TOP > 研究報告検索 > 発生・分化を制御するシグナル伝達機構

発生・分化を制御するシグナル伝達機構

研究報告コード R000000106
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 松本 邦弘
研究者所属機関
  • 名古屋大学大学院理学研究科
研究機関
  • 名古屋大学大学院理学研究科
報告名称 発生・分化を制御するシグナル伝達機構
報告概要 多細胞生物の発生・分化を制御するシグナル伝達機構に関する研究を概説した。近年の多細胞生物における個体構築の分子機構に関する研究から,形態形成・器官形成の過程には,線虫,ショウジョウバエから高等脊椎動物まで,種を越えて共通なシグナル分子による統一的な機構が存在することが明らかになった。シグナル伝達研究は,増殖因子受容体のシグナル伝達経路でERK型MAPキナーゼ(MAPK)カスケードの存在を明らかにし,JNK型,p38型MAPKカスケードが高等脊椎動物において発生,分化,アポトーシス等を制御していることが明らかになった。筆者らは新規MAPKカスケードの一員TAK1の解析から,発生・分化を制御するシグナル伝達路解明の手掛りを得,線虫においてTAK1カスケードが胚発生における細胞運命,細胞極性の決定に関与することを明らかにした。
研究分野
  • 細胞生理一般
  • 細胞分裂・増殖
  • 発生と分化
関連発表論文 (1)Nishiwaki, K., Hisamoto, N. & Matsumoto, K. A metalloprotease disintegrin that controls cell migration in Caenorhabditis elegans. Science 288: 2205-2208 (2000).
(2)Takaesu, G., Kishida, S., Hiyama, A., Yamaguchi, K., Shibuya, S., Irie, I., Ninomiya-Tsuji, J. & Matsumoto, K. TAB2, a novel adaptor protein, mediates activation of TAK1 MAPKKK by linking TAK1 to TRAF6 in the IL-1 signal transduction pathway. Mol. Cell 5: 649-658 (2000).
(3)Ninomiya-Tsuji, J., Kishimoto, K., Hiyama, A., Inoue, J., Cao, Z. & Matsumoto, K. The kinase TAK1 can activate the NIK-IκB as well as the MAP kinase cascade in the IL-1 signalling pathway. Nature 398: 252-256 (1999).
(4)Menegini, M.D., Ishitani, T., Carter, C., Hisamoto, N., Ninomiya-Tsuji, J., Thorpe, J., Matsumoto, K. & Bowerman, B. MAP kinase and Wnt pathways converge to downregulate an HMG-domain repressor in C. elegans. Nature 399: 793-797 (1999).
(5)Ishitani, T., Ninomiya-Tsuji, J., Nagai, S., Nishita, M., Menegini, M., Barker, N., Waterman, M., Bowerman, B., Clevers, H., Shibuya, H. & Matsumoto, K. The TAK1-NLK-MAPK related pathway antagonizes signalling between β-catenin and the transcription factor TCF. Nature 399: 798-802 (1999).
(6)Adachi-Yamada, T., Fujimura-Kamada, K., Nishida, Y. & Matsumoto, K. Distortion of proximodistal information causes JNK-dependent apoptosis in Drosophila wing. Nature 400: 166-169 (1999).
(7)Yamaguchi, K., Nagai, S., Ninomiya-Tsuji, J., Nishita, M., Tamai, K., Irie, K., Ueno, N., Nishida, E., Shibuya, H. & Matsumoto, K. XIAP, a cellular member of the inhibitor of apoptosis protein family, links the receptors to TAB1-TAK1 in the BMP signaling pathway. EMBO J. 18: 179-187 (1999).
(8)Kawasaki, M., Hisamoto, N., Iino, Y., Yamamoto, M., Ninomiya-Tsuji, J. & Matsumoto, K. A Caenorhabditis elegans JNK signal transduction pathway regulates coordinated movement via type-D GABAergic motor neurons. EMBO J. 18: 3604-3615 (1999).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生命活動のプログラム」研究代表者 松本 邦弘(名古屋大学大学院理学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 松本 邦弘. 発生・分化を制御するシグナル伝達機構. 戦略的基礎研究推進事業 生命活動のプログラム 第4回 領域シンポジウム 講演予稿集,2000. p.0 - 0.

PAGE TOP