TOP > 研究報告検索 > 完全フォトクロミック反応系の構築

完全フォトクロミック反応系の構築

研究報告コード R000000187
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 入江 正浩
研究者所属機関
  • 九州大学大学院工学研究科
研究機関
  • 九州大学大学院工学研究院
報告名称 完全フォトクロミック反応系の構築
報告概要 フォトクロミック分子を対象として,その極限性能の達成をめざした。即ち,熱安定フォトクロミックジアリールエテン分子系において閉環反応量子収率が1に限りなく近い分子系を設計・合成・作成すること,および光劣化の機構を解明して,その防止策を明らかにして,劣化しにくい分子系を設計・合成することを目標にしている。今年度は前者については確率論的に反応効率を向上させる試み,結晶における光反応量子収率の測定方法の確立を検討し,後者については光反応劣化物の同定と,その防止策を検討した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000187_01SUM.gif
研究分野
  • 光学的効果
  • 光化学反応,ラジカル反応
  • 反応の立体化学
関連発表論文 (1)S. Kobatake, T. Yamada, K. Uchida, N. Kato, M. Irie Photochromism of 1,2-Bis(2,5-dimethyl-3-thienyl)perfluorocyclopentene in a Single Crystalline Phase J. Am. Chem. Soc., 121, 2380-2386 (1999)
(2)S. Kobatake, M. Yamada, T. Yamada, M. Irie Photochromism of 1,2-Bis(2-methyl-6-nitro-1-benzothiophen-3-yl)-perfluorocyclo-pentene in a Single-Crystalline Phase: Dichroism of the Closed-Ring Form Isomer J. Am. Chem. Soc., 121, 8450-8456 (1999)
(3)T. Yamada, S. Kobatake, K. Muto, M. Irie X-ray Crystallographic Study on Single-Crystalline Photochromism of Bis(2,5-dimethyl-3-thienyl)perfluorocyclopentene J. Am. Chem. Soc., 122, 1589-1592 (2000)
(4)M. Irie, T. Lifka, K. Uchida, S. Kobatake, Y. Shindo Fatigue Resistant Properties of Photochlomic Diarylethenes : By-product Formation Chem. Commun. 747-748 (1999)
(5)K. Higashiguchi, K. Matsuda, S. Kobatake, T. Yamada, T. Kawai, M. Irie Fatigue Mechanism of Photochromic 1,2-Bis(2.5-dimethyl-3-thienyl) per-fluorocyclopentene Bull. Chem. Soc. Jpn. 73, 2389-2394 (2000)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 入江 正浩(九州大学大学院工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 入江 正浩. 単一分子・原子レベルの反応制御 完全フォトクロミック反応系の構築. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.424 - 428.

PAGE TOP