TOP > 研究報告検索 > Fc受容体を介する生体防御システムの解析

Fc受容体を介する生体防御システムの解析

研究報告コード R000000140
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 高井 俊行
研究者所属機関
  • 東北大学加齢医学研究所
研究機関
  • 東北大学加齢医学研究所
報告名称 Fc受容体を介する生体防御システムの解析
報告概要 Fcレセプターγ(FcRγ)鎖欠損,Fcγレセプター(FcγR)IIB欠損,およびFcγRIII欠損マウス作成を完了し,さらにそれぞれの交配による二重欠損マウス,他の関連分子との二重欠損マウスなど,FcR関連分子群の生理機能を総合的に解析するためのセットが整い,これらミュータントを駆使して生体防御システムにおけるFcRの役割および疾患との関係の解析を推進した。さらにFcR近縁分子群として発見したPaired Immunoglobulin-like Receptor(PIR)分子群およびこの近縁分子gp49についても欠損マウス作成と生化学的解析を展開し,興味深い結果を得つつある。これら広い意味でのFcR関連分子ファミリーの解析によりアレルギー,自己免疫疾患,癌の制圧に向けた基礎研究の土台が構築され,今後の展開が期待される状況にある。
研究分野
  • 生体防御と免疫系一般
  • 動物の生化学
  • 免疫性疾患・アレルギー性疾患一般
関連発表論文 (1)Ono, M., Yuasa, T., Ra, C., and Takai, T. (1999) Stimulatory function of paired immunoglobulin-like receptor-A (PIR-A) in mast cell line by associating with subunits common to Fc receptors. J. Biol. Chem. 274: 30288-30296.
(2)Clynes, R., Maizes, J.S., Guinamard, R., Ono, M., Takai, T., and Ravetch, J.V. (1999) Modulation of immune complex induced inflammation in vivo by the coordinate expression of activation and inhibitory Fc receptors. J. Exp. Med. 189: 179-186.
(3)Yuasa, T., Kubo, S., Yoshino, T., Ujike, A., Matsumura, K., Ono, M., Ravetch, J.V., and Takai, T. (1999) Deletion of Fcγ RIIB renders H-2b mice susceptible to collagen-induced arthritis. J. Exp. Med. 189:187-194.
(4)Ujike, A., Ishikawa, Y., Ono, M., Yuasa, T., Yoshino, T., Fukumoto, M., Ravetch, J. V., and Takai, T. (1999) Modulation of IgE-mediated systemic anaphylaxis by low affinity Fc receptors for IgG. J. Exp. Med. 189: 1573-1579.
(5)Cortegano, I., del Pozo, V., Cardaba, B., Arrieta, I., Gallardo, S., Rojo, M., Aceituno, E., Takai, T., Verbeek, S., Palomino, P., Liu, F.-T., and Lahoz, C. (2000) Interaction between galectin-3 and Fcγ R II induces down-regulation of IL-5 gene: Implication of the promoter sequence IL-5RE III. Glycobiol. 10:237-242.
(6)Nakamura, A., Yuasa, T., Ujike, A., Ono, M., Nukiwa, T., Ravetch, J.V., Takai, T. (2000) Fcγ receptor IIB-deficient mice develop Goodpasture's syndrome upon immunization with type IV collagen: A novel murine model for autoimmune glomerular basement membrane disease. J. Exp. Med. 191: 899-906.
(7)Schiller, C., Janssen-Graalfs, I., Baumann, U., Schwerter-Strumpf, K., Izui, S., Takai, T., Schmidt, R.E., and Gessner, J.E. (2000) Mouse Fcγ R II is a negative regulator of Fc γ R III in IgG immune complex triggered inflammation but not in autoantibody induced hemolysis. Eur. J. Immunol. 30:481-490.
(8)Wakayama, H., Hasegawa, Y., Kawabe, T., Hara, T., Matsuo, S., Mizuno, M., Takai, T., Kikutani, H., Shimokata, K. (2000) Abolition of anti-glomerular basement membrane antibody-mediated glomerulonephritis in FcRγ-deficient mice. Eur. J. Immunol. 30: 1182-1190.
(9)高井俊行、小野栄夫、乾 匡範:NK活性とキラー抑制レセプター。臨床免疫31:40-46(1999)
(10)高井俊行、小野栄夫、乾 匡範、石川陽子:Igファミリーレセプターによる細胞活性化とDAP12。臨床免疫 33(1):130-136(2000)
(11)高井俊行、小野栄夫:FcγレセプターIIBを介するB細胞の負の制御機構。臨床免疫 32:320-324(1999)
(12)氏家あづさ、石川陽子、小野栄夫、高井俊行:FcγRIIBによるアレルギーの制御。アレルギー科 7:472-477(1999)
(13)氏家あづさ、小野栄夫、高井俊行:FcγレセプターIIB 臨床免疫 32:647-651(1999)
(14)小野栄夫、小林哲夫、石川陽子、吉江弘正、高井俊行:FcγレセプターIII 臨床免疫 32:652-656(1999)
(15)高井俊行、小野栄夫:活性化と抑制の両者を制御するPIR免疫1999-2000 36:46-54(1999)
(16)高井俊行、小野栄夫、久場川博三:PIRによる細胞活性化調節 AnnRev免疫2000 320-327、1999
(17)中村晃、氏家あづさ、石川陽子、小野栄夫、高井俊行:マスト細胞の活性化とFcγレセプター 臨床免疫
(18)小野栄夫、高井俊行:免疫グロブリンFc受容体を介した免疫抑制機構。化学と生物 38:154-160(2000)
(19)高井俊行:抗炎症薬の開発への新規自己免疫疾患モデル動物利用の可能性を探る(第20回日本炎症学会ワークショップ報告)。Medical Academy News.729号p.7薬事日報社 東京1999年。
(20)高井俊行:Fcレセプターとアナフィラキシー。アレルギー。48:1291-1295(1999)
(21)高井俊行:FcRとILRをつなぐもの 文部省科学研究費特定領域研究「免疫病の分子機構とその修復」ニュースレター8 pp19-21、2000.
(22)小野栄夫、竹田和彦、高井俊行:抑制性シグナル伝達分子。医学のあゆみ 192:1049-1055(2000)
(23)高井俊行、湯浅貴恵(分担執筆):細胞染色。「機器分析」pp.161-168講談社、東京 2000.
(24)高井俊行、小野栄夫、湯浅貴恵、氏家あづさ:Fcレセプターおよびキラー・レセプターによる免疫制御機構。第22回阿蘇シンポジウム記録集「免疫学のニューフロンティア」(渡邊 武、西村泰治、柳 雄介編)南山堂 東京 1999、pp67-78
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 高井 俊行(東北大学加齢医学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 高井 俊行. 生体防御のメカニズム Fc受容体を介する生体防御システムの解析. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.170 - 173.

PAGE TOP