TOP > 研究報告検索 > 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装

脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装

研究報告コード R000000107
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 合原 一幸
研究者所属機関
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科
研究機関
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科
報告名称 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装
報告概要 新しい発想に基づく脳型情報処理システムの構成理論と基盤技術を確立するために,同期型カオスニューラルネットワークモデルの時空間ダイナミクスと動的連想記憶や組み合わせ最適化などの情報処理能力との関係を理論的に明らかにし,カオスニューロン集積回路及びシナプス集積回路を設計してプロトタイプチップを製造した。また,非同期型カオスニューラルネットワークモデルやパルスプロパゲーションネットワークモデルを用いて,ニューラルネットワークにおける機能的結合とダイナミカルアセンブリの創発メカニズムを解析した。脳の動的時空間計算モデルから示唆される情報コーディングや情報処理メカニズムを実験的に検証するためのデータ解析方法を提案し,それらに基づく生理実験及びデータ解析を行った。
研究分野
  • 脳・神経系モデル
  • 情報処理
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「脳を創る」研究代表者 合原 一幸(東京大学大学院新領域創成科学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 合原 一幸. 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装. 戦略的基礎研究推進事業「脳を創る」第1回公開シンポジウム予稿集,2000. p.1 - 1.

PAGE TOP