TOP > 研究報告検索 > 大脳皮質における短期シナプス抑制現象

大脳皮質における短期シナプス抑制現象

研究報告コード R000000010
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • Ryong-Moon Shin
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 大脳皮質における短期シナプス抑制現象
報告概要 ラット大脳皮質錐体細胞の興奮性シナプス後電位(EDSP)のシナプス短期可塑性を,多極同時測定電極(MED)に大脳皮質スライス標本を用いて測定した。代表的な短期可塑性の測定方法として二発刺激(paired pulse)を皮質IV層に与えII,III層からのEPSPの記録を行った。通常皮質錐体細胞では二発刺激試験によって軽度のdepression(paired-pulse depression:PPD)を示すがこれは抑制性神経細胞の働きによるものと考えられている。ところがGABAA受容体を薬理学的に抑制するとさらにPPDは増大した。GABAA受容体を抑制することによってEPSPは単シナプスに加えて多シナプス反応を示すようになった。この多シナプス反応の出現とPPDの増加が相関していることがわかった。またPPDの増加はGABAB受容体活性によるものではなく,部分的にNMDA受容体活性によるものであることが判明した。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 細胞膜の受容体
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、御子柴細胞制御プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • Ryong-Moon Shin. A novel form of heterosynaptic depression in the rat auditory cortex. 創造科学技術推進事業 御子柴細胞制御プロジェクトシンポジウム 『カルシウムを介する細胞内シグナル伝達のメカニズム』-受精から神経の発達と記憶まで- 講演要旨集(研究期間:1995-2000),2000. p.67 - 73.

PAGE TOP