TOP > 研究報告検索 > 生体分子解析用金属錯体プローブの開発

生体分子解析用金属錯体プローブの開発

研究報告コード R000000192
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 松本 和子
研究者所属機関
  • 早稲田大学理工学部
研究機関
  • 早稲田大学理工学部
報告名称 生体分子解析用金属錯体プローブの開発
報告概要 本研究では,
1)蛍光性希土類錯体の合成とバイオテクノロジーへの応用:水溶性で希土元素との錯体の安定性の高いラベル剤を開発し,これをイムノアッセイ,DNA分析,HPLC,キャピラリー電気泳動等に用い,従来法の感度を2~5桁向上させる。
2)白金(III)二核錯体の有機金属化学:多様な親核試剤との反応を試み有用な触媒反応を開拓する。
3)硫黄架橋ルテニウム二核錯体によるC-H活性化反応:二核ルテニウム間あるいはルテニウム-硫黄間の複数配位座を利用するC-H活性化反応などを達成目標にしている。
実施した研究は,
新規希土類錯体ラベル剤の合成,
ユウロピウムラベル剤BHHCTを用いるエイズ発症関連蛋白質hSOF-1の測定・新規ラベル剤BPTA-Tb3+のDNAへのラベルと電気泳動,
希土類ラベルを用いる時間分解HPLCによるエストロゲン類の分析,
生細胞蛍光プローブの開発と応用,
白金(III)二核錯体とケトンとの反応等であり,
その概要を項目別に報告した。
研究分野
  • クロマトグラフィー,電気泳動分析一般
  • 第3族元素の錯体
  • 白金族元素の錯体
  • バイオアッセイ
  • 感染症・寄生虫症一般
関連発表論文 (1)Kazuko Matsumoto and Ken Sakai “Structures and Reactivities of Platinum-Blues and the Related Amidate-Bridged Platinum(III) Compounds” Adv. Inorg. Chem., 1999, 49, 375-427
(2)Kazuko Matsumoto, Jingli Yuan, Guilan Wang, and Hiroko Kimura “Simultaneous Determination of α-Fetoprotein and Carcinoembryonic Antigen in Human Serum by Time-Resolved Fluoroimmunoassay” Anal. Biochem. 1999, 276, 81-87
(3)Jingli Yuan and Kazuko Matsumoto, “Functionalization of fluorescent lanthanide Complexes and their applications to biotechnology” Bunseki kagaku, 48, 1999, 1077-1083
(4)Yong-Shou Lin, Shintaro Takada, and Kazuko Matsumoto, "Consecutive Double Nucleophilic Attacks on an Olefin Promoted by a Platinum(III) Dimeric Complex", Organometallics, 1999, 18, 4897-4899.
(5)Kazuko Matsumoto, Tetsuya Koyama, and Yoshihiro Koide “Oxidation of the Sulfide Ligands to SO4 2- in the Dinuclear Complex {RuCl[P(OMe)3]2}2(μ-S2)(μ-Cl)(μ-N2H4): Synthesis and Characterization of {RuCl[P(OMe)3]2}2(μ-S2)(μ-Cl)(μ-N2H4)+HSO4 -, {RuCl2[P(OMe)3]2}2(μ-S)(μ-N2H4), and {RuCl[P(OMe)3]2}2(μ-S2O5)(μ-N2H4)” J. Am. Chem. Soc., 1999, 121, 10913-10923
(6)Jun Mizutani and Kazuko Matsumoto “Synthesis and Structure of a Diselinido-Bridged Dinuclear Ruthenium Complex [{RuCl(P(OMe)3)2}2(μ-Se2)(μ-Cl)2]” Chem. Lett. 2000, 72-73
(7)Md. Munkir Hossain, Yong-Shou Lin, Hiroyasu Sugiyama, and Kazuko Matsumoto “Allylic C-H Bond Activation on a Sulfur Center of a Disulfide-Bridged Diruthenium Complex with Concomitant Formation of C-S Bonds” J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 172-173
(8)Md. Munkir Hossain and Kazuko Matsumoto “Pentasulfide S52- as the First Tridentate Chelating Ligand in Ru(P(OE)2)3S5 (E=Me and Et)” Inorg. Chem. 2000, 39, 247-250
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 松本 和子(早稲田大学理工学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 松本 和子. 単一分子・原子レベルの反応制御 生体分子解析用金属錯体プローブの開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.449 - 453.

PAGE TOP