TOP > 研究報告検索 > JSTにおける心表象

JSTにおける心表象

研究報告コード R000000087
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 宮下 保司
研究者所属機関
  • 東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻生理学講座
研究機関
  • 科学技術振興事業団 心表象プロジェクト
報告名称 JSTにおける心表象
報告概要 JSTが外国の公的研究機関などと行った国際共同研究事業の中の心表象プロジェクトのJSTにおける研究成果をまとめた。心表象プロジェクトは,
1)機能的磁気共鳴画像法(fMRI)と電気生理学的方法による認知特に視覚画像の脳のメカニズムを中心とする研究,
2)種々のノイズによって通常の双極子計算法が不可能な状況においてMEGデータを解析する新しい方法の開発,
3)fMRIによる脳科学および言語の統一,Broca領域の統語論的分化の解明から成る。共同研究の進展における心表象の一般的な影響を考察し,1)の領域において得られた主要な発見について述べた。
研究分野
  • 科学技術政策・制度・組織
  • 応用心理学
  • 脳・神経系モデル
関連発表論文 (1)Naya, Y., Yoshida, M. and Miyashita, Y. : Backward Spreading of Memory-Retrieval Signal in the Primate Temporal Cortex. Science 291, 661-664, 2001.
(2)Tokuyama, W., Okuno, H., Hashimoto, T., Li, Y.X. and Miyashita, Y.: BDNF upregulation during declarative memory formation in monkey inferior temporal cortex. Nature neuroscience 3, 1134-1142, 2000.
(3)Embick, D., Marantz, A., Miyashita, Y., O'Neil, W. and Sakai, K. : A syntactic specialization for Broca's area. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 97, 6150-6154, 2000.
(4)Tomita, H., Ohbayashi, M., Nakahara, K., Hasegawa, I. and Miyashita, Y.: Top-down signal originating from the prefrontal cortex for memory retrieval. Nature 401, 699-703, 1999.
(5)Hasegawa, I., Fukushima, T., Ihara, T. and Miyashita, Y.: Callosal window between prefrontal cortices: cognitive interaction to retrieve long-term memory. Science 281, 814-818, 1998.
(6)Konishi, S., Nakajima, K., Uchida, I., Kameyama, M., Nakahara, K., Sekihara K. and Miyashita, Y.: Transient activation of inferior prefrontal cortex during cognitive set shifting. Nature neuroscience 1, 80-84, 1998.
研究制度
  • 国際共同研究事業、心表象プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 宮下 保司. Mind Articulation at JST. 国際共同研究事業 心表象プロジェクト The Second International Symposium of JST-MIT Mind Articulation Project Image, Language, Brain.(研究期間:1996-2000),2000. p.1 - 3.

PAGE TOP