TOP > 研究報告検索 > 言語認知の機能の神経解剖学:空間的,時間的考察

言語認知の機能の神経解剖学:空間的,時間的考察

研究報告コード R000000090
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • David Poeppel
研究者所属機関
  • Cognitive Neuroscience of Language Laboratory Department of Linguistics, Department of Biology, University of Maryland College Park
研究機関
  • Cognitive Neuroscience of Language Laboratory Department of Linguistics, Department of Biology, University of Maryland College Park
報告名称 言語認知の機能の神経解剖学:空間的,時間的考察
報告概要 言語認知に関するこれまでの研究を概説し,時間非対称サンプリング(AST)モデルを提案した。特定の周波数帯において振動する活性度が,各半球(例えば,右半球の韻律分析に対する左半球の音声分割)の機能的な活性化と関連しているならば,関連する周波数帯は2つの半球において差別的に顕著であるという基本的な仮説を,スペクトルの複雑性の異なる聴覚刺激,リップル音(動的広帯域刺激)の表示中にMEG記録を行うことによって試験した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000090_01SUM.gif R000000090_02SUM.gif R000000090_03SUM.gif
研究分野
  • 聴覚・音声モデル
  • 神経科学一般
関連発表論文 (1)Hickok, G. & Poeppel, D. (2000) Towards a functional neuroanatomy of speech perception. Trends Cogn Sci 4: 131-138.
(2)Poeppel, D. (1996) A critical review of PET studies of phonological processing. Brain & Language 55: 317-351.
(3)Poeppel, D. et al. (2000,). High-frequency response asymmetry to auditory stimuli of varying spectral complexity. Paper presented at the Society for Neuroscience, New Orleans.
研究制度
  • 国際共同研究事業、心表象プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • David Poeppel. The functional neuroanatomy of speech perception: Spatial and temporal considerations. 国際共同研究事業 心表象プロジェクト The Second International Symposium of JST-MIT Mind Articulation Project Image, Language, Brain.(研究期間:1996-2000),2000. p.8 - 11.

PAGE TOP