TOP > 研究報告検索 > 脳における2種類の言語の階層構造

脳における2種類の言語の階層構造

研究報告コード R000000093
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • Colin Phillips
研究者所属機関
  • Cognitive Neuroscience of Language Laboratory: University of Maryland
研究機関
  • Cognitive Neuroscience of Language Laboratory: University of Maryland
報告名称 脳における2種類の言語の階層構造
報告概要 ヒトの脳が言語をどのようにして保持しているかを理解するために,脳が言語の要素をどのように集合してより大きな構造を形成するかを,音声学および統語論のレベルで明らかにした。言語の階層構造について少なくとも2つの全く異なる考えがあり,それぞれは脳のレベルの言語過程の異なるモデルを必要とする。階層構造の1つは明らかに有限で,脳の長期メモリに保存される。2つ目は無限で,そのために数百ミリ秒にわたって新しく構成される表現を創り出すことができるメカニズムが必要になる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000093_01SUM.gif R000000093_02SUM.gif R000000093_03SUM.gif
研究分野
  • 情報加工一般
  • 脳・神経系モデル
  • 聴覚・音声モデル
関連発表論文 (1)Phillips, C. (1998). Linear order and constituency. To appear in Linguistic Inquiry.
(2)Phillips, C. T. Pellathy, A. Marantz, E. Yellin et al. (2000a). Auditory cortex accesses phonological categories: An MEG mismatch study. Journal of Cognitive Neuroscience (in press).
(3)Phillips, C., T. Pellathy, & A. Marantz. (2000b). Phonological feature representations in auditory cortex. submitted.
(4)Phillips, C., T. Pellathy, B. Kabak & A. Marantz. (2000c). Auditory cortex representations of phonological features: Place of Articulation. Cognitive Neuroscience Society Abstracts, S124.
(5)Phillips, C. & K. Wong. (2000). Island constraints in parsing: how the parser solves a look-ahead problem. 13th annual CUNY Sentence Processing Conference, San Diego.
(6)Schneider, D. & C. Phillips. (2000). Grammatical search and reanalysis. Journal of Memory and Language (in press).
研究制度
  • 国際共同研究事業、心表象プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • Colin Phillips. Two Types of Hierarchical Linguistic Structure in the Brain. 国際共同研究事業 心表象プロジェクト The Second International Symposium of JST-MIT Mind Articulation Project Image, Language, Brain.(研究期間:1996-2000),2000. p.15 - 18.

PAGE TOP