TOP > 研究報告検索 > 分裂酵母の挿入突然変異体の確立と有性生殖に関与する新規遺伝子の解析 非対称現象に関与する分子の探索

分裂酵母の挿入突然変異体の確立と有性生殖に関与する新規遺伝子の解析 非対称現象に関与する分子の探索

研究報告コード R000000070
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 饗庭 一博
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 分裂酵母の挿入突然変異体の確立と有性生殖に関与する新規遺伝子の解析 非対称現象に関与する分子の探索
報告概要 分裂酵母は通常半数体生物であるため突然変異体を得ることが容易であり,変異誘発剤などによって多くの変異体が得られているが,原因遺伝子の同定には時間がかかる。外来DNAの挿入によって遺伝子を破壊する挿入突然変異法では挿入位置の塩基配列の決定が容易である。そこで,分裂酵母の挿入突然変異法の確立を行い,有性生殖に変異のある挿入突然変異体の単離,および同定遺伝子の解析を行った。挿入突然変異法に用いるプラスミドpRIM1を酵母細胞に挿入し,pRIM1ゲノムの挿入がランダムに起きることを示した。挿入突然変異体の原因遺伝子として新たに9遺伝子を同定し,これらをgdi(1-9)と名付けた。変異表現型のレスキューや遺伝子破壊の結果は,同定したgdi遺伝子が有性生殖に関与していることを示していた。挿入突然変異法では変異誘発剤法にない利点があり,特に,ゲノム全塩基配列データから迅速な遺伝子の同定が可能になる点が顕著である。
研究分野
  • 遺伝的変異
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子発現
  • 細胞分裂・増殖
  • 分化,増殖,成長,生殖
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、土居バイオアシンメトリプロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 饗庭 一博. 分裂酵母の挿入突然変異体の確立と有性生殖に関与する新規遺伝子の解析 非対称現象に関与する分子の探索. 創造科学技術推進事業 土居バイオアシンメトリプロジェクトシンポジウム要旨集 生命における非対称性を探る…バイオインフォマティクスから発生生物学まで(研究期間:1995-2000),2000. p.11 - 12.

PAGE TOP