TOP > 研究報告検索 > ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓

ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓

研究報告コード R000000185
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 田中 正人
研究者所属機関
  • 経済産業省 産業技術総合研究所(旧物質工学工業技術研究所)
研究機関
  • 経済産業省 産業技術総合研究所(旧物質工学工業技術研究所)
報告名称 ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓
報告概要 13族元素化合物の活性化に関する研究ではホウ素-ケイ素結合のα,β-不飽和ケトンへの1,4-付加が白金触媒により進行することを見いだした。14族(Sn,Pb)カルコゲニド類のクリーンな合成法の開発では可視光照射下,(R3M)2(M=Sn,Pb)とジカルコゲニド化合物(RZ)2の不均化反応が効率よく進行することを認めた。パラジウム触媒を用いるアルキン類のチオホスホリル化ではS-P結合の炭素-炭素三重結合への付加反応が立体および位置選択的に進行することを確認した。有機ビスマスアルコキシドと有機トリフラートとのクロスカップリング反応が有機ヨウ化物や有機臭化物へも適用できた。三座配位型ヒドロシランとニッケル錯体との反応で4価のヒドリドニッケル錯体を単離して構造解析した。スタニルカルバモイレーション反応の研究,高配位オリゴシランの合成,異種ヘテロ原子の協同作用に基づく反応に関する研究等について,研究成果の概要を報告した。
研究分野
  • 触媒反応一般
  • 付加反応,脱離反応
  • 転位反応,異性化
  • 有機半金属化合物一般
関連発表論文 (1)J. Am. Chem. Soc., 121, 5095 (1999). Synthesis, X-ray structure, and electronic properties of oligosilanes containing pentacoordinatesilicon moieties at internal positions. I. El-Sayed, Y. Hatanaka, C. Muguruma, S. Shimada, M. Tanaka, N. Koga, M. Mikami.
(2)J. Organomet. Chem., 595, 1 (2000). Dehydrocoupling polymerization of arylsilanes with chloro(aryloxy)bis(cyclopentadienyl)zirconium complex catalysts. Y. Obora, M. Tanaka.
(3)Chem. Lett., 1999, 863. Novel palladium-catalyzed thiophosphorylation of alkynes with phosphorothioate: An efficient route to (Z)-1-(diphenoxyphosphinyl)-2-(phenylthio)alkenes. L.-B. Han, M. Tanaka.
(4)Chem. Commun., 1999, 1863. Palladium-catalysed borylsilylation and borylstannylative dimerization of 1,2-dienes. S.-y. Onozawa, Y. Hatanaka, M. Tanaka.
(5)Org. Lett., 1, 1271 (1999). Palladium complex-catalyzed cross-coupling reaction of organobismuth dialkoxides with triflates. M.L.N. Rao, S. Shimada, M. Tanaka.
(6)Shokubai, 41 (8), 577 (1999). Catalytic conversion of heteroatom compounds via transition metal complexes: Development of new reactions and their mechanism. L.-B. Han, M. Tanaka.
(7)Organometallics, 19, 722 (2000). The first phosphine-catalyzed insertion of tellurium into Sn-Sn and Pb-Pb bonds: A simple and efficient route to R3MTeMR3 (M=Sn,Pb). L.-B. Han, F. Mirzaei, M. Tanaka.
(8)Chem. Lett., 2000, 250. Palladium-catalyzed dehydrogenative poly-merization between hydrosilanes and quinones or hydroquinone. P.N. Reddy, B.P.S. Chauhan, T. Hayashi, M. Tanaka.
(9)Chem. Lett., 2000, 254. Dramatic increase in thermal stability by partial phenylethynylation at the silicon center in poly[(hydrosily-lene)-1,3-phenylene]. P.N. Reddy, T. Hayashi, M. Tanaka, M. Itoh.
(10)Organometallics, 19, 931 (2000). Synthesis and structure of mono-organobismuth compounds bearing pyridinedimethoxide ligands. S. Shimada, M.L.N. Rao, M. Tanaka.
(11)Catalysis from A to Z, 287 (March, 2000, Wiley-VCH). Hydrophosphinylation. M. Tanaka.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 田中 正人(物質工学工業技術研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 田中 正人. 単一分子・原子レベルの反応制御 ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.416 - 419.

PAGE TOP