TOP > 研究報告検索 > 高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を軸機とする立体選択的構築

高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を軸機とする立体選択的構築

研究報告コード R000000178
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 福山 透
研究者所属機関
  • 東京大学大学院薬学系研究科
研究機関
  • 東京大学大学院薬学系研究科
報告名称 高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を軸機とする立体選択的構築
報告概要 光学活性な医薬品の実用的合成を目的として,まず高次構造有機分子の立体選択的構築を研究し,抗腫瘍活性を有するエクチナサイジン743を初め,CP-263,114,リポグラミスチン-A,エフェドラジンA,FR901483,カタランチン,ビンブラスチン,ビンドリンの合成に成功した(図1参照)。また,異種金属含有不斉触媒を用いた炭素-炭素結合生成反応についても研究し,新規不斉配位子連結BINOLを設計し,配位性のヘテロ原子として酸素原子をリンカーに導入した配位子が4-メトキシフェノールによるメソエポキシドの不斉開環反応に有効であることが分かった。本触媒を用いると,GaLBの場合に見られた配位子交換や配位子とエポキシドとの副反応は完全に抑制できる。キラル塩基を用いる不斉触媒反応の開発も行っていて,リチウムエノラートの合成と反応を不斉化,更には不斉触媒化することを目的として,図2に示す不斉アルキル化反応,図3に示す不斉アシル化反応について研究した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000178_01SUM.gif R000000178_02SUM.gif R000000178_03SUM.gif
研究分野
  • 反応速度論・触媒一般
  • 転位反応,異性化
  • 反応の立体化学
  • 薬物の合成
関連発表論文 (1)T. Fukuyama, M. Cheung and T. Kan, “N-Carboalkoxy-2-Nitrobenzenesulfonamides: A Practical Preparation of N-Boc-, N-Alloc-, and N-Cbz-Protected Primary Amines,” Synlett., 1301-1303 (1999).
(2)A. Endoh, T. Kan, and T. Fukuyama, “Synthetic Study on Ecteinascidin 743 Starting from D-Glucose,” Synlett., 1103-1105, (1999).
(3)Y. Hidai, T. Kan, and T. Fukuyama, “Total Synthesis of Polyamine Toxin HO-416b Utilizing the 2-Nitrobenzenesulfonamide Protecting Group,” Tetrahedron. Lett., 40, 4711-4714 (1999)
(4)M.T. Reding and T. Fukuyama, “Stereocontrolled Total Synthesis of (±)-Catharanthine via Radical-Mediated Indole Formation,” Org. Lett., 1, 973-976 (1999).
(5)Y. Kobayashi, T. Fujimoto, and T. Fukuyama, “Stereocontrolled Total Synthesis of (+)-K252a,” J. Am. Chem. Soc., 121, 6501-6502 (1999).
(6)H. Tokuyama, T. Yamashita, M.T. Reding, Y. Kaburagi, and T. Fukuyama, “Radical Cyclization of 2-Alkenylthioanilides: A Novel Synthesis of 2,3-Disubstitudesd Indoles,” J. Am. Chem. Soc., 121, 3791-3792 (1999).
(7)S. Kobayashi, Ge Peng, and T. Fukuyama “Efficient Total Synthesis of (±)-Vincadifformine and (-)-Tabersonine,” Tetrahedron Lett., 40, 1519-1522 (1999).
(8)H. Tokuyama, Y. Kaburagi, X. Chen and T. Fukuyama, “Synthesis of 2,3-Disubstitudesd Indoles by Palladium Mediated Coupling of 2-Indoles,” Synthesis, 428-434 (2000).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 福山 透(東京大学大学院薬学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 福山 透. 単一分子・原子レベルの反応制御 高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を軸機とする立体選択的構築. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.376 - 382.

PAGE TOP