TOP > 研究報告検索 > 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス

衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス

研究報告コード R000000197
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 近藤 建一
研究者所属機関
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
研究機関
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
報告名称 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス
報告概要 本研究は未開拓の極限環境を定量的に計測する技術を開発し,新物質創製の新しい方法論を構築することを目的にしている。本年度は衝撃圧縮中の時間分解型X線解折実験に成功した。即ち,埋め込み型センサや観測窓界面の攪乱のない衝撃波の純粋な時間進展過程の実時間その場観測を行うことができた(図1)。この技術は衝撃波の診断だけでなく相転移や化学反応の過渡現象を追求するためのツールとして期待される。また,ナノ秒レーザを用いた衝撃圧縮中の時間分解型ラマン散乱実験技術を確立した。X線回折への応用を目的としたパルスX線発生機構関係ではX線発生に対するレーザ光の偏光依存性と放射角度分布の測定,多重照射による像倍現象の発見,放射スペクトル測定によるカットオフ波長が存在することを発見し,そのPIC(particle-in-cell)シミュレーションモデルを構築した。圧力目盛りの基準である食塩について放射スペクトル及び輝度温度を測定し,衝撃温度とその不均一性について報告した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000197_01SUM.gif
研究分野
  • X線技術
  • 高速空気力学
  • 電子顕微鏡,イオン顕微鏡
  • 光の散乱,回折,干渉
  • 赤外・Raman・Rayleighスペクトル一般(分子)
関連発表論文 (1)K.A. TANAKA, K. KONDO and M. YOSHIDA: “IV-03 EOS related experiments using laser induced shock waves,” Annual Prog. Rep. 1998, Inst. Laser Engr., Osaka Univ., (1999) 13.
(2)Y. SASATANI, K. TANAKA, M. YOSHIDA, M. NAKANO, H. TAKENAKA, N. OZAKI, T. NORIMATSU, K. NAGAI, K. NISHIHARA and K. KONDO: “EOS Measurement of polystyrene by Laser-driven Shock Waves,” Annual Prog. Rep. 1998, Inst. Laser Engr., Osaka Univ., (1999) 101-102.
(3)Y. HIRONAKA, T. TANGE, T. INOUE, Y. FUJIMOTO, K.G. NAKAMURA, K. KONDO and M. YOSHIDA: “Picosecond Pulsed X-ray Diffraction from a Pulsed Laser Heated Si(111),” Jpn. J. Appl. Phys., 38[8] (1999) 4950-4951.
(4)K WAKABAYASHI, K.G. NAKAMURA, K. KONDO and M. YOSHIDA: “Time-resolved Raman spectroscopy of polytetrafluoroethylene under laser driven shock-compression,” Appl. Phys. Lett., 75[7] (1999) 947-949.
(5)Y. FUJIMOTO, Y. HIRONAKA, K.G. NAKAMURA, K. KONDO, M. YOSHIDA, M. OHTANI and H. TSUNEMI: “Spectroscopy of hard x-rays (2-15keV) generated by focusing tera-watt laser on metal targets,” Jpn. J. Appl. Phys., 38[12] (1999) 6754-6756.
(6)近藤建一,中村一隆,弘中陽一郎,丹下知之,井上智春,吉田正典:“極短パルスX線の発生と衝撃・高速現象への応用,”非破壊検査,48[7],(1999)407-413.
(7)H. HIRAI, M. TERAUCHI, M. TANAKA K. KONDO: “Band gap of essentially fourfold coordinated amorphous diamond synthesized from C60 fullerene,” Phys. Rev., B60[9] (1999) 6357-6361.
(8)H. HRAI, M. TERAUCHI, M. TANAKA, K. KONDO: “Estimating band gap of amorphous diamond and nanocrystalline diamond powder by electron energy loss spectroscopy,” Diamond and Related Materials, 8 (1999) 1703-1706.
(9)K.A. TANAKA, M. HARA, N. OZAKI, Y. SASATANI, S.I. ANISIMOV, K. KONDO, M. NAKANO, K. NISHIHARA, H. TAAKENAKA, M. YOSHIDA and K. MIMA: “Multi-layered Flyer Accelerated by Laser Induced Shock Waves,” Phys. Plasmas, 7[2] (2000) 676-680.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「極限環境状態における現象」研究代表者 近藤 建一(東京工業大学応用セラミックス研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 近藤 建一. 極限環境状態における現象 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.491 - 495.

PAGE TOP