, Esumi H: Expression and localization of inducible nitric oxide synthase in the rat ovary: a possible involvement of nitric oxide in the follicular development. Biochemical and Biophysical Research Communications. 243: 67-72, 1998
4. Kamei Y, Tsutsumi O, Taketani Y, Watanabe K: cDNA cloning and chromosomal localization of neural adhesion molecule NB-3 in human. Journal of Neuroscience Research 51: 275-283, 1998
5. Kamei Y, Inagaki N, Nishizawa M, Tsutsumi O, Taketani Y, Inagaki M: Visualization of mitotic radial glial lineage cells in the developing rat brain by cdc2 kinase-phosphorylated vimentin. Glia 23: 191-199, 1998.
6. Momoeda M, Tsutsumi O, Morita Y, Igarashi M, Suenaga A, Osuga Y, Shiotsu H, Yano T, Taketani Y: Differential effect of exogenous human chorionic gonadotropin on progesterone production from normal or malfunctioning corpus luteum. Human Reproduction 13: 1907-1911, 1998
7. Matsumi H, Koji T, Yano T, Yano N, Tsutsumi O, Momoeda M, Osuga Y, Taketani Y: Evidence for an inverse relationship between apoptosis and inducible nitric oxide synthase expression in rat granulosa cells: a possible role of nitric oxide in ovarian follicle atresia. Endocrine Journal 45: 745-751, 1998
8. Tsutsumi O: Application of laparoscopic surgery in the treatment of infertility. Asian Medical Journal 42(4): 190-195, 1999
9. Okagaki R, Oosuga Y, Momoeda M, Tsutsumi O, Taketani Y: Laparoscopic findings after ultrasonoud-guided tranvaginal ethanol slcerotherapy for ovarian endometrial cyst. Human Reproduction 14: 270, 1999
10. Hamai Y, Fujii T, Miki A, Geraghty DE, Harada I, Takai Y, Kozuma S, Tsutsumi O, Taketani Y: Quantitative assessment of human leukocyte antigen-G protein in amniotic fluid by a double-determinant enzyme-linked immunosorbent assay using anti-human leukocyte antigen-G-specific antibody '87G'. American Journal of Reproductive Immunology 41:293-295, 1999
11. Matsumi H, Kozuma S, Osuga Y, Yano T, Yoshikawa H, Tsutsumi O, Taketani Y: Ultrasound imaging of pseudomyxoma peritonei with numeraous vesicles in ascitic fluids. Ultrasound in Obstetrics and Gynecology 13: 378-379, 1999
12. Osuga Y, Tsutsumi O, Okagaki R, Takai Y, Fujimoto A, Suenaga A, Maruyama M, Momoeda M, Yano T, Taketani Y: Hepatocyte growth factor (HGF) concentrations are elevated in peritoneal fluid of women with endometriosis. Human Reproduction 14: 1611-1613, 1999
13. Osuga Y, Tsutsumi O, Momoeda M, Okagaki R, Matsumi H, Hiroi H, Suenaga A, Yano T, Taketani Y: Evidence for the presence of hepatocyte growth factor (HGF) expression in human ovarian follicles. Molecular Human Reproduction 5: 703-707, 1999
14. Igarashi T, Yokomizo T, Tsutsumi O, Taketani Y, Shimizu T, Izumi T: Characterization of the leukotriene B4 receptor in porcine leukocytes. Separation and reconstitution with heterotrimeric GTP-binding proteins. Europian Journal of Biochemistry 259:419-25 1999
15. Onda T, Fukushima K, Tanaka T, Sawa R, Hayashi Z, Tsutsumi O, Takai Y, Yoshida K, Nakamura Y, Hoshi K, Fukada Y, Okai T, Sakai M, Kitagawa M, Akiyama Y, Shimomura K, Myrick F, Dowman AC, Grier RE: Amniotic fluid alpha-fetoprotein testing in native Japanese women. Prenatal Diagnosis 19:761-763, 1999
16. Yano T, Jimbo H, Yoshikawa H, Tsutsumi O, Taketani Y: Molecular analysis of clonality in ovarian endometrial cysts. Gynecologic and Obstetric Investigation 1999;47(# Suppl 1):41-46 1999
17. Kamei Y, Tsutsumi O, Yamakawa A, Oka Y, Taketani Y, Imaki J: Maternal EGF deficiency causes fetal hypoglycemia and intrauterine growth retardation in mice: Possible involvement of placental glucose transporter GLUT3 expression. Endocrinology 140(9):4236-4243 1999
18. Hiroi H, Inoue S, Watanabe T, Goto W, Orimo A, Momoeda M, Tsutsumi O, Taketani Y, and Muramatsu M: Differential immunolocalozation of estrogen receptor α and β in rat ovary and uterus. Journal of Molecular Endocrinology 1999 22:37-44 1999
19. Hiroi H, Momoeda M, Inoue S, Tsuchiya F, Matsumi H, Tsutsumi O, Muramatsu M, Taketani Y: Stage-specific expression of estrogen receptor subtypes and estrogen responsive finger protein in preimplantation mouse embryos. Endocrine Journal 1999 46: 153-158 1999
20. Takai Y, Tsutsumi O, Momoeda M, Osuga Y, Sadatsuki M, Kaibara M, Taketani Y: Non-functioning pituitary tumour after long-term treatment with gonadotrophin-releasing hormone agonists in a patient with vaginal agenesis who underwent neovaginoplasty and cauterization of endometriosis under laparoscopy. Human Reproduction 14: 2661-2614, 1999
21. Osuga Y, Tsutsumi O, Momoeda M, Okagaki R, Matsumi H, Hiroi H, Suenaga A, Yano T, Taketani Y: Evidence for the presence of hepatocyte growth factor (HGF) expression in human ovarian follicles. Molecular Human Reproduction 5: 703-707, 1999
22. Uechi H, Tsutsumi O, Morita Y, Takai Y, Taketani Y: Comparison of the effects of rapid and ultrarapid cryopreservation on mouse two-cell embryos and subsequent development. Human Reproduction 14:2827-2832, 1999
23. Igarashi T, Osuga Y, Tsutsumi O, et al: Expression of Ah receptor and dioxin-related genes in human uterine endometrium in women with or without endometriosis. Endocrine Journal.46:765-772, 1999
24. Hiroi H, Tsutsumi O, Momoeda M, et al: Differential interactions of bisphenol A and 17β-estradiol with estrogen receptor a (ERα) and ERβ. Endocrine Journal. 46:773-778, 1999
25. Osuga J, Ishibashi S, Oka T, Yagyu H, Tozawa R, Fujimoto A, Shionoiri F, Yahagi N, Kraemer FB, Tsutsumi O, and Yamada N: Targeted disruption of hormone-sensitive lipase results in male sterility and adipocyte hypertrophy, but not in obesity. Proc Natl Acad Sci U S A 97: 787-92, 2000.
26. Maruyama M, Osuga Y, Momoeda M, Yano T, Tsutsumi O, Taketani Y: Pregnancy rates after laparoscopic treatment. Differences related to tubal status and presence of endometriosis. J Reprod Med 45:89-93, 2000
27. Tsutsumi O, Momoeda M, Takai Y, Ono M, Taketani Y: Breast-fed infants, possibly exposed to dioxins in milk, have unexpectedly lower incidence of endometriosis in adult life. Int J Gynecol Obstet 68:151-153, 2000
28. Takai Y, Tsutsumi O, Ikezuki Y, Hiroi H, Osuga Y, Momoeda M, Yano T, Taketani Y: Estrogen receptor-mediated effects of a xenoestrogen, bisphenol A, on preimplantation mouse embryos [In Process Citation]. Biochem Biophys Res Commun 270:918-21, 2000
29. Okutsu T, Kuroiwa Y, Kagitani F, Kai M, Aisaka K, Tsutsumi O, Kaneko Y, Yokomori K, Surani MA, Kohda T, Kaneko-Ishino T, Ishino F. Expression and Imprinting Status of Human PEG8/IGF2AS, a Paternally Expressed Antisense Transcript from the IGF2 Locus, in Wilms' Tumors. J Biochem (Tokyo) 127:475-483, 2000
30. Morita Y, Nishii O, Kido M, Tsutsumi O: Parvovirus infection after laparoscopic hysterectomy utilizing fibrin glue hemostasis. Obstetrics and Gynecology 95:1026, 2000
31. Ikeda K, Sato M, Tsutsumi O, Tsuchiya F, Tsuneizumi M, Emi M, Imoto I, Inazawa J, Muramatsu M, Inoue S: Promoter analysis and chromosomal mapping of human EBAG9 gene. Biochem Biophys Res Commun in press, 2000
32. 堤 治:性分化異常 NEW産婦人科学 p.82-89, 矢嶋聡、中野仁雄、武谷雄二編 南江堂 東京 1998
33. 堤 治:卵胞内環境と卵の成熟 新女性医学大系 12巻排卵と月経 中山書店 p.206-217, 1998
34. 堤 治:性の決定と分化 図説産婦人科VIEW 31巻 不妊の基礎 メジカルビュー社 東京 14-23, 1998
35. 堤 治:腹腔鏡下子宮全摘術 術前術後マニュアル 出月康夫編 エキスパートナースMOOK 照林社 東京 246-248, 1998年
36. 堤 治:腹腔鏡検査 新女性医学大系 15巻 不妊・不育 中山書店 東京 p.104-112, 1998
37. 堤 治:母児間の栄養と細胞増殖因子epidermal growth factor 生物誕生と生物の生存戦略 1998
38. 堤 治:今日の治療指針1998年版 子宮外妊娠 p.733 医学書院東京 
39. 堤 治:腹腔鏡下手術の現況 臨床婦人科産科 52: 223-229, 1998
40. 堤 治、武谷雄二:卵・初期胚とアクチビン Hormone Frontier in Gynecology 5: 43-47, 1988
41. 堤 治:受精卵と初期胚 細胞 30: 122-125, 1998
42. 堤 治:不妊症治療における事故防止 周産期医学 28: 270-274, 1998
43. 堤 治:切迫早産における塩酸リトドリンの副作用と当帰芍薬散 産婦人科漢方研究のあゆみ 産婦人科漢方研究会編 15: 20-27, 1998
44. 堤 治:内視鏡手術の展開と看護 婦人科領域 オペナーシング 13: 484-487, 1998
45. 堤 治: 特集不妊治療の最前線 腹腔鏡下手術による不妊治療 日本医師会雑誌 120: 713-716, 1998
46. 堤 治:内分泌領域における内視鏡検査治療の進歩 序文 ホルモンと臨床 46: 739-740, 1998
47. 堤 治:腹腔鏡・子宮鏡検査 生体・機能検査のABC 日本医師会雑誌 120: S267-268, 1998
48. 堤 治:産婦人科における内視鏡手術の現況と将来 臨床婦人科産科 52: 1460-1463, 1998
49. 堤 治他:改訂版プリンシプル産科婦人科学2 坂元正一、水野正彦、武谷雄二監修 メジカルビュー社 東京 1998
50. 矢野哲、矢野直美、堤 治、武谷雄二:卵胞発育・閉鎖の調節機構 Hormone Frontier in Gynecology 5:増刊号 7-14, 1998
51. 高井泰、廣井久彦、堤 治:エストロゲン ホルモンと臨床98春期増刊図解ホルモンのすべて 医学の世界社 318-325, 1998
52. 矢野哲、矢野直美、松見泰宇、和田修、堤 治、武谷雄二:特集:生殖とアポトーシス「卵胞発育・閉鎖とアポトーシス」 Hormone Frontier in Gynecology 5: 123-129, 1998
53. 大須賀穣、難波聡、堤 治:性腺形成異常の診断治療における腹腔鏡 ホルモンと臨床 46: 783-790, 1998
54. 高井泰、堤 治:特大号/次回妊娠へのアドバイス「子宮外妊娠」 産科と婦人科 65: 1461-1465, 1998
55. 高井泰、堤 治:特集ここまで対処できる境界領域「半陰陽-性分化異常症」 産婦人科の実際 47: 1672-1679, 1998
56. 藤本晃久、堤 治、武谷雄二:特集卵をめぐる最近の話題 卵の減数分裂とc-mos癌遺伝子 産科と婦人科 65: 1711-1717, 1998
57. 堤 治:生殖医療のすべて 丸善ライブラリー 丸善出版 東京 1999
58. 堤 治、武谷雄二:特集・子宮内膜症 当科における子宮内膜症の診断と治療 産婦人科治療 78: 201-206, 1999
59. 堤 治:母乳分泌のメカニズム チャイルドヘルス 2:3-4, 1999
60. 堤 治:特集婦人科外来 子宮内膜症 臨床婦人科産科 53: 464-469, 1999
61. 堤 治、廣井久彦、末永昭彦:卵、胚のquality 新女性医学大系 16巻生殖補助医療 中山書店 196-207, 1999
62. 堤 治:ダイオキシンの初期胚発育への影響 第112回日本医学会シンポジウム記録集 内分泌撹乱物質(環境ホルモン)と健康障害 26-31, 1999
63. 堤 治:実地医家のためのKey Word解説「出生前診断」 medical forum CHUGAI 3: 35, 1999
64. 堤 治:女性の腹痛 ドクターサロン 43: 686-689, 1999
65. 堤 治:ダイオキシンとヒト生殖 日本産科婦人科学会雑誌 51: 705-715, 1999
66. 堤 治:内視鏡下手術 治療法 産科婦人科学 へるす出版 566-573, 1999
67. 堤 治:特集腹腔鏡下手術?ピットフォールからの脱出 企画者のことば 産婦人科の実際 48: 508, 1999
68. 矢野哲、矢野直美、松見泰宇、和田修、堤 治、武谷雄二:特集生殖生理とアポトーシス 卵胞閉鎖とアポトーシス 産婦人科の世界 51: 9-15, 1999
69. 高井泰、堤 治、武谷雄二、小林千浩、戸田達史:福山型筋ジストロフィーの出生前診断 Journal of Clinical Rehabilitation(臨床リハ) 8: 240-241, 1999
70. 大須賀穣、堤 治:特集腹腔鏡下手術?ピットフォールからの脱出 難度の高い子宮筋腫核出術における工夫 産婦人科の実際 48: 553-559, 1999
71. 小島俊行、石山巧、堤 治:特集女性のライフスタイル 妊娠・産褥 心療内科 3: 394-398, 1999
72. 木戸道子、石山巧、池田誠、西井修、竹内亨、小島俊行、加藤賢朗、堤 治:術前に付属器腫瘤と鑑別が困難であった結核性子宮留膿腫の一例 日産婦東京会誌 48: 515-519, 1999
73. 小島俊行、堤 治:妊娠合併感染症-風疹、トキソプラズマ、ヘルペス、水痘・帯状疱疹- 産婦人科の実際 48: 1849-1859, 1999
74. 堤 治:特集環境ホルモン 内分泌撹乱物質と卵・初期胚発育 産婦人科の世界 51: 95-101, 1999
75. 堤 治:内分泌撹乱物質(環境ホルモン)と生殖機能 日本母性保護産婦人科医報 51: 12-13, 1999
76. 堤 治、高井泰:内分泌撹乱物質の生殖機能への影響 産科と婦人科 66: 235-243, 1999
77. 堤 治:性分化異常の臨床 性差医学 5: 20-27, 1999
78. 堤 治:ダイオキシンの初期胚発育への影響 第112回日本医学会シンポジウム記録集 内分泌撹乱物質(環境ホルモン)と健康障害 26-31, 1999
79. 堤 治:特集環境ホルモン研究の展開 ダイオキシンと初期胚発育 医学のあゆみ 190: 735-738, 1999
80. 堤 治:環境ホルモンと不妊症 Pharma Medica17: 120-125, 1999
81. 堤 治:環境ホルモン汚染と問題点 日本産科婦人科学会雑誌 51: N211-214, 1999
82. 堤 治:ダイオキシンと生殖機能 日本医事新報 3910: 161, 1999
83. 堤 治:内分泌撹乱物質(環境ホルモン)と生殖機能 母子保健情報 39: 59-64, 1999
84. 堤 治:内分泌撹乱物質の生殖機能への影響-ダイオキシンと初期胚発育 科学 69: 502-505, 1999
85. 堤 治:ダイオキシンとヒト生殖 日本産科婦人科学会雑誌 51: 705-715, 1999
86. 堤 治:環境ホルモンと哺乳類の生殖機能 エコインダストリー 4;8: 13-19, 1999
87. 堤 治、甲賀かをり:子宮内膜症と環境因子 新女性医学大系 19巻子宮内膜症, 子宮腺筋症 中山書店 東京 261-269, 1999
88. 堤 治:環境ホルモンと子宮内膜症 臨床検査 43: 1657-1659, 1999
89. 堤 治:性分化異常の診断と治療 日本医事新報 3947: 113-114, 1999
90. 堤 治:内分泌攪乱化学物質とジェネティクス 生殖とジェネティクス-ART向上のための遺伝子学 鈴木秋悦他編 メディカルビュー 130-137 , 1999
91. 堤 治:外因性内分泌撹乱化学物質(環境ホルモン)の生体への影響と検査 環境ホルモン、特にダイオキシンの初期胚への影響 SRL宝函 23,2: 74-77, 1999
92. 堤 治:内分泌撹乱物質と生殖機能 Environ. Mutagen Res. 21: 287-292, 1999
93. 堤 治:性腺分化の異常:純粋型性腺形成不全症 性分化異常 新図説泌尿器科学講座 4: 77-79, 1999
94. 矢野哲、矢野直美、松見泰宇、和田修、堤 治、武谷雄二:特集生殖生理とアポトーシス 卵胞閉鎖とアポトーシス 産婦人科の世界 51: 9-15, 1999
95. 矢野哲、松見泰宇、矢野直美、和田修、堤 治、武谷雄二:特集生殖とNO NOと卵胞発育 Hormone Frontier in Gynecology 6: 19-23, 1999
96. 高井泰、堤 治:低用量ピルと環境ホルモン ホルモンと臨床 945-951, 1999
97. 高井泰、堤 治、武谷雄二:特集遺伝子疾患診療の未来 性分化異常 総合臨床 48: 126-130, 1999
98. 堤 治:内分泌撹乱物質 内分泌撹乱物質とその問題点 Bio Clinica 15,2: 16-17, 2000
99. 堤 治:環境ホルモンによる生殖障害 内科診療におけるpros.&cons. 内科85:569-572, 2000
100. 堤 治:レタスクリニック 子宮内膜症・前編 2000年1月25日号 14巻2号 p.61
101. 堤 治:レタスクリニック 子宮内膜症・前編 2000年2月10日号 14巻3号 p.88
学会発表
1. 堤 治:腹腔鏡下子宮内膜症根治術 ビデオセミナー子宮内膜症の手術 1998年2月8日 京都
2. 堤 治:性分化異常の臨床 第7回性差医学研究会 1998年2月28日 東京
3. 堤 治:腹腔鏡下手術とGnRHアゴニスト 東大茨城産婦人科集談会 1998年5月27日 水戸
4. 堤 治:子宮筋腫の治療とGnRHアゴニスト 群馬県GnRH研究会 1998年6月11日 前橋
5. 堤 治:ランチョンセミナー「腹腔鏡下手術」 第95回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 1998年6月21日 東京
6. 堤 治:内分泌撹乱物質(環境ホルモン)と生殖機能 第25回徳島不妊内分泌研究会 1998年9月17日 徳島
7. 堤 治:内分泌撹乱化学物質の女子性腺への影響 日本内分泌学会内分泌撹乱化学物質研究会 1998年9月27日 東京
8. 堤 治:環境ホルモンの正しい認識 東京都特別区職員研修会 1998年10月21日東京
9. 堤 治:環境ホルモンと卵・初期胚 第36回日本不妊学会東北支部総会 1998年10月24日 福島
10. 堤 治:ランチョンセミナー「不妊症の診断・治療と腹腔鏡」 第43回日本不妊学会 1998年11月12日 鹿児島
11. 堤 治:母乳哺育の安全性に関する統計的考察:母乳中に含まれる環境ホルモン(ダイオキシン類)が子宮内膜症の発症リスクとなりうるか 第43回日本不妊学会 1998年11月12日 鹿児島
12. 堤 治:内分泌撹乱物質ダイオキシンと卵・初期胚発育 アートフォーラム 1998年11月13日 鹿児島
13. 堤 治:ダイオキシンの初期胚発育への影響 日本医学会シンポ 環境ホルモンの健康への影響 1998年12月4日 東京
14. 堤 治:Presence of dioxins in human reproductive fluid and its action on the development of preimplantation mouse embryos 第1回環境ホルモン学会研究発表会 1998年12月12日 京都
15. 堤 治:婦人科領域の腹腔鏡下手術 第5回奈良県内視鏡下手術研究会 1999年1月23日 奈良
16. 堤 治:胎児発育の機序と病態に関する研究 小児医療研究委託事業研究報告会 1999年1月26日 東京
17. 堤 治:環境ホルモンと子宮内膜症 第20回エンドメトリオーシス研究会ランチョンセミナー 1999年1月29日 大宮
18. 堤 治:婦人科領域の腹腔鏡下手術 第6回北海道産婦人科内視鏡手術研究会 1999年2月13日 札幌
19. 堤 治:性腺・精巣組織における内分泌撹乱の実態の解明 科学技術庁振興調整費班会議 1999年2月16日 筑波
20. 堤 治:婦人科疾患への腹腔鏡下手術の応用 愛媛県婦人科腫瘍懇話会 1999年2月27日 松山
21. 堤 治:「環境ホルモンと生殖機能」 名古屋市立大学産婦人科同窓会特別講演 1999年3月6日 名古屋
22. 堤 治:環境ホルモンと子宮内膜症ー発生原因から最新の治療までー」 北総産婦人科医会学術講演会 1999年3月12日 柏
23. 堤 治:環境ホルモンと母性衛生 第25回広島県母性衛生学会 1999年3月13日 広島
24. 堤 治:「ヒトを含む哺乳類の生殖機能への内分泌撹乱物質の影響」群馬大学生体調節研究所セミナー 1999年3月23日 前橋
25. 堤 治、武谷雄二:出生前診断・着床前診断 第25回日本医学会総会 1999年4月4日 東京
26. 堤 治:環境ホルモン汚染と問題点 第51回日本産科婦人科学会総会レクチャーシリーズ 1999年4月10日 東京
27. 堤 治:環境ホルモンと子宮内膜症 第51回日本産科婦人科学会総会ランチョンセミー 1999年4月12日 東京
28. 堤 治:環境ホルモンと女性生殖機能 第87回日本泌尿器科学会総会 4月13日 大阪
29. 堤 治:女性と内分泌撹乱化学物質(環境ホルモン)「内分泌撹乱化学物質(環境ホルモン)と子宮内膜症や生殖機能への影響」 第3回女性健康研究会 1999年4月17日 東京
30. 堤 治:環境ホルモンと生殖機能 埼玉県産婦人科医会第11回周産期研究会 1999年4月24日 浦和
31. 堤 治:シンポジウム内分泌撹乱物質の作用機序と後世代影響ー環境変異原研究との接点 「内分泌撹乱物質と生殖機能」平成11度日本環境変異原学会公開シンポジウム 1999年5月28日 東京
32. 堤 治:「環境ホルモンと生殖機能」 城北産婦人科医会特別講演 1999年6月11日 東京
33. 堤 治:「環境ホルモンと生殖機能」 静岡県産婦人科学会特別講演 1999年6月12日 静岡
34. 堤 治:シンポジウム21世紀をめざした最先端の婦人科手術「21世紀をめざした婦人科腹腔鏡下手術」 第24回日本外科系連合学会 1999年6月25日 神戸
35. 堤 治:子宮内膜症とダイオキシン リュウープリン研究会 1999年6月25日 東京
36. 堤 治:内分泌撹乱物質と母性衛生 福井県母性衛生学会 1999年7月4日 福井
37. 堤 治:子宮内膜症とダイオキシン 八戸産婦人科医会特別講演 1999年7月14日 八戸
38. 堤 治:性分化の仕組みとその異常 埼玉県内分泌研究会 1999年7月24日 浦和
39. 堤 治:環境ホルモンと子宮内膜症 近畿エンドメトリオーシス研究会 1999年8月28日
40. 堤 治:環境ホルモンと生殖に関する問題 1999年度第1回日産婦・日母大分県支部研修会 大分 1999年9月3日 
41. 堤 治:内分泌撹乱物質の問題点 第10回志太・榛原地区内分泌勉強会 焼津 1999年9月9日
42. 堤 治、高井泰、廣井久彦、生月弓子、大須賀穣:ミニシンポジウム生殖機能を撹乱する外因性物質 内分泌撹乱化学物質と生殖機能 第92回日本繁殖生物学会・生殖内分泌学会ジョイントシンポジウム 1999年9月28日 仙台
43. 堤 治、森田豊、島内昌仁、末永昭彦、武谷雄二:シンポジウム発生・分化とその制御 初期胚発生とその制御 第92回日本繁殖生物学会・生殖内分泌学会ジョイントシンポジウム 1999年9月29日 仙台
44. 堤 治:内分泌攪乱物質と生殖 第11回白樺湖カンファランス 1999年10月10日 諏訪
45. 堤 治:子宮内膜症と環境ホルモン 都民カレッジ 生殖医療の最前線 1999年10月12日 東京
46. 堤 治:環境ホルモンと生殖機能 日本不妊学会ランチョンセミナー  1999年11月11日 東京
47. 堤 治:環境汚染と女性生殖機能 日本学術会議公開講座 地球環境と生殖 1999年11月11日 東京
48. 堤 治:環境ホルモンと産婦人科診療 TOG・SS会員とコ・メディカルの日帰りセミナー 1999年12月5日 東京
49. Tsutsumi O:Low dose effects of endocrine disruptors on preimplantation embryo development. International Symposium on Environmental Disruptors 99 Kobe December 10th, 1999
50. 堤 治:環境ホルモンと子宮内膜症 2000年1月8日 SSセミナー 東京
51. 堤 治:環境ホルモンと妊娠・母乳 第101回日産婦鹿児島県地方部会 2000年1月29日 鹿児島
52. 堤 治:ダイオキシン類の汚染状況及び子宮内膜症等健康影響に関する研究 平成10年度生活安全総合研究成果報告会(厚生科学研究費) 2000年2月15日東京
53. 堤 治:環境ホルモンとその問題点 第65回山口県医師会生涯研修セミナー・日本医師会生涯教育講座 2000年2月20日 山口
54. 堤 治:ヒトの性分化とその異常 第4回日本内分泌攪乱化学物質学会講演会 2000年2月28日 東京
55. 堤 治:内分泌攪乱物質と生殖医療 第5回鳥取生殖医学セミナー 2000年3月16日 米子
56. 堤 治:環境ホルモンと生殖機能 異分野交流セミナー八ヶ岳 2000年3月29日 八ヶ岳
57. 高井泰, 堤治, 廣井久彦, 藤本晃久, 末永昭彦, 亀井良政, 百枝幹雄, 矢野哲, 武谷雄二: マウス初期胚の発育に及ぼす内分泌撹乱物質ビスフェノールAの影響. 第51回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 1999年4月10-13日 東京
58. 高井泰, 堤治, 廣井久彦, 大須賀穣, 藤原敏博, 亀井良政, 百枝幹雄, 武谷雄二: マウス初期胚の発育に及ぼす内分泌撹乱物質ビスフェノールAのエストロゲンレセプターを介した影響. 第40回日本哺乳動物卵子学会 1999年5月27-28日 東京
59. 高井泰, 堤治, 廣井久彦, 大須賀穣, 百枝幹雄, 武谷雄二: マウス初期胚の発育に及ぼす内分泌撹乱物質ビスフェノールAのエストロゲンレセプターを介した影響. 第72回日本内分泌学会学術総会 1999年5月31日-6月2日 横浜
60. 高井泰, 甲斐裕子, 生月弓子, 廣井久彦, 大須賀穣, 藤原敏博, 百枝幹雄, 武谷雄二, 堤治: マウス初期胚の発育に及ぼす内分泌撹乱化学物質ビスフェノールAのエストロゲンレセプターを介した影響. 第17回日本受精着床学会 1999年7月8-9日 熊本
61. 高井泰, 堤治, 森田豊, 亀井良政, 武谷雄二: 胚発育と成長因子. 第23回日本産科婦人科栄養代謝研究会・シンポジウム「生殖と成長因子」 1999年7月29-30日 高知
62. Takai Y, Tsutsumi O, Uechi H, Sone H, Yonemoto J, Momoeda M, Tohyama C, Hashimoto S, Morita M, Taketani Y: PRESENCE OF DIOXINS IN HUMAN FOLLICULAR FLUID: THEIR POSSIBLE STAGE-SPECIFIC ACTION ON THE DEVELOPMENT OF PREIMPLANTATION MOUSE EMBRYOS. 19th International Symposium on Halogenated Environmental Organic Polllutants and POPs - DIOXIN99 1999年9月12-17日 Venice, Italy
63. 高井泰, 堤治, 生月弓子, 末永昭彦, 五十嵐敏雄, 岡垣竜吾, 大須賀穣, 藤原敏博, 百枝幹雄, 矢野哲, 橋本俊次, 米元純三, 遠山千春, 森田昌敏, 武谷雄二: ヒト脂肪組織中ダイオキシン類の検出と子宮内膜症の重症度による差異の検討. 第44回日本不妊学会 1999年11月11-12日 東京
64. 高井泰, 堤治, 生月弓子, 末永昭彦, 五十嵐敏雄, 岡垣竜吾, 大須賀穣, 藤原敏博, 百枝幹雄, 矢野哲, 宮原裕一, 米元純三, 遠山千春, 森田昌敏, 武谷雄二: ヒト脂肪組織中ダイオキシン類の検出と子宮内膜症の重症度による差異の検討. 第2回日本内分泌撹乱物質学会 1999年12月9-10日 神戸
65. Yutaka Osuga, Osamu Tsutsumi, Ryugo Okagaki, Mikio Momoeda, Hisahiko Hiroi, Akihiko Suenaga, Tetsu Yano, Yuji Taketani: Hepatocyte growth factor (HGF) as a possible physiological regulator in human ovarian follicles 第51回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 1999年4月12日 東京
66. 大須賀穣、堤 治、岡垣竜吾、高井泰、藤本晃久、末永昭彦、丸山正統、百枝幹雄、矢野 哲、武谷雄二:腹腔内貯留液中Hepatocyte Growth Factor ( HGF ) に関する検討 第17回日本受精着床学会 1999年7月8日 熊本
67. 五十嵐敏雄,大須賀譲,堤治,百枝幹雄,安藤佳代,松見泰宇,廣井久彦,高井泰,岡垣竜吾,藤原敏博,矢野哲,武谷雄二:ヒト子宮内膜における Ah レセプター及びダイオキシン関連遺伝子の発現 -子宮内膜症患者と非子宮内膜症患者における検討- 日本内分泌攪乱化学物質学会シンポジウム 1999年8月22日 東京
68. 五十嵐敏雄,大須賀譲,堤治,百枝幹雄,安藤佳代,松見泰宇,廣井久彦,高井泰,岡垣竜吾,藤原敏博,矢野哲,武谷雄二:子宮内膜症の有無とヒト子宮内膜における Ah receptor 及び dioxin関連遺伝子の発現 第44回日本不妊学会 1999年11月11-12日 東京
69. 五十嵐敏雄,大須賀譲,堤治,百枝幹雄,甲賀かをり,松見泰宇,廣井久彦,高井泰,岡垣竜吾,藤原敏博,矢野哲,武谷雄二:子宮内膜症の有無とヒト子宮内膜における Ah receptor 及びdioxin関連遺伝子の発現 Expression of Ah Receptor and Dioxin-Related Genes in Human Uterine Endometrium in Women with or without Endometriosis 第2回日本内分泌攪乱化学物質学会 1999年12月9-10日 神戸
70. Y.Ikezuki, O. Tsutsumi, Y. Takai, M. Momoeda, M. Ono2, and Y. Taketani: Breast-fed infants possibly exposed to dioxins in milk, compared to formula-fed infants, have unexpectedly lower incidence of endometriosis in later adult life. 19th International Symposium on Halogenated Environmental Organic Polllutants and POPs - DIOXIN99 1999年9月12-17日 Venice, Italy
71. 生月弓子、高井 泰、末永昭彦、五十嵐敏雄、岡垣竜吾、藤原敏博、大須賀穣、百枝幹雄、武谷雄二、米元純三、遠山千春、森田昌敏、堤 冶:男性不妊患者における血中ダイオキシン類濃度および各種パラメーターの検討 第44回日本不妊学会 1999年11月11-12日 東京
72. 生月弓子、高井 泰、末永昭彦、五十嵐敏雄、岡垣竜吾、藤原敏博、大須賀穣、百枝幹雄、武谷雄二、米元純三、遠山千春、森田昌敏、堤 冶:男性不妊患者における血中ダイオキシン類濃度および各種パラメーターの検討 第2回日本内分泌攪乱化学物質学会 1999年12月9-10日 神戸
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「内分泌かく乱物質」研究代表者 堤 治(東京大学医学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 堤 治. 内分泌かく乱物質 ヒトを含む哺乳類の生殖機能への内分泌かく乱物質の影響. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.914 - 917.

PAGE TOP