TOP > 研究報告検索 > 細胞増殖の制御機構

細胞増殖の制御機構

研究報告コード R000000113
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 岸本 健雄
研究者所属機関
  • 東京工業大学大学院生命理工学研究科
研究機関
  • 東京工業大学大学院生命理工学研究科
報告名称 細胞増殖の制御機構
報告概要 細胞増殖制御の分子機構を細胞周期制御因子とシグナル伝達機構の連携にもとづいて明らかにするため,
1)卵細胞を主な材料として,卵成熟・初期発生・細胞分化の時間軸に沿って,シグナル伝達から細胞周期制御因子に至る経路の解析と;
2)哺乳動物由来の培養細胞系を主に用いて,細胞膜から核への増殖と分化等のシグナル伝達の分子機構およびそれに伴う細胞周期の制御を,GTP結合蛋白質の機能を中心に解析した。
1)では,細胞外刺激からM期開始の引金であるサイクリンB・Cdc2の活性化に至るシグナル伝達の全経路を同定できる可能性が判明した。さらに減数分裂の本質であるゲノム半減は,Mos-MAPキナーゼを介したシグナル伝達系が減数第二分裂を成立させることによるという点で,概ねの決着を得た。
2)では,Rasによって誘導される足場非依存性増殖に際し,低分子量GTP結合蛋白質であるRalが細胞周期の負の制御因子であるp27(Kip1)の細胞内の量を調節している可能性を示唆した。
研究分野
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 細胞生理一般
  • 細胞分裂・増殖
  • 動物の生化学
関連発表論文 (1)Kishimoto, T. (1999). Activation of MPF at meiosis reinitiation in starfish oocytes (Review). Develop. Biol. 214, 1-8.
(2)Kishimoto, T. (1999). Oocyte maturation and spawning in starfish. In Encyclopedia of Reproduction (Knobil, E, and Neill, J.D. eds.), vol.3, pp.481-488, Academic Press, San Diego.
(3)Uchida, A., Yorifuji, H., Lee, V. M.Y., Kishimoto, T. and Hisanaga, S. (1999). Neurofilaments of aged rats: The strengthened interneurofilament interaction and the reduced amount of NF-M. J. Neurosci. Res. 58, 337-348.
(4)Srsen, V., Kitazawa, H., Sugita, M., Murofushi, H., Bulinski, J.C., Kishimoto, T. and Hisanaga, S. (1999). Serum-dependent phosphorylation of human MAP4 at ser696 in cultured mammalian cells. Cell Struc. Funct. 24, 321-327.
(5)Kitazawa, H., Iida, J., Uchida, A., Haino-Fukushima, K., Itoh, T.J., Hotani, H., Ookata, K., Murofushi, H., Bulinski, J.C., Kishimoto, T. and Hisanaga, S. (2000). Ser787 in the proline-rich region of human MAP4 is a critical phosphorylation site that reduces its activity to promote tubulin polymerization. Cell Struc. Funct. 25, 33-39.
(6)Tokuoka, H., Saito, T., Yorifuji, H., Wei, F-Y., Kishimoto, T. and Hisanaga, S. (2000). Brain-derived neurotrophic factor-induced phosphorylation of neurofilament-H subunit in primary cultures of embryo rat cortical neurons. J. Cell Sci. 113, 1059-1068.
(7)岸本健雄 (1999).cdc2/MPF;サイクリンB.「BioScience用語ライブラリー/細胞周期 改訂第2版」(田矢・野島・花岡編)羊土社.
(8)岸本健雄 (2000).細胞増殖と細胞周期.「現代生物科学」第8章 (山田晃弘、中澤透編)放送大学.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生命活動のプログラム」研究代表者 岸本 健雄(東京工業大学大学院生命理工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 岸本 健雄. 生命活動のプログラム 細胞増殖の制御機構. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.20 - 24.

PAGE TOP