TOP > 研究報告検索 > ブロック共重合体のミクロ相分離構造中のPdクラスタ形成の動力学

ブロック共重合体のミクロ相分離構造中のPdクラスタ形成の動力学

研究報告コード R000000039
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 橋本 竹治
  • 坂本 直紀
  • 原田 雅史
研究者所属機関
  • 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻
  • 旭化成工業(株)コンピューターサイエンス室
  • 奈良女子大学生活環境学部生活環境学科アパレル科学講座
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 ブロック共重合体のミクロ相分離構造中のPdクラスタ形成の動力学
報告概要 位置時間分解小角X線散乱(SAXS)により,ブロック共重合体のミクロ相分離構造中のナノメーター規模のパラジウム(Pd)クラスタの形成を明らかにした。Pdクラスタは,濃縮ポリイソプレン-ブロック-ポリ(2-ビニルピリジン)のジブロック共重合体溶液に溶解したPdイオンを,ベンジルアルコール中で還元して生成させた。Pdクラスタに対応するSAXS強度は,Pdクラスタの形成が進むとともに増加した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000039_01SUM.gif
研究分野
  • X線回折法
  • 共重合
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、橋本相分離構造プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 坂本 直紀,原田 雅史,橋本 竹治. Dynamics of Pd Cluster Formation in Microphase-separated Structures of Block Copolymers. 創造科学技術推進事業 橋本相分離構造プロジェクトHashimoto Polymer Phasing Project Symposium on Multicomponent Polymers and Polyelectrolytes.(研究期間:1993-1998),1998. p.35 - 36.

PAGE TOP