TOP > 研究報告検索 > 動物細胞のプロテオーム解析

動物細胞のプロテオーム解析

研究報告コード R990003841
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 佐藤 玄
  • 船橋 亮
  • 鈴木 明文
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 動物細胞のプロテオーム解析
報告概要 細胞内で起こる蛋白質の変化を包括的に全体をパターンとして捉えるプロテオームという概念がある。この研究では,細胞内の蛋白質の変化を見るために,まず,そのreferenceとなるカタログ作りを目指し,培養パピラ(毛乳頭)細胞内蛋白質のシステマティッな同定を行った。その結果,パピラ細胞で126種の蛋白質の同定に成功した。細胞内蛋白質は大型のゲルを用いた高解像度二次元電気泳動により個々に分離された。等電点・分子量で分けられた二次元パターンとして画像処理用ワークステイションによりデータベース化された後,一つずつ切り出され,アミノ酸配列分析法により同定された。また,新たな蛋白質同定法として,質量分析装置を用いた迅速な蛋白質の同定であるペプチドマス・フィンガープリント法を,ラット肝細胞,ヒト皮膚線維芽細胞に対して適用した。その結果,ペプチドマス・フィンガープリント法により肝細胞内蛋白質を24種類,皮膚線維芽細胞内蛋白質16種類の同定に成功した(図1,図2,図3)。その過程で明らかになったペプチドマス・フィンガープリント法の問題点を基に,新たなペプチドマス・フィンガープリント法のための蛋白質のデータベースを開発した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990003841_01SUM.gif R990003841_02SUM.gif R990003841_03SUM.gif
研究分野
  • 生物物理的研究法
  • 細胞生理一般
  • 細胞構成体の機能
  • 蛋白質・ペプチド・アミノ酸の代謝と栄養
  • 外皮一般
関連発表論文 (1)Wound Repair and Regeneration,1996;4:103-14 佐藤玄、鈴木明文、船橋亮、竹澤俊明、小川豊、吉里勝利 Characteristics of growth,morphology,contractility,and protein expression of fibroblasts derived from keloid
(2)The Jourrnal of Experimental Zoology,1996;274:181-192 小林久男、佐藤玄、吉里勝利 Regionally Regulated Conversion of Protein Expression in the Skin During Anuran Metamorphosis
(3)Cell Adhesion and Communication,3:463-474,1996 小関宣雅、佐藤玄、吉里勝利 Suppression of Growth-Associated Phosphorylation of Proteins of Fibroblasts by Collagen Fibrils
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、吉里再生機構プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 佐藤玄,船橋亮,鈴木明文. 動物細胞のプロテオーム解析. 創造科学技術推進事業 吉里再生機構プロジェクト 成果報告集(研究期間:1992-1997),1997. p.299 - 328.

PAGE TOP