TOP > 研究報告検索 > 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御

遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御

研究報告コード R000000149
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 大橋 祐子
研究者所属機関
  • 農林水産省 農業生物資源研究所
研究機関
  • 農林水産省 農業生物資源研究所
報告名称 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御
報告概要 導入遺伝子の不活性化すなわちジーンサイレンシングが,遺伝子組換え植物の中で頻繁に起ることが問題になっている。また,一度不活性化された遺伝子が再活性化する例も知られている。そこで,遺伝子の不活性化を外来異種遺伝子の発現を抑えるための植物の自己防御の1つの形としてとらえ,植物の病気や傷害に対する自己防御機構解明の研究の一部として解析した。これらの研究は,広義の遺伝子発現制御による植物の自己防衛機構の解明に貢献すると共に,導入遺伝子や内在性の遺伝子発現の人為的制御法開発にもつながることから,応用面でもより質の高い有用組換え植物作出等に役立つものと考えた。研究内容としては,
1)病・傷害情報伝達系の解析,
2)導入遺伝子不活性化の機構解析,
3)遺伝子の不活性化の分子遺伝学的解析,
4)DNAメチル化による遺伝子発現の制御,
について行った。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子操作
  • 植物生理学一般
  • 作物の品種改良
関連発表論文 (1)Hiraga, S., Ito, H., Sasaki, K., Yamakawa, H., Mitsuhara, I., Toshima, H., Matsui, H., Honma, M. and Ohashi, Y. (2000). Wound-induced expression of a tobacco peroxidase is not enhanced by ethephon and suppressed by methyl jasmonate and coronatine. Plant Cell Physiol. 41: 165-170.
(2)Ito, H., Hiraga, S., Tsugawa, H., Matsui, H., Honma, M., Otsuki, Y., Murakami, T. and Ohashi, Y. (2000). Xylem-specific expression of wound-inducible rice peroxidase genes in transgenic plants. Plant Science 13:210-216.
(3)Kosugi, S. and Ohashi, Y. (2000). Cloning and DNA-binding properties of a tobacco Ethylene-Insensitive3 (EIN3) homolog. Nucleic Acids Res. 28: 960-967.
(4)Hiraga, S., Ito, H., Yamakawa, H., Ohtsubo, N., Seo, S., Mitsuhara, I., Matsui, H., Honma, M. and Ohashi, Y. (1999). An HR-Induced tobacco peroxidase gene is responsive to spermine, but not to salicylate, methyl jasmonate and ethephon. Molecular Plant-Microbe Interactions 13:210-216.
(5)Hiraga, S., Ito, H., Matsui, H., Honma, M. and Ohashi, Y. (1999). cDNA sequences for two novel tobacco peroxidase isoenzymes. Plant Physiol. 120: 1205-1207.
(6)Ito, N., Seo, S., Ohtsubo, N., Nakagawa, N. and Ohashi, Y. (1999). Involvement of proteasome-ubiquitin system in wound-signaling in tobacco plants. Plant Cell Physiol. 40:355-360.
(7)Mitsuhara, I., Malik,K. A. Miura, M., and Ohashi, Y. (1999). Animal cell-death suppressors Bcl-xL and Ced-9 inhibit cell death in tobacco plants. Curr. Biol. 9: 775-778.
(8)Ohshima, M., Mitsuhara, I., Okamoto, M., Sawano, S., Nishiyama, K., Kaku, H., Natori, S. and Ohashi, Y. (1999). Enhanced resistance to bacterial diseases of transgenic tobacco plants overexpressing sarcotoxin IA, a bactericidal peptide of insect. J. Biochem. 125: 431-435.
(9)Ohtsubo, N., Mitsuhara, I., Koga, M., Seo, S. and Ohashi, Y. (1999). Ethylene promotes the necrotic lesion formation and basic PR gene expression in TMV-infected tobacco. Plant Cell Physiol. 40: 808-817.
(10)Seo, S., Sano, H. and Ohashi, Y. (1999). Jasmonate-based wound signal transduction requires activation of WIPK, a tobacco mitogen-activated protein kinase. Plant Cell 11: 289-98.
(11)Seo, S. and Ohashi, Y. (1999). Mitogen-Activated Protein Kinases and Wound Stress. Results and Problems in Cell Differentiation vol. 27 -MAP Kinases in Plant Signal Trunsduction- p53-63.
(12)光原一朗,三浦正幸,大橋祐子 (1999).細胞死抑制機構は動物と植物で保存されているか?-Bcl-xL/Ced-9による植物の細胞死抑制-.細胞工学 18:1280-1283.
(13)瀬尾茂美,大橋祐子(1999).植物の細胞死と耐病性.研究ジャーナル 22:21-26
(14)大橋祐子(1999).傷害に対する応答概説.蛋白質 核酸 酵素 Vol.44No.15 p2345-2346
(15)瀬尾茂美,伊藤直子,大橋祐子(1999).傷害応答におけるシグナル伝達.蛋白質 核酸 酵素 Vol.44No.15 p2347-2352
(16)大橋祐子(1999).作物に対する耐病性遺伝子の導入,農業環境を守る微生物利用技術 家の光協会 p59-73
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 大橋 祐子(農業生物資源研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 大橋 祐子. 生体防御のメカニズム 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.220 - 224.

PAGE TOP