TOP > 研究報告検索 > 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明

植物の感染防御機構の生物有機化学的解明

研究報告コード R000000137
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 岩村 俶
研究者所属機関
  • 近畿大学生物理工学部
研究機関
  • 京都大学大学院農学研究科
報告名称 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明
報告概要 Dimethoxybenzoxazinoneがコムギにおいて誘導発現すること,benzoxazinone類生合成に関わるコムギゲノムおよび染色体の特定,トウモロコシ従属栄養期に発現するbenzoxazinone glucosyltransferaseの単離精製,オオムギ染色体添加系統コムギにおいてオオムギ防御物質hordatineの発現を明らかにした。エンバクのファイトアレキシンavenanthramide類の生合成過程のエリシターによる酵素活性の誘導を指標にした解析,およびアカツメグサにおけるヒドロキシ桂皮酸アミド類のジャスモン酸による誘導の解析を行なった。バナナ未熟果実より4つの新規フェニルフェナレノン型ファイトアレキシンを同定した。バナナのフェニルフェナレノンはcinnamic acid2分子とmalonic acid1分子から生合成されることを明らかにした。アブシジン酸の受容体探索のため,デキサメタソンとのヘテロダイマーを合成した。
研究分野
  • 生体物質一般
  • 細胞生理一般
  • 植物の生化学
  • 発生,成長,分化
関連発表論文 (1)Oikawa, A., Ebisui, K., Sue, M., Ishihara, A. and Iwamura, H. Purification and characterization of a β-glucosidase specific for 2,4-dihydroxy-7-methoxy-1,4-benzoxazin-3-one (DIMBOA) glucoside in maize. Z. Naturforsch, 54c, 181-185(1999)
(2)Ishihara, A., Ohtsu, Y. and Iwamura, H. Induction of biosynthetic enzymes for avenanthramides in elicitor-treated oat leaves. Planta, 208, 512-518(1999)
(3)Tanabe, J., Sue, M., Ishihara, A. and Iwamura, H. Occurrence and characterization of 2-hydroxy-1,4-benzoxazin-3-one and indole hydroxylases in juvenile wheat. Biosci. Biotechnol. Biochem., 63, 1614-1617(1999)
(4)Nomura, T., Sue, M., Horikoshi, R., Tebayashi, S., Ishihara, A., Endo, T.R. and Iwamura, H. Occurrence of hordatines, the barley antifungal compounds, in a wheat-barley chromosome addition line. Genes & Genetic Systems, 74, 99-103 (1999)
(5)Matsukawa, T., Isobe, T., Ishihara, A. and Iwamura, H. Occurrence of avenanthramides and hydroxycinnamoyl-coA: hydroxyanthranilate N-hydroxycinnamoyltransferase activity in oat seeds. Z. Naturforsh, 55c, 30-36 (2000)
(6)Sue, M., Ishihara, A. and Iwamura, H. Purification and characterization of a hydroxamic acid glucoside β-glucosidase from wheat (Triticum aestivum L.) seedlings. Planta, 210, 432-438(2000)
(7)Sue, M., Ishihara, A. and Iwamura, H. Purification and characterization of a β-glucosidase from rye (Secale cereale L.) seedlings. Plant Sci., 155, 67-74.(2000)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 岩村 俶(京都大学大学院農学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 岩村 俶. 生体防御のメカニズム 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.152 - 156.

PAGE TOP