TOP > 研究報告検索 > サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療

サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療

研究報告コード R000000143
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 菅村 和夫
研究者所属機関
  • 東北大学大学院医学研究科
研究機関
  • 東北大学大学院医学系研究科
報告名称 サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療
報告概要 リンパ球の初期発生に必須なサイトカイン共通受容体γc鎖を介する細胞内シグナル伝達に関わると考えられる機能分子(STAM1,STAM2,AMSH)に関して,それらの各遺伝子の欠損マウスを作出した。それら単独欠損マウスでは免疫不全はみられなかったが,STAM1/2ダブル欠損マウスは胎仔死となることが分かった。TNFファミリー分子の一つであるOX40リガンドの欠損マウスを作出した結果,抗原提示機能不全を呈し,免疫不全になることを明らかにした。マウス胎仔の造血組織のin vitro培養系を用いて造血細胞の発生・増殖・分化・移行のプロセスに関与するサイトカイン,細胞内シグナル伝達分子,転写因子などの機能を解析した。造血幹細胞遺伝子治療のための選択的増幅遺伝子の開発,ならびにX連鎖重症複合免疫不全症やX連鎖慢性肉芽腫症の免疫不全マウスを用いた遺伝子治療モデル実験を行なった。
研究分野
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 生体防御と免疫系一般
  • 生体膜一般
  • 動物の生化学
  • 腫ようの化学・生化学・病理学
関連発表論文 (1)Murata, K., Ishii, N., Takano, H., Miura, S., Ndhlovu, L.C., Nose, M., Noda, T. and Sugamura, K.: Impairment of antigen-presenting cell function in mice lacking expression of OX40 ligand. J. Exp. Med., 191, 365-374, 2000
(2)Yaegashi, N., Niinuma, T., Chisaka, H., Uehara, S., Moffatt, S., Tada, K., Iwabuchi, M., Matsunaga, Y., Nakayama, M., Yutani, C., Osamura, Y., Hirayama, E., Okamura, K., Sugamura, K. and Yajima, A.: Parvovirus B19 infection induces apoptosis of erythroid cells in vitro and in vivo. J. Infection, 39, 68-76 (1999).
(3)Tanaka, N., Kaneko, K., Asao, H., Kasai, H., Endo, Y., Fujita, T., Takeshita, T. and Sugamura, K.: Possible involvement of a novel STAM-associated molecule “AMSH” in interacellular signal transduction mediated by cytokines. J. Biol.Chem., 274, 19129-19135, 1999.
(4)Yamada, A., Kubo, K., Takeshita, T., Harashima, T., Kawano, N., Mine, K., Sagawa, K., Sugamura, K. and Itoh, K.: Molecular cloning of a glycosyl phospatidylinositol-anchored molecule CDw108.J. Immunol., 162, 4094-4100, 1999.
(5)Asada, H., Ishii, N., Sasaki, Y., Endo, K., Kasai, H., Tanaka, N., Takeshita, T., Tsuchiya, S., Konno, T. and Sugamura, K.: Grf40, a novel Grb2 family member, is involved in T-cell signaling through interaction with SLP-76 and LAT.J.Exp.Med., 189, 1383-1390, 1999.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 菅村 和夫(東北大学大学院医学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 菅村 和夫. 生体防御のメカニズム サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.185 - 190.

PAGE TOP