TOP > 研究報告検索 > 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答

普遍的な生体防御機構としてのストレス応答

研究報告コード R000000141
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 永田 和宏
研究者所属機関
  • 京都大学再生医科学研究所
研究機関
  • 京都大学再生医科学研究所
報告名称 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答
報告概要 ストレス応答による生体防御機構を解明するため,転写制御因子によるストレス応答機構の解明とストレス蛋白質による生体防御の機構の解明を進めている。ヒトHSF4の遺伝子解析を行ない,HSF4には種々の選択的スプライスフォームが存在すること,またマウスにもHSF4ホモローグが存在することを明らかにした。HSP47ノックアウトマウスにおいては,I型,IV型コラーゲンのプロセシングに異常が起き,コラーゲン繊維や基底膜が形成されないことを明らかにした。酵母two hybrid systemに,ランダムペプチドライブラリーを用いて,HSP47によって認識されるコンセンサス配列の決定を試みた結果,Gly-X-Yのうち,Xの位置には常にプロリンを要求すること,Yの位置にはプロリン以外のアミノ酸が来ても認識されることが分かった。また,変性したルシフェラーゼは,まずHSP90に統合し,それがPA28に受け渡されて,20Sのプロテアソームに結合することを見いだした。
研究分野
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 生物学的機能
  • 遺伝学研究法
  • 生体防御と免疫系一般
  • 動物の生化学
関連発表論文 (1)Reactive oxygen species play an important role in the activation of haet shock factor 1 in ischemia-reperfused heart. J. NISHIZAWA, A. NAKAI, K. MATSUDA, T. BAN & K. NAGATA Circulation. 99(7):934-941 (1999)
(2)Human genome has a functional hsp47 gene (CBP2) and pseudogene (pshsp47). N. NAGAI, T. YORIHUZI, N. HOSOKAWA & K. NAGATA Gene. 227(2):241-248 (1999)
(3)The mammalian HSF4 gene generates both an activator and a repressor of heat shock genes by alternative splicing. M. TANABE, N. SASAI, K. NAGATA, X-D. LIU, P.C.C.LIU, D.J. THIELE & A. NAKAI. J. Biol. Chem. 274(39):27845-27856 (1999)
(4)Substrate recognition of collagen-specific molecular chaperone HSP47: Structural requirements and binding regulation. T. KOIDE, S. ASADA & K. NAGATA J. Biol. Chem. 274(49): 34523-34526 (1999)
(5)Separate cis-acting DNA elements control cell type- and tissue-specific expression of collagen-binding molecular chaperone HSP47. H. HIRATA, I. YAMAMURA, K. YASUDA, A. KOBAYASHI, H. TADA, M. SUZUKI, K. HIRAYOSHI, N. HOSOKAWA & K. NAGATA J. Biol. Chem. 274(50): 35703-35710 (1999)
(6)Effect of HSP47 on prolyl 4-hydroxylation of collagen model peptides. S. ASADA, T. KOIDE, H. YASUI & K. NAGATA Cell Struct. Funct. 24(4): 187-196 (1999)
(7)HSF3 is a major heat shock responsive factor during chicken embryonic development. Y. KAWAZOE, M. TANABE, N. SASAI, K. NAGATA & A. NAKAI Eur.J.Biochem. 265(2):688-697(1999)
(8)Enhancement of secretion of human procollagen I in mouse HSP47-expressing insect cells. M. TOMITA, K. YOSHIZATO, K. NAGATA & T. KITAJIMA J. Biochem. 126(6): 1118-1126 (1999)
(9)Procollagen binding to both prolyl 4-hydroxylase/protein disulfide isomerase and HSP47 within the endoplasmic reticulum in the absence of ascorbate. N. HOSOKAWA & K. NAGATA FEBS. Letters. 466(1): 19-25 (2000)
(10)Interaction of Collagen-specific Molecular Chaperone HSP47 with Collagen-model Peptides T. KOIDE, S. ASADA & K. NAGATA Peptide Science 1999 (Ed.N. Fujii)The Japanese Peptide Society, pp.17-20(2000)
(11)Regulation of heat shock transcription factors by hypoxia or ischemia/reperfusion in the heart and brain. J. NISHIZAWA & K. NAGATA Handbook of Experimental Pharmacology “Stress Proteins” Volume 136(Ed.Latchman. D.S.) Springer-Verlag 1999., pp.201-224.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 永田 和宏(京都大学再生医科学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 永田 和宏. 生体防御のメカニズム 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.174 - 179.

PAGE TOP