TOP > 研究報告検索 > 散乱法によるポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)ゲルの内部構造の解析

散乱法によるポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)ゲルの内部構造の解析

研究報告コード R000000045
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 岡本 拓也
  • 廣川 能嗣
  • 君島 康太郎
  • 陣内 浩司
  • 小泉 智
  • 橋本 竹治
研究者所属機関
  • 日本ゼオン(株)総合開発センター物性加工研究所
  • 日本ゼオン(株)総合開発センター素材第2研究グループ
  • 東燃化学(株)技術開発センター材料設計グループ
  • 京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科
  • 日本原子力研究所先端基礎研究センター
  • 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 日本原子力研究所先端基礎研究センター
報告名称 散乱法によるポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)ゲルの内部構造の解析
報告概要 ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)(PNIPAAm)ゲルの内部構造をレーザ光散乱法(LS)および小角中性子散乱法(SANS)により明らかにした。LS曲線は,密度の大きい(または小さい)重合体ネットワークドメイン間の間隔12ミクロンmに対応する最大値を示した。SANSの解析によって,密度の大きい重合体ネットワークドメインの微細な構造がゆるやかな重合体ネットワークと結合するミクロゲルから構成されていることが明らかになった。LSおよびSANS解析の結果からゲルは階層構造を有することが明らかになった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000045_01SUM.gif R000000045_02SUM.gif R000000045_03SUM.gif
研究分野
  • レーザの応用
  • 中性子回折法
  • 高分子溶液・融液のレオロジー
  • 高分子固体の構造と形態学
関連発表論文 (1)Y. Hirokawa, H. Jinnai, T. Okamoto, and T. Hashimoto, Polymer Preprints, Japan, 46 1918 (1997).
(2)T. Okamoto, Y. Hirokawa, K. Kimishima, H. Jinnai, S. Koizumi, and T. Hashimoto, Polymer Preprints, Japan, 46 1920 (1997).
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、橋本相分離構造プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 岡本 拓也,廣川 能嗣,君島 康太郎,陣内 浩司,小泉 智,橋本 竹治. Analysis of Internal Structures in Poly(N-isopropylacrylamide) Gel by Scattering Methods. 創造科学技術推進事業 橋本相分離構造プロジェクトHashimoto Polymer Phasing Project Symposium on Multicomponent Polymers and Polyelectrolytes.(研究期間:1993-1998),1998. p.61 - 64.

PAGE TOP