TOP > 研究報告検索 > 細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御

細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御

研究報告コード R000000150
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 岡田 泰伸
研究者所属機関
  • 文部科学省 岡崎国立共同研究機構生理学研究所
研究機関
  • 文部科学省 岡崎国立共同研究機構生理学研究所
報告名称 細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御
報告概要 浸透圧性膨張直後の容積調節(Regulatory Volume Decrease:RVD)の分子メカニズムを解明し,病的条件におけるその破綻による細胞死のメカニズムを明らかにし,それを防御するための分子戦略を確立することを目的としている。そのために,RVDに関与するチャネル,トランスポータ,レセプター分子を同定すること,その活性化メカニズムを明らかにすること,更に,虚血性細胞死およびプログラム細胞死とRVD異常の関係を明らかにすることに取り組んだ。
研究内容としては,脳細胞,心筋細胞,上皮細胞におけるRVDメカニズムを分子レベルで解明し,心筋細胞,脳神経・グリア細胞および上皮細胞の病的条件下におけるRVD破綻の分子機構を解明し,それを防御するための分子論的戦略を確立するために行った。具体的には,
1)RVDメカニズムの生理学的解明,
2)RVD機能蛋白の分子論的同定,
3)虚血性細胞死・プログラム細胞死におけるRVD異常,
について行った。
研究分野
  • 細胞生理一般
  • 細胞構成体の機能
  • 細胞膜の輸送
関連発表論文 (1)Hazama A, Shimizu T, Ando-Akatsuka Y, Hayashi S, Tanaka S, Maeno E & Okada Y (1999) Swelling-induced, CFTR-independent ATP release from a human epithelial cell line. Lack of correlation with volume-sensitive Cl- channels. J Gen Physiol 114: 525-533
(2)Sabirov RZ, Azimov RR, Ando-Akatsuka Y, Miyoshi E & Okada Y (1999) Na+ sensitivity of ROMK1 K+ channel: Role of the Na+/H+ antiporter. J Membrane Biol 172:67-76
(3)Okada Y (1999) A scaffolding for regulation of volume-sensitive Cl- channels. J Physiol (London) 520: 2 [Perspectives]
(4)Hazama A, Fan H, Abdullaev I, Maeno E, Tanaka S, Ando-Akatsuka Y & Okada Y (2000) Swelling-activated, cystic fibrosis transmembrane conductance regulatoraugmented ATP release and Cl- conductances in C127 cells. J. Physiol. (London) 523: 1-11
(5)Dezaki K, Tsumura T, Maeno E and Okada Y (2000) Receptor-mediated facilitation of cell volume regulation by swelling-induced ATP release in human epithelial cells. Jpn J Physiol 50: 235-241
(6)Morishima S, Shimizu T, Kida H and Okada Y (2000) Volume expansion sensitivity of swelling-activated Cl- channel in human epithelial cells. Jpn J Physiol 50: 277-280
(7)Maeno E, Ishizaki Y, Kanaseki T, Hazama A and Okada Y (2000) Normotonic cell shrinkage due to disordered volume regulation is an early prerequisite to apoptosis. Proc Natl Acad Sci USA 97: 9487-9492
(8)Shimizu T, Morishima S and Okada Y (2000) Ca2+-sensing receptor-mediated regulation of volume-sensitive Cl- channels in human epithelial cells. J Physiol (London) 528: 457-472
(9)Okada Y, Hazama A, Abdullaev I, Tanaka S, Ando-Akatsuka Y, Shimizu T, Sabirov RZ, Hayashi S and Fan H-T (2000) Cell volume-sensitive Cl- channel and ATP release. In, "Control and Disease of Sodium Dependent Transportation Proteins and Ion Channels "(eds. Y. Suketa, E. Carafoli, M. Lazdunski, K. Mikoshiba, Y. Okada and E. M. Wright) pp 261-264, Elsevier, Amsterdam
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 岡田 泰伸(岡崎国立共同研究機構生理学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 岡田 泰伸. 生体防御のメカニズム 細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.225 - 229.

PAGE TOP