TOP > 研究報告検索 > 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー

低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー

研究報告コード R000000182
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 鯉沼 秀臣
研究者所属機関
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
研究機関
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
報告名称 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー
報告概要 人工的に設計された組成,超格子,ナノデバイスの超高速合成法を開発し,新たな物質機能を探索することを目指して計算機シュミレーションプログラムや高速評価装置を改良し,コンビナトリアル手法をデバイスプロセスなどに適用した。高速評価法については走査型SQUID顕微鏡を用いた高速磁気特性評価法の共同研究,一括X線回折装置の共同開発などコンビナトリアル合成に見合った高速評価法の開発に進展をみた。鯉沼らは非線形光学結晶の一つであるGdYCOBの基板材料としての平坦化技術を確立した。宮本らは有限温度下での化学反応をシュミレーションできる高速化量子分子動力学法を開発し,我々は結晶成長シュミレータMOMODYをを用いてハイヤーオーダーエピタキシ機構を解明した。瀬川らはZnO薄膜ライブラリの光学スペクトルを測定し,山本らは真空蒸着およびPLDの双方で蛍光特性を有する有機π共役分子材料の薄膜作成の最適化とpn接合などのデバイス構造のコンビナトリアル合成を行った。
研究分野
  • 結晶成長技術・装置
  • 薄膜成長技術・装置
  • 固体デバイス製造技術一般
  • ダイオード
関連発表論文 (1)M. Yoshimoto, K. Yoshida, H. Maruta, Y. Hishitani, H. Koinuma, S. Nisho, M. Kakihana, and T. Tchibana, Epitaxial diamond growth on sapphire in an oxidizing environment, Nature, 398[6734], 340-342 (1999)
(2)T. Ohnishi, K. Takahashi, J. Nakamura, M. Kawasaki, M. Yoshimoto, and H. Koinuma, A-site Terminated Perovskite Substrate: NdGaO3, Appl. Phys. Lett., 74, 2531-2533 (1999)
(3)A. Ohtomo, M. Kawasaki, I. Ohkubo, H. Koinuma, T. Yasuda, and Y. Segawa, Structure and optical properties of ZnO/Mg0.2Zn0.8O superlattices, Appl. Phys. Lett., 75, 980-982 (1999).
(4)A. Ohtomo, K. Tamura, K. Saikusa, K. Takahashi, T. Makino, Y. Segawa, H. Koinuma, M. Kawasaki, Single crystalline ZnO films grown on lattice matched ScAlMgO4 (0001) substrates, Appl. Phys. Lett., 75, 2635-2637 (1999)
(5)I. Ohkubo, A. Ohtomo, T. Ohnishi, Y. Matsumoto, H. Koinuma, M. Kawasaki, In-Plane and polar orientations of ZnO thin films grown on atomically sapphire, Surf. Sci. Lett., 443, L1043-1048 (1999)
(6)X.G. Qiu, H. Koinuma, M. Iwasaki, M. Kawasaki, Y. Segawa, Influence of annealing oxygen pressure on in-plane epitaxy and twinning in (110) YBa2Cu3O7-d thin films, Phys. Rev. B, 60, 707-712 (1999)
(7)H. Koinuma, T. Koida, T. Ohnishi, D. Komiyama, M. Lippmaa, M. Kawasaki, Parallel fabrication of artificially designed superlattices by combinatorial laser MBE, Appl. Phys. A, 69, S29-S31 (1999)
(8)Y. Matsumoto, M. Murakami, Z.W. Jin, A. Ohtomo, M. Lippmaa, M. Kawasaki, and H. Koinuma, Combinatorial Laser Molecular Beam Epitaxy (MBE) Growth of Mg-Zn-O Alloy for Band Gap Engineering, Jpn. J. Appl. Phys., 38, L603-L605 (1999)
(9)H. Koinuma, Laser MBE as a Promising New Technology for Photoreaction Control and Photofunctional Oxide Synthesis, Proc. 2nd NIMC Int'l Symp. on Photoreaction control and Photofunctional Materials, 51 (1999)
(10)H. Koinuma, Combinatorial Technology for High Throughput Screening of New Materials and Devices, Proc. 2nd Int'l Symp. on Electronic Materials between Korea and Japan (TaeJon, 5/7/99) Appendix, 1-2 (1999)
(11)T. Ohnishi, M. Lippmaa, D. Komiyama, H. Koinuma, and M. Kawasaki, Parallel Synthesis of Perovskite Superlattices Controlled by scanning RHEED, Proceedings of the third Symposium on Atomic Scale Surface and Interface Dynamics, 3, 125-130 (1999)
(12)M. Kawasaki, B.D. Choi, T. Itoh, K.S. Yun, and H. Koinuma, Tri-phase epitaxy for single crystalline superconducting thin films, Proceedings of the third Symposium on Atomic Scale Surface and Interface Dynamics, 3, 151-155 (1999)
(13)松本祐司、鯉沼秀臣、「コンビナトリアルケミストリーによる無機材料のハイスループット開発」、セラミックス,34,373-376(1999)
(14)川崎雅司、藤本英司、土屋龍太、M.Lippmaa、佐藤弘、赤穂博司、鯉沼秀臣、「高温超伝導体積層型SISジョセフソン接合と酸化物界面工学」応用物理,68,391-396(1999)
(15)鯉沼秀臣、「量子力学の物理から化学へ—材料科学の新たな展開—」、化学,54[12],43-45(1999)
(16)鯉沼秀臣、「情報通信 —デバイス開発とコンビナトリアルケミストリー」、化学技術ジャーナル,6,20-21(1999)
(17)鯉沼秀臣、宮崎香織、「Combinatorial Chemistry-材料開発の新しい方法論(Combinatorial Chemistry、Innovative Methodology for Material Development)」(総説)マテリアルインテグレイション,12,52-55(1999)
(18)鯉沼秀臣、大橋智、大西剛、「酸化物エレクトロニクス」、電子情報通信学会誌,82,1018-1022(1999)
(19)鯉沼秀臣、「高温超伝導物質の開発と最新分析技術」第9回湘南ハイテクセミナーテキスト,61-63(1999)
(20)鯉沼秀臣「酸化物薄膜の次元制御エピタキシと光デバイス応用」短波長光デバイス第162委員会 第13会研究会資料(解説),1-10(1999)
(21)鯉沼秀臣、宮崎香織、「コンビナトリアルケミストリーによる材料開発と計算化学」、計算化学討論会講演集,68,(1999)
(22)鯉沼秀臣、「高温超伝導薄膜研究の贈り物 酸化物の原子レベル構造制御と光超機能」、1999旭硝子財団研究助成成果発表会 予稿集,(1999)1-6
(23)鯉沼秀臣、「コンビナトリアルケミストリーの材料科学への応用」、第19回武井セミナーテキスト,(1999)26-33
(24)X.G. Qiu, Y. Segawa, M. Iwasaki, T. Itoh, Sarin Kumar A.K., M. Kawasaki, H. Koinuma, E. Saitoh, Y. Tokura, K. Takehana, G. Kido, In-plane Orientation Controlled Growth of Oxygen Deficient YBa2Cu3O7-d Thin Films and their c-axis far infrared properties, Proc. of the 4th Symp. on Atomic-scale Surface and Interface Dynamics, 423-429 (2000)
(25)鯉沼秀臣、「新機能の宝庫・酸化物」巻頭言、表面科学、21,61(2000)
(26)鯉沼秀臣、「先端材料開発をリードするコンビナトリアル・ケミストリー」(コラム)ゑれきてる、75 SPRING、5(2000)
(27)鯉沼秀臣、小宮山大補、鯉田崇、「ソリッドステートコンビナトリアルケミストリー」、SEAJ Journal、65,62-68(2000)
(28)H. Koinuma, H.N. Aiyer, Y. Matsumoto, Combinatorial Solid State Material Science and Technology, Science and Technology of Advanced Materials, 1, 1 (2000)
(29)J.W. Tomm, B. Ullrich, X.G. Qiu, Y. Segawa, A. Ohtomo, M. Kawasaki and H. Koinuma, Optical and photoelectrical properties of oriented ZnO films, Journal of Applied Physics 87, 1844-1848 (2000)
(30)T. Yamamoto, I, Nurulla, H. Hayashi, and H. Koinuma, p-Conjugated Polymers Containing Thiophene-1,1-dioxide-2,5-diyl Unit in the Main Chain, Synth. Met., 107, 137-141 (1999).
(31)村松由季子・鯉沼秀臣、コンビナトリアル固体材料開発のコンセプトと研究状況、化学工業,51,154-159(2000).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 鯉沼 秀臣(東京工業大学応用セラミックス研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 鯉沼 秀臣. 単一分子・原子レベルの反応制御 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.395 - 403.

PAGE TOP