TOP > 研究報告検索 > 機能集積型高次構造を有する人工レセプター

機能集積型高次構造を有する人工レセプター

研究報告コード R000000081
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 久保 由治
研究者所属機関
  • 埼玉大学工学部応用化学科
研究機関
  • 埼玉大学工学部
報告名称 機能集積型高次構造を有する人工レセプター
報告概要 天然のレセプターに迫る「認識空間」を合成分子を通して構築し,そこへ多彩な化学的・物理的機能を連携させ,新しい分子システムに拡張することを検討した。物質認識空間を人工的に設計する方法論を確立し,高選択性,汎用性センサー材料や薬理学的作用の動作概念をモデル化した機能ユニットを開発するため,物質入力情報の処理・信号化や外部情報による機能コントロールを目標に標的分子を設計・合成した。チオウロニウム基がオキソアニオン類と強い親和性を発現することに着目し,不斉認識用センサーに拡張することを考え,ナフタレン-チオウロニウム型誘導体を合成・評価した。インドアニリン誘導型カリックス[4]クラウン-5はCa2+/K+の添加により,off/on/offシグナルコントロールを発現した。また,分子性機能制御システムとして非線形光学活性レセプター,不斉転写制御モデルを提案した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000081_01SUM.gif R000000081_02SUM.gif R000000081_03SUM.gif R000000081_04SUM.gif
研究分野
  • ナフタレン
  • 生体系モデル一般
  • 脳・神経系モデル
  • 分子・遺伝情報処理
関連発表論文 (1)S. Houbrechts, Y. Kubo, T. Tozawa, S. Tokita, T. Wada and H. Sasabe “Second-order nonlinear optical properties of functionalized ionophores: cation-steered modulation of the first hyperpolarizability” Angew. Chem. Int. Ed., 39, 3859-3862(2000).
(2)T. Tozawa, Y. Misawa, S. Tokita and Y. Kubo “A Regioselectively bis (thiourea)-substituted dibenzo-diaza-30-crown-10: a new strategy for the development of multi-site receptors” Tetrahedron Lett., 41, 5219-5223 (2000).
(3)Y. Kubo, M. Tsukahara, S. Ishihara and S. Tokita “A simple anion chemosensor based on a naphthalene-thiouronium dyad” Chem. Commun., 653-654 (2000).
(4)Y. Kubo, S. Obara and S. Tokita “Effective signal-control (off-on-off action) by metal ionic inputs on a new chromoionophore-based calix[4]crown” Chem. Commun., 2399-2400 (1999).
(5)Y. Kubo, Y. Murai, J. Yamanaka, S. Tokita and Y. Ishimaru “A new biphenyl-20-crown-6-derived zinc(II) porphyrin dimer with a potentially heterotropic allostery” Tetrahedron Lett., 40, 6019-6023 (1999).
研究制度
  • さきがけ研究21、「形とはたらき」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 久保 由治. 機能集積型高次構造を有する人工レセプター. 「さきがけ研究21」研究報告会「形とはたらき」領域講演要旨集(研究期間1997-2000), 2000. p.45 - 55.

PAGE TOP