TOP > 研究報告検索 > デジタルシティのユニバーサルデザイン

デジタルシティのユニバーサルデザイン

研究報告コード R000000215
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 石田 亨
研究者所属機関
  • 京都大学情報学研究科社会情報学専攻
研究機関
  • 京都大学情報学研究科社会情報学専攻
報告名称 デジタルシティのユニバーサルデザイン
報告概要 本研究は,健常者,高齢者,障害者が区別なくユニバーサルに情報を発信・受信し,インターネット上の活動に参加できる生活情報空間の構築を目指す。具体的には,
1)多数のセンサを備えたネットワークが能動的に情報を選択,変換し取り込む「知覚情報基盤」,
2)利用者とのコミュニケーション能力を持ち,利用者に応じた情報を提供する「社会的エージェント」,
などの先端技術を研究する。
研究分野
  • 公共情報システム
  • 計算機網
関連発表論文 (1)Toru Ishida and Katherine Isbister Eds., Digital Cities: Experiences,Technologies and Future Perspectives, Lecture Notes in Computer Science, 1765, Springer-Verlag, 2000.
(2)Makoto Tanabe, Peter van den Besselar and Toru Ishida Eds, Digital City II, The Second International Workshop on Digital Cities, LNCS, 2002 (to appear).
(3)Toru Ishida, Understanding Digital Cities, MIT Press, 2002 (to appear).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「高度メディア社会の生活情報技術」研究代表者 石田 亨(京都大学情報学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 石田 亨. デジタルシティのユニバーサルデザイン. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.608 - 608.

PAGE TOP