TOP > 研究報告検索 > 超好熱性古細菌転写因子ネットワークの構造生物学的解析

超好熱性古細菌転写因子ネットワークの構造生物学的解析

研究報告コード R000000125
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 鈴木 理
研究者所属機関
  • 経済産業省産業技術総合研究所(旧生命工学工業技術研究所)
研究機関
  • 経済産業省 産業技術総合研究所(旧生命工学工業技術研究所)
報告名称 超好熱性古細菌転写因子ネットワークの構造生物学的解析
報告概要 超好熱性古細菌の転写調節機構を系統的に解析することにより,
1)転写調節系全体像,
2)細胞内での生体高分子(蛋白質,核酸)の耐熱化機構,
3)古細菌を含めた三生物界の進化の機構の解明を行ない,
2)について成果を得た。好熱性古細菌Thermoplasma volcaniumのゲノム全塩基配列を決定,確認し,この配列を超好熱性もしくは常温性の微生物のゲノム配列と比較することにより,分子を一つの細胞システムへと統合し,高温で機能させるための要因が,また,超好熱性,好熱性古細菌由来の蛋白質の立体構造の決定,解析により,個々の分子を安定化するための具体的な要因が明らかとなった。T.volcaniumの最適生育温度は60度で,すでにその全塩基配列が決定されている超好熱性微生物(産業上有用な菌等,80~100度)と常温性微生物(病原菌や大腸菌等,37度付近に集中)の中間に位置していることが要因の同定に極めて重要であった。
研究分野
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 核酸一般
  • 遺伝子発現
  • 微生物の生化学
関連発表論文 (1)Suzuki M., An Outline of an Informatical Method for Identifying the Complete Set of Genes Using the DNA Sequence of a Whole Genome, Proceedings of the Japan Academy, B75, 81-86 (1999)
(2)Koike H., Kawashima T., and Suzuki M., Comparison of Archaebacterial Central Metabolic Pathways Using the Genomic DNA Sequences, Proceedings of the Japan Academy, B75, 101-106 (1999)
(3)Makino S., Amano N., Koike H., and Suzuki M., Prophages inserted in archaebacterial genomes, Proceedings of the Japan Academy, B75, 166-171 (1999)
(4)Kawashima T., Yamamoto Y., Aramaki H., Nunoshiba T., Kawamoto T., Watanabe K., Yamazaki M., Kanehori K., Amano N., Ohya Y., Makino K., and Suzuki M., Determination of the Complete Genomic DNA Sequence of Thermoplasma volcanium GSS1, Proceedings of the Japan Academy, B75, 213-218 (1999)
(5)Higuchi S., Kawashima T., and Suzuki M., Comparison of Pathways for Amino Acid Biosynthesis in Archaebacteria Using Their Genomic DNA Sequences, Proceedings of the Japan Academy, B75, 241-245 (1999)
(6)Koike H., Kawashima T., and Suzuki M., Enzymes Identified Using Genomic DNA Sequences Suggest Some Atypical Characteristics of de novo Biosynthesis of Purines in Archaebacteria, Proceedings of the Japan Academy, B75, 263-268 (1999)
(7)Makino S., Amano N., and Suzuki M., Visual Presentation of Complete Genomic DNA Sequences, and its Application to Identification of Gene-coding Regions, Proceedings of the Japan Academy, B75, 311-316 (1999)
(8)Koike H., Kawashima T., Yamamoto Y., Aramaki H., Kawamoto T., Nakamasu K., Noshiro M., Nunoshiba T., Watanabe K., Yamasaki M., Ohya Y., Amano N., Suckow J.M., Tateno M., Makino K., and Suzuki M., Determination of the Complete Genomic DNA Sequences of Thermoplasma volcanium GSS1, Microbial & Comparative Genomics, 4, 121 (1999)
(9)鈴木理「生命情報科学—ゲノム生物学と構造生物学を結ぶ—」『現代化学』No.341,30-38 東京化学同人 1999.8.
(10)鈴木理「21世紀の生命情報科学」『化学工業』第51巻1号,36-44 2000.1.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生命活動のプログラム」研究代表者 鈴木 理(生命工学工業技術研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 鈴木 理. 超好熱性古細菌転写因子ネットワークの構造生物学的解析. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.98 - 101.

PAGE TOP