TOP > 研究報告検索 > カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開

カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開

研究報告コード R000000136
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 飯野 正光
研究者所属機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
研究機関
  • 東京大学大学院医学系研究科
報告名称 カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開
報告概要 収縮,分泌,免疫,脳機能などに代表される生命維持に必須な生体機能の制御ケカニズムにおいて,Ca2+シグナルは極めて重要な役割を担っている。細胞下レベルのCa2+イメージング,分子機能解析,新規分子の探索を進めるとともに,組織レベルのCa2+イメージング,固体機能の解析を推進してきた。細胞内Ca2+放出機構の担当分子であるリアノジン受容体およびIP3受容体の分子的多様性と機能の関係を明らかにした。血圧制御に重要な役割を果たし得る,新しい血管平滑筋細胞のCa2+オシレーション機構を発見した。B細胞受容体刺激に続くCa2+動員制御機構にSHIPを介する新たな経路を発見した。細胞膜と細胞内Ca2+ストア膜の近接構造を規定する新規分子群を発見した。著しく高い空間解像度を持つ多光子励起画像システムを独自に構築し,外分泌腺房組織で開口放出過程の可視化解析に成功した。
研究分野
  • 生物物理的研究法
  • 生体の顕微鏡観察法
  • 免疫反応一般
  • 細胞膜の受容体
関連発表論文 (1)Hashimoto, A., Hirose,K., Okada, H., Kurosaki, T. and Iino, M. Inhibitory modulation of B cell receptor-mediated Ca2+ mobilization by Src homology 2 domain-containing inositol 5′-phosphatase. J. Biol. Chem. 274, 11203-11208, 1999.
(2)Hirose, K., Kadowaki, S., Tanabe, M., Takeshima, H. and Iino, M. Spatiotemporal dynamics of inositol 1,4,5-trisphosphate that underlies complex Ca2+ mobilization patterns. Science 284, 1527-1530, 1999.
(3)Asada, Y., Yamazawa, T., Hirose, K., Takasaka, T. and Iino, M. Dynamic Ca2+ signaling in rat arterial smooth muscle cells under the control of local renin-angiotensin system. J. Physiol. 521, 497-505, 1999.
(4)Nishi, M., Komazaki, S., Kurebayashi, N., Ogawa, Y., Noda, T., Iino, M. and Takeshima, H. Abnormal features in skeletal muscle from mice lacking Mitsugumin 29. J. Cell Biol. 147, 1473-1480, 1999.
(5)Hirose, K. Takeshima, H. and Iino, M. Fluorescent indicators for inositol 1,4,5-triphosphate based on bioconjugates of pleckstrin homology domain and fluorescent dyes. Anal. Commun. 36, 175-177, 1999.
(6)Inoue, T., Kikuchi, K., Hirose, K., Iino, M. and Nagao, T. Synthesis and elevation of 1-position-modified inositol 1,4,5-trosphosphate analogs. Bioorg. Med. Chem. Lett. 9, 1697-1702, 1999.
(7)Iino, M. Dynamic regulation of intracellular calcium signals through calcium release channels. Mol. Cell Biochem. 190, 185-190, 1999.
(8)Iino, M. Molecular aspects of the excitation-contraction coupling in skeletal muscle. Jpn. J. Physiol. 49, 323-333, 1999.
(9)Iino, M. Molecular basis of spatio-temporal dynamics in inositol 1,4,5-trisphosphate-mediated Ca2+ signalling. Jpn. J. Pharmacol. 82, 15-20, 2000.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 飯野 正光(東京大学大学院医学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 飯野 正光. 生体防御のメカニズム カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.147 - 151.

PAGE TOP